通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ロボットについて

UiPath Robot は、UiPath Studio 内で構築されたプロセスを実行する、実行ホストです。Orchestrator 内のロボット エンティティは、UiPath Robot のイメージであり、その機能を制御します。
UiPath スイートの Robot コンポーネントに関するドキュメント ガイドは、こちらをご覧ください。このガイドおよびその各章で重点的に扱っているのは、Orchestrator におけるロボット エンティティと、それらのエンティティがその種類に応じて UiPath Robot に提供する機能です。

このガイドの目的に従い、「マシン」という用語は UiPath Robot がインストールされた物理マシンまたは仮想マシンを表すものとします。Orchestrator には、UiPath Robot と Orchestrator との接続を認証する API キーを生成する 2 つのマシン エンティティがあります。詳しくは、こちらをご覧ください。

用語の説明

一般的な用語

意味

UiPath Robot

UiPath スイートの Robot コンポーネント

マシン

UiPath Robot のホストとデプロイに使用される物理または仮想マシン。このガイドでは通常、Orchestrator 内のマシン エンティティと区別するために、ホスト マシン、ワークステーション、サーバーなどと呼んでいます。

ロボット (Orchestrator のエンティティ)

Orchestrator がインストールされているホスト マシンに関する UiPath Robot の接続機能を制御する、Orchestrator のエンティティ。マシン エンティティと組み合わせて使用します。詳しくは、下記を参照してください。

マシン (Orchestrator のエンティティ)

Orchestrator entity which works as an API key generator, offering authorization capabilities for UiPath Robot. It is to be used in conjunction with the robot entity. Details here.

ロボットの種類

監督要件別

Attended ロボット

人間の監視下で実行される監視付きロボット。ライセンスの種類によって以下のように分類されます。

  • Attended - 実際のユーザーと同じワークステーション上で動作し、ユーザー イベントにより起動されます。
  • Studio - 開発を目的として、Studio を Orchestrator に接続します。
  • StudioX - 開発を目的として、StudioX を Orchestrator に接続します。
  • Studio Pro - 開発を目的として、Studio Pro を Orchestrator に接続します。

❗️

重要

人間の監視下にあるロボットのプロセスは Orchestrator から開始またはトリガーできず、それらのロボットをロックした画面から実行することもできません。UiPath ロボット トレイまたはコマンド プロンプトからのみ開始できます。

Unattended ロボット

ジョブの実行に人間の監視を必要としない自律型のロボットです。ライセンスの種類によって以下のように分類されます。

  • Unattended ‐ 仮想環境で人間の監視なしで動作し、多数のプロセスを自動化できます。Attended ロボットの機能に加え、リモートでの実行や監視、スケジューリング、ワーク キューのサポートも行うことができます。
  • NonProduction - 開発のみを目的として、Unattended モードで動作します。テスト ケースは実行できません。
  • Testing - テストを目的として、Unattended モードで動作します。テスト ケースを実行できます。

UiPath ロボット トレイを開くと、ロボットは自動的にライセンスを付与されます。Studio では、StudioX を除くすべての種類のロボットをデバッグ モードで実行できます。

📘

Unattended ロボットのライセンスは、ユーザーごとではなく、割り当てられたランタイム (スロット) エンティティごとに付与されます。Unattended、NonProduction、Testing のランタイムがマシン レベルで割り当てられるのは、そのためです。
10 個の Unattended ランタイムが割り当てられたマシン テンプレートがあるとします。このテンプレートによって生成されたキーを使用して接続されたワークステーションに、10 ライセンスのプールが、テナント レベルのライセンスの総数のうちから確保されます。ランタイムは、ジョブの実行時にのみ、確保されたライセンスのプールから使用されます。このテンプレートを使用して 4 台のマシンを Orchestrator に接続した場合、テナント レベルでは 40 の Unattended ランタイム ライセンスが必要です。25 個のジョブが実行中の場合、まだ 15 スロットが実行用に残っています。
運用環境では (ユーザーがそのマシンにログオンする)、ログ/テスト/デバッグを目的として Unattended ロボットを Attended モードで使用できます。

