通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

マシン

このガイドの目的に従い、「ホスト マシン」という用語は UiPath Robot がインストールされた (物理または仮想) ワークステーションを表すものとします。Orchestrator には、UiPath Robot と Orchestrator との接続を認証する API キーを生成するマシン エンティティがあります。

[マシン] ページでは、UiPath Robot を Orchestrator に接続するために使用するマシン エンティティをプロビジョニングし、管理できます。このページには、既存のマシンとそれらの種類が表示されます。マシンはグローバルなリソースなので、フォルダーをまたがって使用できます。

マシン テンプレート


Enables multiple users to connect their UiPath Robot to Orchestrator using the same key. The generated key works for any machine on which the UiPath Robot is installed, with no restrictions in terms of machine name, so this can be used for all types of setups, including those in which the name of the workstation changes every time a user logs on to it.
Common usage scenarios:

  • ノンパーシステント仮想デスクトップ インフラストラクチャー (VDI) - エンド ユーザーが頻繁に変わる、パブリック ワークステーション
  • 任意のマシン/ユーザーの組み合わせが存在する環境

Orchestrator の設定

A machine template (the name is irrelevant)
A floating robot for each user (it can be an AD user defined using the domain\username syntax, or a local user defined using the machine_name\username syntax)
The key of that machine template can be then used to connect the UiPath Robot to Orchestrator for any of those users as long as they do not connect to Orchestrator on multiple machines concurrently using the same username. You need to log out of one machine to connect the UiPath Robot to a different machine.

標準マシン


Enables you to connect the UiPath Robot to Orchestrator on one workstation only. The standard machine key is generated for a single workstation with the same name as given to the standard machine. This is recommended if you want to restrict connecting the UiPath Robot to Orchestrator on a certain machine only, as it works in scenarios in which the machine name stays the same each time you connect to it.
Common usage scenarios:

  • パーシステント仮想デスクトップ インフラストラクチャー (VDI) - エンド ユーザーが毎日同じワークステーションを使用する、プライベート ワークステーション
  • マシン/ユーザーの組み合わせが固定された環境

Orchestrator の設定

A standard machine (its name should be an exact match to the machine on which the UiPath Robot to be connected to Orchestrator is installed)
A standard robots for each user that uses that machine (it can be an AD user defined using the domain\username syntax, or a local user defined using the machine_name\username syntax)
The standard machine's key can be then used to connect the UiPath Robot to Orchestrator for any of those users on the workstation with the same name. If the name of the workstation ever changes, you are required to delete and recreate the standard robots using the new name.

マシン名の検索

マシン名は、複数の方法で検索できます。最も一般的な方法は、次の 3 つです。

  • コマンド プロンプトを開き、hostname と入力します。
  • In the UiPath Assistant, on the Orchestrator Settings window.
  • コントロール パネル - Control Panel\System and Security\System

モダン フォルダーにおける標準マシン

クラシック フォルダーからモダン フォルダーへ簡単に移行できるように、標準マシンをモダン フォルダーに関連付けることができます。これにより、移行時にマシン キーを変更しなくても済みます。

標準マシンがクラシック フォルダーとモダン フォルダーの両方で同時に動作することはできないため、クラシック モデルが優先されます。アクティブなロボットが定義されている限り、標準マシンはクラシック フォルダーで動作します。クラシック コンテキストで使用されているすべてのロボットを無効化すると、モダン フォルダーで使用できるようになります。

ユーザーとマシンのマッピング


ユーザーとマシンのマッピングでは、特定のユーザーによるプロセスの無人実行を特定のマシン テンプレートに関連付けることができます。これにより、自動化の実行ターゲットをきめ細かく制御することができます。ユーザーとマシンのマッピングは、テナントベース (特定のフォルダーに関連付けられていない) またはフォルダーベース (特定のフォルダーに関連付けられている) です。

ユーザーとマシンのマッピングを有効化する

  1. テナント レベルで、[設定] > [全般] に移動します。
  2. [モダン フォルダー] セクションで、[ユーザーとマシンのマッピングを有効化] チェックボックスをオンにします。
 enable_umm
  • テナント マッピング - テナント レベルでのユーザーとマシンのマッピングは、Orchestrator の [マシン] ページで設定できます。このページで、特定のホスト コンピューターにいつもログインしているユーザーを、関連するマシン テンプレートにリンクさせます。この操作は、テンプレートの作成時または既存のテンプレートの編集時に [ユーザーとマシンのマッピング] タブで行うことができます。こうすることで、マッピングしたユーザーとマシンのペアでのみ、オートメーションを実行できるようになります。

ユーザーは、Unattended ロボットの Windows 資格情報 (ドメイン\ユーザー名) を使用して [ユーザーとマシンのマッピング] ページに示されます (作成されている場合)。

