通知を受け取る

概要

ローカリゼーションのサポート

はじめに

ほとんどの UiPath 製品および製品ガイドは、さまざまな地域での使用に対応しており、複数の言語に翻訳されています。このページでは、さまざまな UiPath 製品および製品ガイドで利用できる言語の概要を示します。


UiPath 製品の言語サポート

To install or access a localized version of a UiPath product you are advised to refer to the applicable product guide.

UiPath 製品のほとんどは、次の言語で利用可能です。

  • 中国語 (簡体)
  • French
  • German
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポルトガル語 (ポルトガルおよびブラジル)
  • ロシア語
  • スペイン語 (スペインおよびメキシコ)
  • トルコ語

概要

以下に、プラットフォームに含まれる全製品について、利用可能なロケールの概要を示します。

= Available = Expected later this year

zh-CN

FR    

DE    

JA    

KO  

pt-PTpt-BR

RU  

es-MXes-ES

TR    

OverviewAutomation CloudTM
Automation Suite
DiscoverAutomation Hub
Task Capture
Process Mining*
Task Mining**
BuildStudio
StudioX
Studio Pro
Document Understanding
Marketplace
Automation Ops
Integration Service***
ManageOrchestrator
Mobile Orchestrator
Automation Cloud
AI Center
Test Suite
Data Service
Insights
RunRobots
Test Robots
EngageApps
Assistant
Action Center
GovernCustomer Portal

* Including AppOne and TemplateOne.
** Task Mining can be viewed using these languages, but recording applications in these languages is not supported.
*** Activities generated via APIs are not localized.


UiPath 製品ガイドの言語サポート

以下に、UiPath Platform で利用できるすべての UiPath 製品ガイドについて、利用可能なロケールの概要を示します。

= Available = Available soon = Expected later this year

zh-CNFRDEJAes-ESpt-BR
OverviewOverview Guide
Release Notes
Installation and Upgrade
Automation CloudTM
Automation Suite
Discover Automation Hub
Task Capture
Process Mining
Task Mining
BuildStudio
StudioX
Activities
Document Understanding
Marketplace
Automation Ops
UiPath Connectors
Integration Service
Developer
ManageOrchestrator
AI Center
Test Suite
Data Service
Insights
Run Robot
Engage Apps
Action Center
GovernCustomer Portal

See Selecting a different language in the UiPath Documentation Portal.

フィードバック

If you encounter localization issues with one of our products or if you want to share any feedback on product localization, please contact us at [email protected].

約 1 か月前に更新


ローカリゼーションのサポート


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。