通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ロボットについて

UiPath Robot は、UiPath Studio 内で構築されたプロセスを実行する、実行ホストです。Orchestrator 内のロボット エンティティは、UiPath Robot のイメージであり、その機能を制御します。
The documentation guide for the Robot component in the UiPath suite can be found here. In this guide and chapter implicitly, the focus is on robot entities as found in Orchestrator, and the capabilities they provide for UiPath Robot based on their types.

このガイドの目的に従い、「マシン」という用語は UiPath Robot がインストールされた物理マシンまたは仮想マシンを表すものとします。Orchestrator には、UiPath Robot と Orchestrator との接続を認証する API キーを生成する 2 つのマシン エンティティがあります。詳しくは、こちらをご覧ください。

用語の説明

Common Terminology

Meaning

UiPath Robot

The Robot component in the UiPath suite.

Machine

The physical or virtual machine used to host and deploy UiPath Robot. In this guide, it is usually referred to as host machine, workstation or server, to differentiate it from the machine entity in Orchestrator.

Robot (Orchestrator Entity)

Orchestrator entity which controls the connection capabilities of UiPath Robot with respect to the host machine on which it's installed. It is to be used in conjunction with the machine entity. Details below.

Machine (Orchestrator Entity)

Orchestrator entity which works as an API key generator, offering authorization capabilities for UiPath Robot. It is to be used in conjunction with the robot entity. Details here.

ロボットの種類

監督要件別

Attended ロボット

人間の監督のもとで実行される監督下にあるロボットです。ライセンスの種類によって以下のように分類されます。

  • Attended - 実際のユーザーと同じワークステーション上で動作し、ユーザー イベントにより起動されます。
  • Studio - 開発を目的として、Studio を Orchestrator に接続します。
  • StudioX - 開発を目的として、StudioX を Orchestrator に接続します。
  • Studio Pro - 開発を目的として、Studio Pro を Orchestrator に接続します。

❗️

重要

人間の監督下にあるロボットのプロセスは Orchestrator から開始またはトリガーできず、それらのロボットをロックした画面から実行することもできません。UiPath ロボット トレイまたはコマンド プロンプトからのみ開始できます。

Unattended ロボット

ジョブの実行に人間の監督を必要としない自律型のロボットです。ライセンスの種類によって以下のように分類されます。

  • Unattended ‐ 仮想環境で人間の監督なしで動作し、多数のプロセスを自動化できます。Attended ロボットの機能に加え、リモートでの実行や監視、スケジューリング、ワーク キューのサポートも行うことができます。
  • NonProduction - 開発のみを目的として、無人モードで動作します。テスト ケースは実行できません。
  • Testing - テストを目的として、無人モードで動作します。テスト ケースを実行できます。

UiPath ロボット トレイを開くと、ロボットは自動的にライセンスを付与されます。Studio では、StudioX を除くすべての種類のロボットをデバッグ モードで実行できます。

📘

For unattended robots, licensing is performed per allocated runtime (slot) entity instead of per user. That's why Unattended, NonProduction, Testing runtimes are assigned at machine level.
Say you have a machine template with 10 unattended runtimes assigned. For each workstation connected using the key generated by that template, a pool of 10 licenses is reserved from the total number of licenses at tenant level. A runtime is only consumed from the pool of reserved licenses during job execution. If you connect 4 machines to Orchestrator using that template, you need 40 unattended runtime licenses at tenant level. With 25 jobs running, there are still 15 slots available for execution.
運用環境では (ユーザーがそのマシンにログオンする)、ログ/テスト/デバッグを目的として Unattended ロボットを有人モードで使用できます。

ロボット/マシンの相互作用

フローティング ロボット

フローティング ロボットは特定のマシンに固定されていないため、複数のユーザーが複数のワークステーションで UiPath Robot を使用することができます。1 人のユーザーが 1 台のマシン上で一度に使用できる UiPath Robot は 1 つです。
ワークステーションを変更する場合は、前に使用していたマシンからログアウトして、新しいマシンにログインする必要があります。

私の名前はジョン・スミス。20 名からなるコール センターのオペレーター チームの一員です。我々は、出勤したときに空いていたノート PC を選んで仕事をします。システム管理者は Orchestrator で、会社にある 20 台のノート PC 用に 1 つのマシン テンプレートを定義し、私のユーザー名を使用してフローティング ロボットを定義する必要があります。これにより、私は自分のユーザー名とマシン テンプレートによって生成されたキーを使用し、20 台のノート PC のうちどれでも選んで作業をすることができます。もちろん、複数のマシンで同時に UiPath Robot を使用することはできません。別のノート PC を使用する場合は、最初のセッションからログアウトする必要があります。
Click here for more sample scenarios and the recommended Orchestrator setup in modern folders.

