通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Robot を Orchestrator に接続する

ロボットを Orchestrator に接続する方法は次の 2 つです。

  • 手動 - Orchestrator URL と、対応するマシン キーを使用します。
  • 自動 - 接続文字列を使用します。

UiPath Robot を Orchestrator に接続するには、手動、自動を問わず、まず正しく設定を行い、実際に使用する設定に従って、Orchestrator 内でユーザー、ロボット、マシンのエンティティを定義する必要があります。
If a distinct person takes care of the Orchestrator configuration in your company, make sure they provide you with the correct Orchestrator URL and machine key or connection string.
If you have multiple Robots for different users on the same machine, you must create a robot for each in Orchestrator.
Click here for details about robots in modern folders.
Click here for details about robots in classic folders.

ロボットを手動で接続する

Orchestrator および [Orchestrator の設定] ウィンドウから

この手順をサービス モードの Robot に実行するには管理者権限が必要です。

  1. システム トレイの UiPath Assistant をクリックして、UiPath Assistant トレイを表示します。
  2. [設定] メニューで、[Orchestrator の設定] を選択します。[Orchestrator の設定] ウィンドウが表示されます。
  3. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の Web アドレスを入力します。

📘

autom_cloudautom_cloud
If you are using a Automation Cloud service, add the AccountLogicalName and ServiceName, such as https://cloud.uipath.com/uipathtokyo/uipathkyoto/.

  1. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン エンティティによって生成されたキーを入力します。
    Click here for details about the different machine entities in Orchestrator and when to use each.
  2. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されました。ロボットを Orchestrator に登録するたびに、[ユーザー] ページに、Robot ロールを持つロボット ユーザーが自動的に生成されます。
10451045

📘

注:

「高密度ロボット」機能は、ユーザーごとにロボットを登録する際に、同じマシン名とマシン キーが使用されている場合にのみ有効です。

方法

UiPath Robot がインストールされているマシン用に生成されたマシン キーを使用して、UiPath Robot を Orchestrator に接続する方法の概要については、以下のビデオをご覧ください。Orchestrator で標準マシンと標準ロボットを作成し、それらを使用して UiPath Robot を Automation Cloud サービスに接続する方法を紹介しています。完全な手順と詳細については、ドキュメントをお読みください。

コマンド ラインから

  1. Orchestrator で生成されたマシン キーをクリップボードまたはファイルに保存します。
  2. コマンド プロンプトを開きます。
  3. Go to the directory where your UiPath Robot is installed (by default C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio). For example: cd C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio です。
  4. Use the --connect -url and -key command line arguments in conjunction with the Orchestrator URL and machine key. For example: UiRobot.exe --connect -url https://demo.uipath.com/ -key ba1e4809-2f64-4965-bae2-efda62d20164. UiPath Robot is now connected to Orchestrator. In a High-Density environment, the Robot corresponding to each user is connected to Orchestrator.

ロボットの自動登録

接続文字列は、次の情報を含む URL です。

  • Orchestrator URL - ロボットの接続先である Orchestrator インスタンスを特定します。
  • テナント ID - ロボットの接続先であるテナントを特定します。
  • domain name - identifies the domain of the machine; this is only necessary if the machine is in a different domain than that specified for the WindowsAuth.Domain parameter in web.config (this is valid for subdomain machines as well). The domain needs to be in a two-way trust relationship with the one set for the WindowsAuth.Domain parameter.
    Click here for details about authorization parameters in web.config.

マシンのドメインに応じて 2 つの接続文字列を例として示します。

  • Same domain as specified in web.config - https://demo.uipath.com/api/robotsservice/GetConnectionData?tenantId=1
  • Different domain than the one specified in web.config - https://demo.uipath.com/api/robotsservice/GetConnectionData?tenantId=1&domainName=domain_name

📘

重要

接続文字列を使用してロボットを Orchestrator に接続するには、次の条件が必要です。
the WindowsAuth.Enabled parameter from the web.config file has to be set to true
the WindowsAuth.Domain parameter has to be set to a valid domain
サービス モードの Robot がインストールされている。

  1. Orchestrator の [設定] ページ、[全般] タブに移動します ([ユーザー] メニュー > [設定] > [全般])。[接続文字列] フィールドを探し、[コピー] をクリックします。接続文字列がクリップボードにコピーされます。
17991799
  1. 接続文字列を Orchestrator に接続するロボット端末に送信します (メールや USB スティックなどを使用)。
  2. Use an automatic deployment tool to install the Robots and provide the connection string copied above in the CONNECTIONSTRING parameter used with the UiPathStudio.msi installer. UiPath Robot is connected to Orchestrator and is displayed as Available in the Robots page.

2 年前に更新



Robot を Orchestrator に接続する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。