通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

主な機能と動作

Orchestrator の Active Directory との連携機能と組み合わせて使用するモダン フォルダーは、規模が大きい場合でも、組織の有人オートメーションのデプロイの迅速かつ便利な管理を可能にします。

Active Directory の連携により、個々のディレクトリ ユーザーまたはディレクトリ グループロボットのアクセスや Orchestrator のアクセスは、ディレクトリのグループのロールによって管理されています。各ユーザーとロボットを手動で作成したり、権限を個別に管理したりする必要はありません。

モダン フォルダーで使用できる階層構造を使用すると、組織構造に合わせて Orchestrator エンティティを整理およびグループ化でき、カスタム ロールの割り当てを使用して、必要なリソースのみにユーザー/グループ アクセスを付与できます。クラシックからモダンのフォルダー構造への移行についてはこちらをご覧ください。

これにより、すべてのユーザーが使用できるマシンからログインし、すぐにアクセスできるロボットを使用可能にして、アクセスを許可されたすべてのプロセスを実行できるようになります。組織内の変更 (たとえば、新規採用、部門の異動など) は、ディレクトリ内でのみ更新する必要があります。

機能の比較

Classic Folders

Modern Folders

  1. AD is the central hub for user information

ImageImage

ImageImage

  1. SSO with AD Credentials

ImageImage

ImageImage

  1. Automatic Robot Management

no_rightno_right

ImageImage

  1. Automatic License Assignment

no_rightno_right

ImageImage

  1. Hierarchical Folder Structure

no_rightno_right

ImageImage

  1. Fine-Grained Permissions

no_rightno_right

ImageImage

  1. Job Restart

ImageImage

ImageImage

  1. Long-Running Workflows

ImageImage

no_rightno_right

  1. インポートされた Active Directory ID は、ディレクトリ データベースに対して直接チェックされます。Orchestrator インスタンスでディレクトリを複製する必要はありません。詳細についてはこちらをご覧ください。
  2. Active Directory で構成された資格情報のセットを使用して、Orchestrator にアクセスします。詳細についてはこちらをご覧ください。
  3. インポートした Active Directory グループのロボットやユーザーを自動的に作成します。詳細については、こちらをご覧ください。
  4. 自動的に作成されたロボットにライセンスの種類を割り当てます (手順 3)。詳細についてはこちらをご覧ください。
  5. 機能的な観点から Orchestrator インスタンスのユーザー レイヤーをより適切に整理します。詳細についてはこちらをご覧ください。
  6. システムの制御を分割し、フォルダー レベルごとにきめ細かくアクセス権を付与することにより、インスタンスのユーザー レイヤーのセキュリティを強化します。詳細についてはこちらをご覧ください。
  7. 以前の実行設定を維持したまま、終了したジョブを再開します。詳細についてはこちらをご覧ください。
  8. 論理的なフラグメント化または人間の介入を必要とする長時間実行されるワークフローをスムーズに実行できます。詳細についてはこちらをご覧ください。

2 年前に更新



主な機能と動作


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。