通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

クラシック フォルダー内のロボット

クラシック フォルダーでは、ロボットを手動で作成します。クラシック フォルダー内のロボットの動作の説明に進む前に、いくつかの基本的な概念について理解しておくことをお勧めします。以下の資料をご一読ください。

ロボットの管理

クラシック フォルダーでは、ロボットを手動で管理します ([管理] > [ロボット])。つまり、ロボットとマシン エンティティを手動で設定する必要があります。次のような作業が必要です。

ロボットは 1 つのクラシック フォルダーにしか含めることができません。したがって、ロボットは一度に 1 つのフォルダー内のプロセスにしかアクセスできません。ロボットが、異なるクラシック フォルダー内のプロセスにアクセスする必要がある場合は、最初のフォルダーからロボット エンティティを削除して、新しいフォルダー内にプロビジョニングする必要があります。
ロボットは自動的にプロセスをダウンロードし、カスタム設定で実行できます。ロボットを作成または編集するときに [設定] タブから、プロセスの自動ダウンロード、ログ レベル、フォント スムージング、解像度を設定できます。
作成したロボットは、[ロボット] ページの [監視] メニューで監視できます。
クラシック フォルダー内のロボットの管理方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。

ロボットのライセンス

クラシック フォルダーでは、Orchestrator でロボット エンティティを作成または編集するときにロボットのライセンスの種類が設定されます。ロボットの接続状態によっては、編集が一部制限される場合があります。ロボットの接続状態について詳しくは、こちらをご覧ください

クラシック フォルダーでは、任意の種類の標準ロボットを (標準マシンとともに) 使用するか、Attended モードのフローティング ロボットを (マシン テンプレートとともに) 使用することができます。
ロボットごとのライセンスの種類については、こちらをクリックしてください。
ライセンスの概念について詳しくは、こちらをクリックしてください。

環境

クラシック フォルダーのロボットのグループ化をロボット グループといい、複数のロボットを 1 つのパッケージで同時に実行することができます。

🚧

重要

同じ端末上に複数のロボットが存在する場合は、同じ環境および Orchestrator テナント内でそれらをグループ化することをお勧めします。そうしない場合は、バージョンが異なる同じプロセスをデプロイするときにいくつかのエラーが発生する場合があります。

環境の詳細を確認するには、こちらをクリックしてください。

1 年前に更新



クラシック フォルダー内のロボット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。