通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

2021.10.6

Release date: 3 August 2022

既知の問題

The Microsoft.Data.SqlClient parameter used to connect Orchestrator to SQL Server can cause upgrades or installs to fail in case of SQL certificates that are not trusted by the Orchestrator machine or whose revocation check cannot be performed from that machine.
このような場合、次のエラーが表示されます。

System.Exception: Error:-1, Message:An error occurred while retrieving latest migrations. Microsoft.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904): A connection was successfully established with the server, but then an error occurred during the login process. (provider: SSL Provider, error: 0 - The target principal name is incorrect.)

この問題を防ぐためには、次のいずれかの対策を行ってください。

  • If the connection string is using a hostname instead of an FQDN, update it to use an FQDN for SQL Server.
  • Orchestrator が証明書チェーン内のサーバーに到達できないことが原因で失効リストの問題が発生している場合は、接続文字列に TrustServerCertificate=True を追加してください。

特定の新しいサービスでは、更新後の接続文字列をコマンド ラインを使用して引数として MSI に提供し、明示的に宣言する必要がある場合がありますのでご注意ください。

バグ修正

  • 管理者ユーザーの管理ページで、ページの番号や順番が正しく表示されていませんでした。
  • Studio で Orchestrator のホスト フィードにアクセスすると、「Failed to retrieve metadata from source (ソースからメタデータを取得できませんでした。)」というエラーが発生していました。この問題は、[ライブラリ] > [セキュリティで保護されたデプロイ] の設定と、それに対応する Orchestrator データベースの値が逆になっていたため発生していました。
    このバージョンの Orchestrator にアップグレードすると、[ライブラリ] > [セキュリティで保護されたデプロイ] の既定の設定では、ライブラリへのパブリック アクセスが許可されています。
    新規インストールの場合、[ライブラリ] > [セキュリティで保護されたデプロイ] の既定の設定では、認証済みユーザーのみがライブラリにアクセスできます。
  • Orchestrator threw an “Invalid authentication token” error (Error code - 1431), which caused an infinite loop in the browser after a session inactivity timeout.

 


ラベルについて

クリックして詳細を表示

このバージョンの Orchestrator は、以下の 2 つのデプロイ モデルで使用できます。

  • スタンドアロンの Orchestrator
  • Automation Suite に含まれる Orchestrator サービス

この 2 種類のデプロイの機能は類似しているため、ユーザー ガイドやリリース ノートでは同じドキュメントが共有されています。
ただし、いずれかのデプロイにのみ適用される情報がある場合は、以下のラベルを使用しています。

  • - スタンドアロンの Orchestrator にのみ適用され、Automation Suite の Orchestrator には適用されません。
  • - Automation Suite の Orchestrator にのみ適用され、スタンドアロンの Orchestrator には適用されません。

ラベルがない場合は、その情報は両方の種類のデプロイに適用されます。

9 日前に更新


2021.10.6


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。