通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

設定

テナントの [設定] ページでは、タイムゾーン、メール アラート情報、アカウント情報、パッケージ フィード、対話型認証など、複数の設定を変更できます。

[全般] タブ


Enables you to change the time zone of the tenant, the language of the user interface for Orchestrator, the color of the website header, and toggle the Personal Workspaces and Classic Folders. .

📘

重要

テナントとロボットには同じタイムゾーンを割り当てることをお勧めします。

フィールド

説明

アプリケーション設定

タイムゾーン

テナントのタイムゾーン。既定では、UTC に設定されます。
タイムゾーンのリストはマシンによって異なります。マルチノード インストールの Orchestrator の場合、すべてのインスタンスで同じタイムゾーンのリストが使用されるように、同じバージョンのオペレーティング システムを使用する必要があります。

言語

Orchestrator のユーザー インターフェイスの言語です。

接続文字列

ロボット端末を Orchestrator に接続するために使用する接続文字列です。

カスタムのヘッダーの色

Orchestrator ウィンドウのヘッダーの色を選択できます。複数の Orchestrator テナントを見分けるのに便利です。ヘッダーの色は、色付きの正方形をクリックし、マシンの色セレクターを表示させて選択します。

カスタム ロゴ

Orchestrator ウィンドウのヘッダーに表示される、好みのロゴをアップロードできます。使用可能なフォーマットは .png.svg で、ファイル サイズは最大 1MB です。
注: ロゴは、ホストまたはテナント レベル (あるいは、その両方) で追加できます。テナント レベルで追加されたロゴが、ホストの設定よりも優先されます。
有料サブスクリプションの場合のみ、この機能を使用できます。

個人用ワークスペース

個人用ワークスペース機能を有効にします。
注: この操作は元に戻せません。個人用ワークスペース機能は一度有効にすると無効にできません。

[個人用ワークスペースを有効化] - 特定の Attended ライセンス プロファイルを使用するテナント内の全ユーザーに対して個人用ワークスペースを作成し、同時にそれらのユーザーが使用する UI プロファイルも選択します。

標準ロール

モダン フォルダーの標準ロールを作成します。これらのロールにより、ユーザー グループのメリットを活用できるようになります。

自動的に作成したい各ロールの横の [ロールを作成] をクリックします。

モダン フォルダー

ユーザーとマシンのマッピング機能を有効化します。

クラシック フォルダー

クラシック フォルダーを有効にします。クラシック フォルダーは廃止されます。クラシック フォルダーの有効化を推奨できるのは、オンプレミスの Orchestrator デプロイから Automation Cloud に配置された Orchestrator サービスに移行する場合のみです。

[デプロイ] タブ


オートメーション パッケージをホストできるフィードを設定し、そのセキュリティを保護できるようにします。

パッケージ

オートメーション パッケージを維持できる内部フィードまたは外部フィードを設定できます。既定では、内部フィードが使用されます。基本認証の資格情報を定義するか、API キーを使用して、フィードのセキュリティを保護できます。

フィールド

説明

内部

内部フィードを使用する場合に選択する必要があります。[セキュリティで保護されたデプロイ] オプションまたは API キーを使用して、フィードのセキュリティを保護できます。

外部

外部フィードを使用する場合に選択する必要があります。このフィードのセキュリティは、API キーまたは基本的な資格情報を使用して保護できます。

セキュリティで保護されたデプロイ

オートメーション パッケージが安全な NuGet フィードを介してダウンロードされるようになります。

API キー

削除やアップロードなどの書き込み操作に対してフィードをセキュリティ保護するために使用されるキーです。

デプロイ URL

NuGet フィードが置かれている場所のアドレスです。

認証

フィードの基本認証の資格情報を指定できます。
[API キー] オプションで指定するユーザー名とパスワードの両方をここでも使用する必要があることに注意してください。

ライブラリ

ライブラリとの連係時に使用するフィードを設定できます。選択したフィード内に、Studio からパブリッシュされたライブラリ、またはユーザーが手動でアップロードしたライブラリが格納されます。このとき、2 つのオプションが使用できます。

  • ホスト - [ライブラリ] ページは、Orchestrator インスタンス全体と同じであり、ライブラリはテナント レベルでは分離されていないため、それぞれのテナントは他のテナントのアクティビティにアクセスできます。
  • テナント - ライブラリはテナント レベルで分離され、データはテナント間で隔離されます。このオプションはパッケージ フィードと同様に機能するため、ライブラリが維持される内部フィードまたは外部フィードを設定することができます。既定では、内部フィードが使用されます。

フィールド

説明

ホスト フィードのみ

ライブラリはホスト フィード内に格納され、そのフィードを使用するすべてのテナントが使用できます。[ライブラリ] ページは、1 つの Orchestrator インスタンスでは同じになります。すなわち、テナント レベルでは、ライブラリは分離されていないため、このページでは、各テナントが他のテナントのアクティビティにアクセスできます。
このオプションを選択すると、ライブラリをアップロードできません。