  • フォルダー マッピング - フォルダーごとにユーザーとマシンのマッピングを設定できます。つまり、特定のフォルダー内のマシン テンプレートに対して、特定のユーザーのみがプロセスを実行できるように制限できます。フォルダー レベルでマッピングを設定した場合は、マッピングしたユーザーとマシンの組み合わせでのみ、フォルダー内で自動化プロセスを実行できるようになります。

フォルダー マッピングはテンプレート マッピングのサブセットで、最も細かいレベルでの設定を行えます。フォルダー レベルのマッピングを設定しない場合は、テンプレート レベルのマッピングが既定の設定として保持されます。

📘

既知の問題

ユーザーとマシンのマッピング機能を無効にすると、UI にマッピングが表示されない場合も、ジョブの実行時に既存のユーザーとマシンのマッピングが保持されます。

📘

テナント マッピングに対して行われた変更はすべて、フォルダー レベルで次のように反映されます。

  • テナントから継承 - テナント マッピングに対して行われたユーザー設定の変更はすべて、フォルダー レベルでも反映され、テナント マッピングにユーザーを追加/削除すると、ユーザーはフォルダー マッピングにも追加/削除されます。
  • このフォルダーに対する特定のユーザーとマシンのマッピング - ユーザーをテナント マッピングに追加しても、フォルダー マッピングで使用できるようにはなりません。ユーザーは、フォルダー マッピングからは除外されます。テナント マッピングからユーザーを削除すると、ユーザーはフォルダー レベルでも削除されます。

🚧

重要

ユーザーとマシンのマッピングの設定に、フォルダーに追加されたユーザーは、既存のマッピングには追加されません。このため、ユーザーはそのマシンを使用できません。使用できるようにするには、ユーザーをマシンに手動でマップします。

🚧

重要

トリガーに使用されるマッピングのユーザー部分を、トリガーが存在するフォルダーから削除したり、割り当て解除することはできません。削除できるようにユーザーがトリガーで実行ターゲットとして設定されていないことを確認します。

マシンの権限


[マシン] ページでさまざまな操作を実行できるようにするためには、マシンに対する該当する権限を持つ必要があります。

  • マシンとそれに関連する詳細情報の表示 - マシンに対する [閲覧]
  • マシンの編集 - マシンに対する [編集]
  • マシンの作成 - マシンに対する [作成]
  • マシンの削除 - マシンに対する [削除]
  • テナント レベルでのユーザーとマシンのマッピングの変更 - マシンに対する [閲覧]、マシンに対する [編集]、またはマシンに対する [閲覧]、マシンに対する [作成]
  • フォルダー レベルでのユーザーとマシンのマッピングの変更 - フォルダーに対する [編集] またはサブフォルダーに対する [編集]

詳細については、「ロールについて」をご覧ください。

📘

標準ロボットを作成するには、マシンに対する表示権限が必要です。

ロボットのバージョン


[マシン] ページでは、[インストールされたバージョン] 列でロボットのバージョンを確認できます。標準ロボットのバージョンは、UiRobotSvc サービスが起動または再起動されるときに取得されます。Attended フローティング ロボットは、ロボットが Orchestrator に接続されるときに取得されます。想定されるさまざまなシナリオに従って、次の項目が表示されます。

  1. ロボット接続なし

    • マシン上にロボットがプロビジョニングされていません
  2. 不明

    • 1 台以上のロボットが作成されていますが、いずれも接続されていません
    • ロボット-Orchestrator 間の接続が確立した後に、1 台以上のロボットが作成されました
  3. インストールされたバージョン

    • 18.2.0 以降のバージョンのロボットが登録され、接続されています
    • バージョンが 18.2.0 よりも新しい (同バージョンの) Robot が多数プロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合。
      たとえば、18.2.4 の Robot を 1 つプロビジョニング済みで、それが接続されている場合は、18.2.4 と表示されます。バージョン 18.3.0 の Robot が多数 (たとえば 11) プロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合は、18.3.0 と表示されます。
  4. < 18.2.0

    • 18.2.0 より前のバージョンの ロボット 1 台が登録され、接続されています
    • バージョンが 18.2.0 よりも前の Robot が多数プロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合。
      たとえば、18.1 の Robot を 1 つプロビジョニング済みで、それが接続されている場合は、<18.2.0 と表示されます。同様に、バージョン 17.1.0 および 18.2.0 の Robot (たとえば、それぞれ 9 つと 5 つ) がプロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合は、<18.2.0 と表示されます。
  5. [異なるバージョン番号]

    • 異なるバージョンのロボット 2 台以上が登録され、すべて接続されています。
      たとえば、合計 14 台のロボット (18.3.0 のロボット 10 台、18.2.4 のロボット 2 台、18.2.0 より前のロボット 2 台) をプロビジョニングしたとします。この場合、「3 バージョン」と表示されます。

特定のマシンに接続されている各ロボットのバージョンを確認するには、[その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [インストールされたバージョンを表示] をクリックします。詳細については、こちらを参照してください。

3 か月前に更新


マシン


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。