ロボット/マシンの相互作用

フローティング ロボット

フローティング ロボットは特定のマシンに固定されていないため、複数のユーザーが複数のワークステーションで UiPath Robot を使用することができます。1 人のユーザーが 1 台のマシン上で一度に使用できる UiPath Robot は 1 つです。
ワークステーションを変更する場合は、前に使用していたマシンからログアウトして、新しいマシンにログインする必要があります。

私の名前は John Smith。20 名からなるコール センターのオペレーター チームの一員です。我々は、出勤したときに空いていたノート PC を選んで仕事をします。システム管理者は Orchestrator で、会社にある 20 台のノート PC 用に 1 つのマシン テンプレートを定義し、私のユーザー名を使用してフローティング ロボットを定義する必要があります。これにより、私は自分のユーザー名とマシン テンプレートによって生成されたキーを使用し、20 台のノート PC のうちどれでも選んで作業をすることができます。もちろん、複数のマシンで同時に UiPath Robot を使用することはできません。別のノート PC を使用する場合は、最初のセッションからログアウトする必要があります。
その他のサンプル シナリオやモダン フォルダーでの Orchestrator の推奨設定方法については、こちらをご覧ください。

📘

classicclassic

クラシック フォルダーでは、Attended ロボットのみをフローティングにすることができます。

modernmodern

モダン フォルダーでは、すべてのロボットがフローティングです。

標準ロボット

標準ロボットの場合、ユーザーは 1 台のワークステーションでのみ UiPath Robot を使用できます。ロボットが特定のマシン、つまり、Orchestrator で標準ロボットを作成するときに設定したマシンに固定されるからです。常に同じマシンで作業するユーザー、またはマシンに接続するときの名前が毎回同じユーザーに推奨されるロボットです。
ワークステーションを変更するには、最初の標準ロボットを削除し、新しい標準マシンの名前を使用して再作成する必要があります。

私の名前は John Smith。コール センターのオペレーターとして、毎日 LA4324 という名前の同じノート PC で仕事をしています。システム管理者は、Orchestrator でノート PC とまったく同じ名前の標準マシンを定義し、私のユーザー名を使用して標準ロボットを定義する必要があります。このロボットは、LA4324 という名前の標準マシンに接続するように設定します。違うノート PC を使用する場合、システム管理者はこのロボットを削除し、新しいマシン用に新しいロボットを作成する必要があります。
その他のサンプル シナリオやクラシック フォルダーでの Orchestrator の推奨設定については、こちらをクリックしてください。

ロボットの管理

Orchestrator でのロボット管理は、[管理] メニューからのみ実行されます。ロボットは自動的にプロセスをダウンロードし、カスタム設定で実行できます。ロボットの設定時に、プロセスの自動ダウンロード、ログ レベル、フォント スムージング、および解像度を設定できます。
Orchestrator にはロボットが動作するフォルダーの種類に対応する、2 種類のロボットの管理方法があります。

自動管理

modernmodern
ロボットの管理は、ほとんどが自動的に行われます ([管理] > [ユーザー])。つまり、ユーザー レベルでのロボットの自動作成オプションが有効化され、その実行設定と認証資格情報が定義され、フローティング ロボットがユーザーが行った設定に従って自動的に作成されます。

