通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

モダン フォルダー内のロボット

モダン フォルダーでは、ユーザーのためにロボットが自動的に作成されます。モダン フォルダー内のロボットの動作に進む前に、いくつかの基本的な概念に慣れておくことを推奨します。以下の資料をご覧ください。

ロボットの管理

ロボットの管理は、ほとんどが自動的に行われます ([管理] > [ユーザー])。つまり、ユーザー レベルでロボットの自動作成オプションを有効化し、設定を定義すると、ユーザーが行った設定に従ってロボットが自動的に作成されます。

Active Directory との連携および階層フォルダーと合わせて、ロボットの自動作成によって、インフラストラクチャ、保守、および連携のためのコンサルティングのコストを削減し、大規模なデプロイを効率的に進めるためのステージを用意できます。Orchestrator でそのようなデプロイを管理する方法については、こちらをご覧ください。

🚧

重要

モダン フォルダーとクラシック フォルダーの機能の違いは、こちらをご覧ください。

UiPath Robot has access to whatever processes exist in the folders the user (and machine for unattended) has access to.
Automatic robot management can be configured for directory users or directory groups as well. The automatic robot creation setting for a directory group that's added to Orchestrator is inherited by any user that is a member of that AD group. Logging in with such a user to a machine that has been provisioned to Orchestrator and opening the UiPath Robot tray, automatically provisions the user and implicitly a floating robot to Orchestrator. The robot inherits the settings defined at group level. Robot auto-provisioning using directory groups is only valid for attended robots. Unattended robots can be provisioned for local and directory users.
Execution settings for these Robots can only be configured when adding users individually. Groups are added with the default execution settings. These are described here. To customize execution settings for directory users, you have to make the adjustments explicitly for them, once they have been auto-provisioned or added individually. Details here.
After being automatically created, robots can be monitored on the Robots page, Monitoring menu.
See here how to manage robots in modern folders.

📘

cloud_platfcloud_platf

Cloud Platform のユーザー管理は、Cloud Portal から行います。Orchestrator サービスにそのサービス自体からユーザーを追加することはできません。したがって、ロボットが自動的にプロビジョニングされるようにユーザーを設定する方法は、ユーザーを編集する以外にありません。

Cloud Platform の Orchestrator とオンプレミスの Orchestrator では、資格情報ストアのサポートが異なります。これら 2 つの機能の詳しい比較については、こちらをご覧ください。

2 年前に更新



モダン フォルダー内のロボット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。