📘

classicclassic

クラシック フォルダーでは、Attended ロボットのみをフローティングにすることができます。

modernmodern

モダン フォルダーでは、すべてのロボットがフローティングです。

標準ロボット

標準ロボットの場合、ユーザーは 1 台のワークステーションでのみ UiPath Robot を使用できます。ロボットが特定のマシン、つまり、Orchestrator で標準ロボットを作成するときに設定したマシンに固定されるからです。常に同じマシンで作業するユーザー、またはマシンに接続するときの名前が毎回同じユーザーに推奨されるロボットです。
ワークステーションを変更するには、最初の標準ロボットを削除し、新しい標準マシンの名前を使用して再作成する必要があります。

My name is John Smith, I am a call center operator working daily on the same laptop whose name is LA4324. In Orchestrator, my system administrator needs to define for me a standard machine with the same exact name as my laptop, and a standard robot using my username, robot configured to connect to the standard machine named LA4324. If I ever change my laptop, the system administrator needs to delete this robot, and create a new one, for the new machine.
Click here for more sample scenarios and the recommended Orchestrator setup in classic folders.

ロボットの管理

Orchestrator でのロボット管理は、[管理] メニューからのみ実行されます。ロボットは自動的にプロセスをダウンロードし、カスタム設定で実行できます。ロボットの設定時に、プロセスの自動ダウンロード、ログ レベル、フォント スムージング、および解像度を設定できます。
Orchestrator にはロボットが動作するフォルダーの種類に対応する、2 種類のロボットの管理方法があります。

自動管理

modernmodern
ロボットの管理は、ほとんどが自動的に行われます ([管理] > [ユーザー])。つまり、ユーザー レベルでのロボットの自動作成オプションが有効化され、その実行設定と認証資格情報が定義され、フローティング ロボットがユーザーが行った設定に従って自動的に作成されます。

UiPath Robot has access to whatever processes exist in the folders the user (and machine for unattended) has access to.
Automatic robot management can be configured for directory users or directory groups as well. The automatic robot provisioning setting for a directory group that's added to Orchestrator is inherited by any user that is a member of that AD group. Robot auto-provisioning is only valid for attended robots.
In modern folders, you can use machine templates to connect your UiPath Robot to Orchestrator with no restriction in terms of robot type.
After being automatically created, attended robots (or unattended used in attended mode) can be monitored on the Robots page, Monitoring menu. The status and health of unattended runtimes can be checked in the Monitoring menu > Robots > Folder Overview.
Click here for details about robots in modern folders.

手動管理

classicclassic
ロボットを手動で管理します ([管理] > [ロボット])。つまり、ロボットとマシンのエンティティを手動で設定する必要があるということです。次のような作業が必要になります。

Unattended robots must be created manually, one for each machine/user combination in your environment.
UiPath Robot can only have access to processes found in one folder at a time. If you want it to have access to processes found in a different classic folder, you are required to delete the corresponding robot entity from the first folder, and provision it in the new one.
In classic folders, you can use any type of standard robot (in conjunction with standard machines) and attended-only floating robots (in conjunction with machine templates).
After being created, robots can be monitored on the Robots page, Monitoring menu.
Click here for details about robots in classic folders.

ロボットの認証

Robot の認証には 2 通りの方法があります。

  • Using Username/Password Credentials (ユーザー名/パスワードの資格情報を使用) - これが既定の方法です。
  • Using SmartCard Authentication - Select the The password represents a SmartCard Pin option to enable this authentication method. This option is only available if the Features.SmartCardAuthentication.Enabled parameter in web.config is set to True.

❗️

重要

Robot start commands are received through SignalR or requested on a heartbeat. The username and password UiPath Robot uses for authentication purposes are transmitted only on heartbeats, thus enabling it to log in and execute processes.
Attended robots do not require a password to authenticate, and as such don't support SmartCard authentication.
You cannot execute processes on unattended robots, unless you provided the correct user credentials.

高密度ロボット

複数のユーザーがマシンを共有している場合は、Windows のバージョンにかかわらず、ユーザーごとにロボットを登録できます。この機能は高密度ロボットと呼ばれ、これにより、各マシンを最大限に活用できるようになります。この機能は、すべての種類のロボット (Attended、Unattended、および NonProduction) に適用できます。

高密度環境には以下の利点があります。

  • Windows Server (2008 R2、2012 R2、または 2016) オペレーティング システムが搭載されたマシン:
    • すべてのロボットで、同時に同じプロセスを実行できます。
    • すべてのロボットで、同時に異なるプロセスを実行できます。

Windows Server を使用しているマシンで高密度ロボットをセットアップするには、「高密度ロボット用の Windows Server を設定する」の章をご覧ください。

📘

注:

同じマシン上では、すべてのユーザーをロボットとして Orchestrator に接続しなければならず、すべて、同一のマシン名キーを使用します。

UiPath Robot サービスを実行しているマシンで新しいロボットを Orchestrator に登録する場合は、サービスを再開する必要があります。

ロボットを Orchestrator に登録している際に入力したユーザー名やパスワードが、指定のユーザーの Windows 認証情報に対応していない場合、最初のジョブの実行は失敗し、[ジョブの詳細] ウィンドウに「ログオン失敗」というメッセージが表示されます。

1 年前に更新



ロボットについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。