通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

セットアップのサンプル

このページでは、いくつかの実際的なシナリオと、それらのシナリオに対応するモダン フォルダー使用時の Orchestrator の推奨設定について説明します。

説明用シナリオ

ユーザー/マシンの組み合わせが 1 つの場合

John は勤務先の会社から、毎日の業務で使用するノート PC を支給されました。
彼は、自分の資格情報を使用して、このノート PC にログインします。
ノート PC の一意の識別子 (マシン名) は JOSMITH です。

  • 1 ユーザー
  • 1 マシン
  • ユーザー/マシンの組み合わせが 1 つ - 常に同じ

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
ユーザーが使用する 1 台のフローティング ロボット。ロボットの識別名は John とします (domain\username 構文を使用)。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

John は、マシン テンプレートによって生成されたキーを使用して自分の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

ユーザー/マシンの組み合わせが 2 つの場合

Boris と Vadim は、コールセンターのオペレーターとして働いています。2 人は、2 交代制で同じコンピューターを使用して作業します。
2 人は、各自の資格情報を使用して、このコンピューターにログインします。
ノート PC の一意の識別子は PC345 です。

  • 2 ユーザー
  • 1 マシン
  • ユーザー/マシンの組み合わせが 2 つ - 常に同じ {(Boris - PC345)、(Vadim - PC345)}

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
2 つのフローティング ロボット。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

Vadim とBoris の 2 人とも、マシン テンプレートによって生成されたキーを使用して各自の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

ユーザー/マシンの組み合わせが 3 つの場合

Randy、Kanye、Juanita は、ネットワーク上で各自のエンドポイント デバイスに提供されるパーシステントな仮想デスクトップ イメージ上の仮想マシン (VM) で作業します。3 人は、毎日同じ VM を使用します。
3 人は、各自の資格情報を使用して VM にログインします。
VM の一意の識別子は、RAND32KAN43JUA65 です。

  • 3 ユーザー
  • 3 マシン
  • ユーザー/マシンの組み合わせが 3 つの場合 - 常に同じ {(Randy - RAND32)、(Kanye - KAN43)、(Juanita - JUA65)}

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
3 つのフローティング ロボット。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

各ユーザーは、同じマシン テンプレートによって生成されたキーを使用して各自の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

ユーザー/マシンの組み合わせが 9 つの場合

Ion、Sandu、Georgeta は、ネットワーク上で各自のエンドポイント デバイスに提供されるノンパーシステントな仮想デスクトップ イメージ上の仮想マシン (VM) で作業します。3 人には毎日 3 つの VM のプールから 1 つが任意に割り当てられます。
3 人は、各自の資格情報を使用して VM にログインします。
VM の一意の識別子は、VM10VM11VM12 です。

  • 3 ユーザー
  • 3 マシン
  • 9 つのユーザー/マシンの組み合わせ - ランダム {(Ion - VM10)、(Ion - VM11)、(Ion - VM12)、(Sandu - VM10)、(Sandu - VM11)、(Sandu - VM12)、(Georgeta - VM10)、(Georgeta - VM11)、(Georgeta - VM12)}

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
3 つのフローティング ロボット。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

各ユーザーは、同じマシン テンプレートによって生成されたキーを使用して各自の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

1 年前に更新


セットアップのサンプル


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。