ホスト フィードとテナント フィードの両方

ライブラリは、ホスト フィードに加えてテナント フィード内にも格納され、テナント レベルで分離されるため、データはテナント間で隔離されます。このフィードは、パッケージ フィードと同様に機能するため、オプション選択時には同じオプションが表示されます。ライブラリを取得する場合、ライブラリの検索はテナント フィードとホスト フィードの両方で実行されます。

内部

内部フィードを使用する場合に選択する必要があります。[セキュリティで保護されたデプロイ] オプションまたは API キーを使用して、フィードのセキュリティを保護できます。

外部

外部フィードを使用する場合に選択する必要があります。このフィードのセキュリティは、API キーを使用して保護できます。

セキュリティで保護されたデプロイ

オートメーション パッケージが安全な NuGet フィードを介してダウンロードされるようになります。

デプロイ URL

NuGet フィードが置かれている場所のアドレスです。

API キー

削除やアップロードなどの書き込み操作に対してフィードをセキュリティ保護するために使用されるキーです。ユーザーはこれを使用してパッケージを公開できます。
このキーは、外部プロバイダーによって「ユーザー名:パスワード」の形式で生成されます。例: admin:2652ACsQhy

プロキシサーバー経由で外部フィードを使用する場合の前提条件

Windows 上でプロキシサーバーを設定した状態で外部フィードを使用する場合は、あらかじめ次の手順を行っておく必要があります。

  • Orchestrator のアプリケーション プール ([インターネット インフォメーション サービス] > [アプリケーション プール][ユーザー プロファイルの読み込み]) オプションを True に設定します。
  • アプリケーション プール ID アカウント (NuGet.config) に関連付けられた C:\Users\[YourAppPoolIdentityAccountName]\AppData\Roaming\NuGet\NuGet.Config ファイルに使用したプロキシ設定を追加します。
<config>
<add key="http_proxy" value="http://ipaddress:port" />
</config>

📘

重要

Robot サービスがサーバーに接続すると、次の設定が読み込まれます。変更を行った場合、変更を反映するには UiRobotSvc サービスを再起動する必要があります。

[メール] タブ


メール アドレスが設定されたユーザーにメール アラートを送信するためのメール設定が行えます。

フィールド

説明

アラート メールを有効化

選択した場合は、有効なメール アドレスおよびアラートの閲覧権限を持つユーザーにメール アラートが送信されます。

既定の資格情報を使用

選択すると、Orchestrator を実行する ID の資格情報が SMTP サーバーへの接続に使用されます。
既定の資格情報を使用する場合、[SMTP パスワード] フィールドと [SMTP ユーザー名] フィールドの値は、入力しても無視されます。[SSL を有効化] オプションを選択する場合は、このチェック ボックスのチェックを外してください。

SSLを有効化

選択すると、接続が保護され、使用する SMTP ドメインについては TLS 証明書が必要になります。このチェック ボックスを選択する場合は、[既定の資格情報を使用する] オプションは選択しないでください。
チェック ボックスをオフにすると、接続は保護されません。

SMTP ホスト

SMTP サーバーの IP またはドメインです。

SMTP ドメイン

SMTP サーバーで認証が必要な場合のユーザー名のドメインです。

SMTP ポート

SMTP ポートです。たとえば、メール メッセージの送信に Gmail アカウントを使用し、[SSL を有効化] が選択されていない場合は、ポートは 587 となります。[SSL を有効化] が選択されている場合、ポートは 465 となります。

SMTP ユーザー名

認証が必要な場合の SMTP サーバーのユーザー名です。たとえば、Gmail メールを使用している場合は、メッセージの送信に使用するメール アドレスをこのフィールドに入力します。

SMTP パスワード

メール アカウントのパスワードです。

既定の From メール アドレス

アラート メール メッセージの送信元となるメール アドレスです。

既定の From 表示名

アラートの送信元となるメール アドレスの独自の表示名です。

メール設定をテスト

メール設定を検証します。

詳細については、「メール アラートを設定する」をご覧ください。

[セキュリティ] タブ


パスワードの複雑さ

📘

注:

[パスワードの複雑さ] タブで設定を編集しても、既存のパスワードには影響しません。

フィールド

説明

特殊文字を使用

選択した場合は、特殊文字を含むログイン パスワードの作成が必要となります。既定では、このチェック ボックスは選択されていません。

英語小文字を使用

選択した場合は、英語小文字を含むログイン パスワードの作成が必要となります。既定では、このチェック ボックスは選択されています。

英語大文字を使用

オンにした場合は、英語大文字を含むログイン パスワードの作成が必要となります。既定では、このチェックボックスはオンになっていません。

数字を使用

選択した場合は、1 つ以上の数字を含むログイン パスワードの作成が必要となります。既定では、このチェック ボックスは選択されています。

最小文字数

ログイン パスワードの最小文字数を指定します。既定では 8 文字です。6~14文字でなければなりません。

有効期限

パスワードが有効な期間を日数で指定します。この期間を過ぎると、パスワードが期限切れになり、変更が必要となります。
最小許容値は 0 (パスワードが無期限)、最大許容値は 120 日です。

