通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

トランザクションを管理する

トランザクションの表示

[キュー] ページで、[その他のアクション] > [トランザクションを表示] をクリックします。[トランザクション] ページが表示されます。ここには、対象のキュー アイテムのみが含まれています。

[トランザクションの詳細] ウィンドウの表示

[トランザクションの詳細] ウィンドウを表示するには、特定のトランザクションの [その他のアクション] > [詳細の表示] をクリックします。

トランザクション上のコメント管理

コメントの追加

  1. [トランザクションの詳細] ページを開き、特定のトランザクションの [その他のアクション] > [詳細を表示] をクリックします。[トランザクションの詳細] ウィンドウが表示されます。
  2. [コメント] タブで、[新しいコメント] フィールドの下に情報を追加し、[コメントを追加] をクリックします。このコメントは、[トランザクションの詳細] ウィンドウに表示されます。

📘

注:

空のコメントまたは空白のみを含む文字列は追加できません。

コメントの編集

  1. 対応する [その他のアクション] ボタンをクリックして、[編集] を選択します。
  2. 必要な変更を行ってから、[コメントを保存] をクリックします。変更が保存されます。

コメントの削除

  1. 対応する [その他のアクション] ボタンをクリックします。
  2. [削除] をクリックします。コメントが削除されます。

レビュー担当者の割り当て

レビュー担当者を失敗したまたは破棄されたトランザクション アイテムに割り当てるには:

  1. アイテムの上にカーソルをホバーし、[その他のアクション] > [レビュー担当者を割り当て] をクリックします。[レビュー担当者を割り当て] ウィンドウが表示されます。
  2. [レビュー担当者] フィールドでユーザーを選択します。フォルダーを使用している場合、現在選択されているフォルダーに割り当てられているユーザーのみが表示されます。
  3. [割り当て] をクリックします。レビュー担当者が保存され、[履歴] タブにそのアクションが表示されます。このレビュー担当者は、[トランザクション] ウィンドウにも表示されます。

または、レビュー担当者を複数のアイテムに割り当てる方法は以下のとおりです。

  1. 複数の失敗した、または破棄されたアイテムを選択し、[レビュー担当者を割り当て] をクリックします。[レビュー担当者を割り当て] ウィンドウが表示されます。
  2. [レビュー担当者] フィールドでユーザーを選択します。フォルダーを使用している場合、現在選択されているフォルダーに割り当てられているユーザーのみが表示されます。
  3. [割り当て] をクリックします。レビュー担当者が保存され、選択されたすべてのアイテムの [履歴] タブにそのアクションが表示されます。このレビュー担当者は、[トランザクション] ウィンドウにも表示されます。

レビュー担当者の削除

  1. レビュー担当者が割り当てられているトランザクション上にカーソルを置いて、[その他のアクション] < [レビュー担当者を割り当て] をクリックします。[レビュー担当者を割り当て] ウィンドウが表示されます。
  2. [レビュー担当者] フィールドを削除します。
  3. [割り当て] をクリックします。アイテムが更新され、レビュー担当者が表示されなくなります。

または、レビュー担当者を複数のアイテムから削除する方法は以下のとおりです。

  1. レビュー担当者が割り当てられている複数のアイテムを選択し、[レビュー担当者を割り当て] をクリックします。[レビュー担当者を割り当て] ウィンドウが表示されます。
  2. [レビュー担当者] フィールドでユーザーを削除します。
  3. [割り当て] をクリックします。アイテムが更新され、レビュー担当者が表示されなくなります。

📘

注:

割り当てられたトランザクション アイテムのリビジョン ステータスが[レビュー中][検証済み][リトライ済み][削除] のいずれかに変更されると、レビュー担当者を変更できなくなります。

トランザクションのエクスポート

  1. 目的のキューの [トランザクション] ページを開きます。
  2. [エクスポート] をクリックします。トランザクションを含む新しい .csv ファイルは、ブラウザーで設定されている既定のダウンロード場所にダウンロードされています。
    .csvファイルの詳細については、こちらをご覧ください。

2 年前に更新


トランザクションを管理する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。