通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

アクティビティ フィード

オートメーション プロジェクトを実行するには、プロジェクトに関連するアクティビティへのアクセス権がロボットに与えられている必要があります。既定のアクティビティ フィードには、Local、Orchestrator、Official、Go! の 4 つがあります。それらのフィードとロボットとの相互作用は、フィードの可用性とステート、Orchestrator への接続、パッケージへの署名、Studio で設定されたランタイム ルールなどの基準によって異なります。

次の状況が発生する可能性があります。

  • ローカル Studio フィードのインストールを選択すると、 %ProgramFiles%\UiPath\Studio\Packages フォルダーが作成されます。これには、インストール時に UiPath によって公式にサポートされているアクティビティ パッケージが含まれています。フィードは既定で有効化されています。
  • ローカル Studio フィードをインストールしないことを選択すると、%ProgramFiles%\UiPath\Studio\Packages フォルダーが作成されますが、新しいプロジェクトに既定の依存関係として追加されたパッケージ UiPath.UIAutomation.ActivitiesUiPath.System.ActivitiesUiPath.Excel.ActivitiesUiPath.Mail.Activities のみが含まれます。
  • ロボットを Orchestrator に接続すると、NuGet フィードが Orchestrator によって提供されます。このフィードには、UiPath によって公式にサポートされているアクティビティ パッケージが含まれています。このフィードは、既定で有効化されており、ストレージ設定によって異なります。

📘

パッケージ専用のフォルダーでは、コピー/貼り付けコマンドを使用できません。

📘

ライブラリをテナント レベルで分離するように設定した場合でも、アクティビティ パッケージはホスト フィードに保存されます。ライブラリ フィードの詳細については、こちらをご覧ください。

  • Robot が Orchestrator に接続されておらず、ローカル フィードで必要なアクティビティが見つからない場合、MyGet フィード https://www.myget.org/F/workflow/ を使用できます。これは公式のオンライン UiPath フィードであり、 Studio のパッケージ マネージャーもここからアクティビティを取得します。これは、UiPath によって公式にサポートされているアクティビティ パッケージが含まれています。このフィードは既定では無効化されています。有効化するには、Studio で [設定] > [パッケージ ソースを管理] に移動し、対応するチェックボックスをオンにします。

アクティビティ パッケージの管理の詳細については、『Studio ガイド』のこちらをご覧ください。

📘

注:

フィードのセキュリティは、API キーまたは基本的な資格情報を使用して保護できます。

NuGet 制限により、負荷が大きい環境では、ローカル フィードで複数のパッケージを手動でコピーする場合、アクティビティ パッケージのアンパックに時間がかかります。NuGet を介してアクティビティをアップロードすることを推奨します。

ジョブを開始すると、ロボットは使用可能なすべてのソースで必要なアクティビティ パッケージを検索し、応答時間が最適なソースから取得します。アクティビティ パッケージには複数のバージョンがあるため、このプロセスでは、次のように Studio でパッケージに選択されたランタイム ルールも考慮されます。

  • ランタイム ルールとして [ストリクト] を選択した場合、Robot はそのパッケージに指定された正確なバージョンを検索します。[バージョン] フィールドを 2.5.0 に、[ランタイム ルール] フィールドを [ストリクト] に設定した場合、Robot はそのパッケージのバージョン 2.5.0 のみを検索します。既存のソースのいずれにもバージョンが見つからない場合、エラーがスローされます。
  • ランタイム ルールとして [最も低い適用可能なバージョン] を選択した場合、ロボットはそのパッケージ以降を検索します。たとえば、[バージョン] フィールドを 2.5.0 に、[ランタイム ルール] フィールドを [最も低い適用可能なバージョン] に設定した場合、ロボット はバージョン 2.5.0 から開始し、2.5.0、2.5.1、2.5.2 などを検索します。既存のソースのいずれにも適用可能なバージョンが見つからない場合、エラーがスローされます。

プロジェクトの依存関係の詳細については、Studio ガイドのこちらをご覧ください。

📘

署名されたパッケージの使用を強制した場合、フィードで見つかったかどうかに関係なく、署名されていないアクティビティ パッケージを取得することはできません。署名パッケージの詳細については、Studio ガイドのこちらで参照できます。

既定のアクティビティ パッケージ

以下は、Studio および Robot (選択されている場合)、および Orchestrator と共にインストールされる公式にサポートされているアクティビティ パッケージです。

1 年前に更新


アクティビティ フィード


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。