通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

2021.10.4

Release date: 7 April 2022

キュー トリガーを介したジョブ開始メカニズムの改良


キュー トリガーによるジョブの開始方法について、度重なる変更が生じておりましたが、再び検討を行った結果、挙動を改めて変更することとしました。なお、今回の変更が最終決定となる予定です。
以前の問題点: キューに追加された新しいアイテムの数が、処理中のアイテム数を下回っていると、ロボットがアイドル状態であっても追加のジョブが開始されませんでした。以前の算出方法では、実行中のジョブ (キュー アイテムをアクティブに処理しているジョブ) の数が、実行可能なジョブ (新しく追加されたアイテムを処理するのに必要なジョブ) の数より大きくなることが多く、その都度この問題が発生していました。
最初の修正: 実行可能なジョブの数を算出する際に、新しいアイテム数だけではなく、新しいアイテムと処理中のアイテムの合計数を考慮するようにしました。しかし、この方法には問題があることが分かりました。
最新の修正: Orchestrator では、実行可能なジョブの数を算出する際に新しいアイテムの数を考慮しますが、新しいジョブの開始可否を決定するために、保留中のジョブの数も確認します。以下の例をご確認ください。
Say you have 2 new items in a queue, and 2 pending jobs exist => then no new jobs are launched.
Say you have 2 new items, and 1 pending job exists => then 1 new job is launched.

これにより、過度ではない適切な数のジョブを開始し、新しいアイテムをすべて処理できるようになりました。

 

SQL Server の Azure AD 認証


📘

追記 (2022 年 4 月 20 日)

We once again come bearing gifts for those of you who installed Orchestrator on an Azure VM or Azure App Service: we now offer support for Azure AD. You can use this authentication method to connect Orchestrator to SQL Server. For details, see our documentation.

 

改良点


  • Ledger データベースのテーブルにはデータが溜まりやすいため、クリーンアップを頻繁に行う必要があります。これに対処するため、新しいクリーンアップ スクリプトを追加しました。Ledger データを 7 日ごとに削除でき、適用されるバッチのサイズは 1,000 エントリです。新しいスクリプトについて詳しくは、以下のドキュメントをご覧ください。

  • The Platform Configuration Tool no longer verifies the certificate host name when upgrading from a version prior to 2020.4. This change is due to the check not being applicable in this upgrade scenario.

  • When upgrading Orchestrator, you are now prompted with a warning if an Insights version older than 2021.10 is enabled. This message is meant to remind you that Insights hardware requirements changed significantly starting with version 2021.10. Before an Orchestrator upgrade, you must ensure you meet the new Insights requirements.

 

既知の問題


  • ホストとして Swagger UI 経由でメンテナンス ウィンドウを終了しようとすると、失敗する場合があります。これは、Swagger UI が認証に Cookie を使用しており、Cookie の情報はブラウザーを閉じると失われるためです。
    API 経由でメンテナンス モードを終了するには、以下の回避策のいずれかをご利用ください。
    • Do not close the browser and make the POST request to /api/Maintenance/End from the Swagger UI.
    • API テスト アプリケーション (Postman など) を使用して、以下の操作を行います。
      retrieve an access token by exchanging your credentials to the /api.Account/Authenticate endpoint, and then
      make a POST request to the /api/Maintenance/End endpoint using the Authorization: Bearer {access_token} header.

 

バグ修正


  • 攻撃者がロボットへの特権アクセスを持つ場合に、Orchestrator への API 呼び出しにブルートフォース攻撃を行うことによって、同一テナント内の他のロボットのライセンス キー (マシン キー) を取得できてしまう問題を修正しました。理論的には、この問題で攻撃者がアクセスできる対象は、アクセス権を持つロボットのリソースに限られていました。
    Read the security advisory for UiPath - Robot Account Takeover.

  • Occasionally, job executions of long running workflows would get stuck in a Running state without being transitioned to a Suspended state. Upon killing those jobs, the jobs transitioned to and got stuck in a Terminating state. The underlying issue has been fixed and long running jobs are now transitioned to the different states as expected and are executed without issues.

  • [ロールをロボット アカウントに割り当て] ウィンドウの誤記 (英語 UI) を修正しました。具体的には、[Search for a robot account] フィールドが [Seach for a robot account] と表示されていました。現在、フィールド名のスペルは正しいものに修正されています。

  • 手動でアップロードされたパッケージの名前が [監査] ページの詳細情報に表示されませんでした。この問題は、パッケージを個別または一括でアップロードした際に発生していました。現在は、アップロードされたすべてのパッケージの名前が [監査] ページの詳細情報に正しくログ記録されるようになりました。

  • Active Directory で姓が指定されていないユーザーが、Orchestrator にログインできませんでした。

  • Credential asset retrieval failed for CyberArk credential store when setting Plugins.SecureStores.CyberArk.UsePowerShellCLI to true in Orchestrator's UiPath.Orchestrator.dll.config file.

  • When the Orchestrator and Identity databases used Turkish-specific collation, upgrades from version 2020.10 to 2021.10 failed. When opting for Latin1-based SQL collation, the same behavior occurred if Turkish (tr-tr) culture was used on the application server. To fix this issue, switch to en-us culture and re-attempt the installation.

 


ラベルについて

クリックして詳細を表示

このバージョンの Orchestrator は、以下の 2 つのデプロイ モデルで使用できます。

  • スタンドアロンの Orchestrator
  • Automation Suite に含まれる Orchestrator サービス

この 2 種類のデプロイの機能は類似しているため、ユーザー ガイドやリリース ノートでは同じドキュメントが共有されています。
ただし、いずれかのデプロイにのみ適用される情報がある場合は、以下のラベルを使用しています。

  • - スタンドアロンの Orchestrator にのみ適用され、Automation Suite の Orchestrator には適用されません。
  • - Automation Suite の Orchestrator にのみ適用され、スタンドアロンの Orchestrator には適用されません。

ラベルがない場合は、その情報は両方の種類のデプロイに適用されます。

5 か月前に更新


2021.10.4


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。