以前使用されたパスワードの数

新しいパスワードを設定する場合に、以前使用したパスワードを何個まで禁止するかを定義できます。
最小許容値は 0、最大許容値は 10 です。

最初のログイン時にパスワードを変更する必要あり

選択した場合は、初めて Orchestrator にログインしたユーザーはパスワードの変更を求められます。

アカウント ロック

フィールド

説明

有効

チェックマークを付けた場合は、ログイン試行に一定回数失敗したアカウントを、指定された秒数の間ロックします。これは、パスワード変更機能にも適用されます。

アカウントロック時間 (秒)

[ログイン試行最大回数] の経過後、ユーザーが再度ログインを試行するまでに待機する必要のある秒数です。既定値は 5 分です。
最小許容値は 0、最大許容値は 2592000 (1 か月) です。

ログイン試行最大回数

アカウントがロックされる前にユーザーに許可可能なログイン回数です。既定値は 10 回です。2~10 の値を設定できます。

Robot

フィールド

説明

切断状態で実行可能な時間

ロボットの Orchestrator ライセンスを確認せずに、ロボットをオフラインで実行できる時間数を指定できます。既定では 0 に設定されています。指定できる最大値は 168 時間です。


ユーザー認証とロボット キー認証の両方を許可

ロボットを Orchestrator に接続する際、期限が切れないトークンを使用する標準接続と期限が切れるトークンを使用する接続の両方を許可します。
Assistant に [サインイン] オプションが表示され、ユーザーは自分の資格情報を使用して Studio と Assistant を Orchestrator に接続できます。

ユーザー認証を強制し、ロボット キー認証を無効化

Robot を Orchestrator に接続する際、期限が切れるトークンを使用する接続のみを許可します。Orchestrator への HTTP 要求を作成し、Attended ロボットを実行して、Assistant でプロセスを閲覧するには、ユーザー ログインが必要です。
Assistant での Attended ロボットの認証を、対話型サインインだけに制限します。

警告: セキュリティで保護された認証では、Orchestrator アクティビティを使用したり、Orchestrator API への直接 HTTP 呼び出しを行ったりするワークフローは、v2020.10 以上のアクティビティ パッケージを使用して再コンパイルする必要があります。

[拡張性] タブ


Robot サービスが Orchestrator の SignalR チャネルをサブスクライブするかどうかを指定したり、最適なトランスポート プロトコルを設定したりします。これらの設定はアップグレード時に保持されます。

SignalR (Robot)

フィールド

説明

有効

このトグルは、Robot サービスが Orchestrator の SignalR チャネルにサブスクライブするかどうかを指定します。既定では、この設定は有効で、すべてのチャネルが選択されています。
WebSocket
サーバー送信イベント (SSE)
ロング ポーリング

すべてのトランスポート チャネルが有効化されている場合、最適なトランスポートが自動的に選択されます。優先順位は、WebSocket > サーバー送信イベント > ロング ポーリングです。何らかの理由で最初のプロトコルが使用できない場合は、Orchestrator とロボット間の通信を容易にするために、次のプロトコル (有効になっている場合) が使用されます。

WebSocket

選択すると、WebSocket トランスポート プロトコルを使用して、ロボットを Orchestrator の SignalR チャネルに接続できます。これは、そのパフォーマンス、および Robot サービスから Orchestrator へ、またはその逆の両方向の同時通信をサポートしていることから、優先度順で使用される最上位のプロトコルです。

SignalR (Robot) 機能が有効でない場合は、このオプションは使用できません。

サーバー送信イベント (SSE)

選択すると、サーバー送信イベント (SSE) プッシュ テクノロジーを使用して、ロボットを Orchestrator の SignalR チャネルに接続できます。これは、WebSockets が何らかの理由で使用できない場合の最初のバックアップです。

SignalR (Robot) 機能が有効でない場合は、このオプションは使用できません。

ロング ポーリング

選択すると、ロング ポーリング プロトコルを使用して、Robot を Orchestrator の SignalR チャネルに接続できます。このプロトコルは、WebSockets プロトコルと SSE プロトコルが使用できない場合に使用されます。

SignalR (Robot) 機能が有効でない場合は、このオプションは使用できません。

[非稼働日] タブ


トリガーの実行を制限する、非稼働日のリストをテナントごとに定義できます。つまり、祝日や土日など、通常の業務がない日には、長期スケジュールがトリガーされないように設定できます。定義された非稼働日を過ぎると、通常どおりにトリガーされるようになります。

これらの制約をトリガーに適用するには、トリガー設定時に非稼働日カレンダーを選択する必要があります。[非稼働日] タブで加えたすべての変更は、そのカレンダーを使用するすべてのトリガーに影響を与えます。

📘

注:

テナント レベルで設定されているタイムゾーン ([設定] > [全般]) とは異なるタイムゾーンのトリガーについては、[非稼働日制限] が無効になります。タイムゾーンが明示的に定義されていないテナントは、ホストからタイムゾーンを継承します。

非稼働日の管理方法の詳細については、こちらをご覧ください。

3 か月前に更新


設定


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。