UiPath Robot は、ユーザー (および Unattended の場合はマシン) がアクセス権限を持つフォルダー内に存在する、すべてのプロセスにアクセスできます。
自動ロボット管理は、ディレクトリ ユーザーまたはディレクトリ グループに対しても設定できます。Orchestrator に追加されたディレクトリ グループの自動ロボット プロビジョニングの設定は、その Active Directory グループのメンバーであるすべてのユーザーに継承されます。ロボットの自動プロビジョニングは、Attended ロボットに対してのみ有効です。
モダン フォルダーでは、ロボットの種類に関する制約が一切なしで、マシン テンプレートを使用して UiPath Robot を Orchestrator に接続できます。
自動的に作成された Attended ロボット (または Attended モードで使用される Unattended ロボット) は、[ロボット] ページの [監視] メニューで監視できます。Unattended ランタイムのステータスや健全性は [監視] メニュー > [ロボット] > [フォルダーの概要] で確認できます。
モダン フォルダー内のロボットについて詳しくは、こちらをご覧ください。

手動管理

classicclassic
ロボットを手動で管理します ([管理] > [ロボット])。つまり、ロボットとマシンのエンティティを手動で設定する必要があるということです。次のような作業が必要になります。

環境内のマシン/ユーザーの 1 つの組み合わせごとに、Unattended ロボットを手動で作成する必要があります。
UiPath Robot は、一度に 1 つのフォルダー内のプロセスにしかアクセスできません。異なるクラシック フォルダー内のプロセスにアクセスする必要がある場合は、最初のフォルダーから対応するロボット エンティティを削除して、新しいフォルダー内にプロビジョニングする必要があります。
クラシック フォルダーでは、任意の種類の標準ロボットを (標準マシンとともに) 使用するか、Attended モードのみのフローティング ロボットを (マシン テンプレートとともに) 使用することができます。
作成したロボットは、[ロボット] ページの [監視] メニューで監視できます。
クラシック フォルダー内のロボットについて詳しくは、こちらをご覧ください。

ロボットの認証

Robot の認証には 2 通りの方法があります。

  • Using Username/Password Credentials (ユーザー名/パスワードの資格情報を使用) - これが既定の方法です。
  • スマートカード認証を使用 - この認証メソッドを有効にするには、[このパスワードはスマート カード PIN を表します] オプションを選択します。このオプションは、web.configFeatures.SmartCardAuthentication.Enabled パラメーターが True に設定されている場合にのみ使用できます。

❗️

重要

Robot の起動コマンドは、SignalR を通じて受信されるか、ハートビートで要求されます。UiPath Robot が認証目的で使用するユーザー名とパスワードはハートビートでのみ送信されます。それにより、UiPath Robot はログインしてプロセスを実行できるようになります。
Attended ロボットは認証にパスワードを必要としません。したがって、SmartCard 認証には対応していません。
正しいユーザー資格情報を提供しないかぎり、Unattended ロボットでプロセスを実行することはできません。

高密度ロボット

複数のユーザーがマシンを共有している場合は、Windows のバージョンにかかわらず、ユーザーごとにロボットを登録できます。この機能は高密度ロボットと呼ばれ、これにより、各マシンを最大限に活用できるようになります。この機能は、すべての種類のロボット (Attended、Unattended、および NonProduction) に適用できます。

高密度環境には以下の利点があります。

  • Windows Server (2008 R2、2012 R2、または 2016) オペレーティング システムが搭載されたマシン:
    • すべてのロボットで、同時に同じプロセスを実行できます。
    • すべてのロボットで、同時に異なるプロセスを実行できます。

Windows Server を使用しているマシンで高密度ロボットをセットアップするには、「高密度ロボット用の Windows Server を設定する」の章をご覧ください。

📘

注:

同じマシン上では、すべてのユーザーをロボットとして Orchestrator に接続しなければならず、すべて、同一のマシン名キーを使用します。

UiPath Robot サービスを実行しているマシンで新しいロボットを Orchestrator に登録する場合は、サービスを再開する必要があります。

ロボットを Orchestrator に登録している際に入力したユーザー名やパスワードが、指定のユーザーの Windows 認証情報に対応していない場合、最初のジョブの実行は失敗し、[ジョブの詳細] ウィンドウに「ログオン失敗」というメッセージが表示されます。

1 年前に更新



ロボットについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。