通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

パッケージについて

[パッケージ] ページには、UiPath Studio からパブリッシュされたすべてのプロジェクトが表示されます。また、手動でアップロードしたパッケージも表示されます。パッケージはグローバル リソースを表します。つまり、いずれかの種類のすべてのフォルダーで使用できます。

[パッケージ] ページでは、パッケージの使用できるすべてのバージョンを、ステータス、引数、リリース ノート (使用できる場合) とともに表示できます。また、1 つ以上のパッケージをアップロードし、特定のパッケージのバージョンをダウンロードし、それを削除するか、Studio の Workflow Designer と同様に、その内容を探索することができます。

10971097

🚧

重要

クラシック フォルダーでパッケージをロボット グループに関連付けるか、パッケージをモダン フォルダーに関連付けると、プロセスになります。このペアリングが形成されると、前述のロボット グループまたはモダン フォルダーに関連付けられているすべての接続されたロボットにハートビートが送信され、すべてのパッケージが使用できるようになります。プロセスの詳細については、こちらをご覧ください。

パッケージ バージョン

パッケージのバージョン管理は、パッケージを Orchestrator または他の独自の場所にパブリッシュする際に Studio で構成します。使用可能なバージョン管理スキーマの詳細については、こちらで Studio の説明をご覧ください。

パッケージ バージョンのリリース ノート、および入力または出力パラメーターは、Orchestrator でアクセスできるように Studio で構成する必要があります。最初に説明した機能を使用すると、開発者はパッケージ バージョン間の変更を追跡できますが、後者では他社製ツールをより適切に連携できます。

パッケージ バージョンには、次のようなステータスがあります。

  • アクティブ - 現在プロセスまたはモダン フォルダーにデプロイされています。
  • 非アクティブ - 現在プロセスまたはモダン フォルダーにデプロイされていません (これらは削除のみが可能です)。

パッケージの移行

To help you migrate packages from one Orchestrator instance to the other with ease, such as from a testing environment to a production one, it is possible to download any version, be it active or not. Please note that this is only possible if you are using an internal feed, and you have View permissions on Packages.
From here, you can upload one or multiple packages to another Orchestrator, by using the Upload button. When uploading such .nupkg archives manually you can also check if there are any existing processes that can be upgraded and perform that action instantly, as described here.

パッケージ エクスプローラー

Studio のデザイナー パネルと同様に [パッケージを確認] オプションを使用すると、パッケージ バージョンの一部である任意の .xaml ファイルをグラフィカルに表現したものを表示し、探索することができます。メインとして設定されたファイルにはそれに応じたラベルが付けられ、すべての依存関係がパッケージのバージョンごとに記載されています。Package Explorer を使用して表示できるのは内部フィードのパッケージのみです。

It is possible to view all the variables, arguments, and imports created for a specific package, exactly like you would in Studio. The properties of an activity are displayed if selected, along with their values, if any. To learn how to view all of these, see Managing Packages.
フローチャートは、標準のワークフロー ダイアグラムと同様に表示されることに注意してください。

18291829

[パッケージを確認] オプションを使用すると、あるパッケージの 2 つのバージョン間の差異を比較することもできます。追加、変更、削除されたワークフロー ファイルが示され、フォルダーや依存関係リストの変更箇所は強調表示されます。バージョン間のワークフロー .xaml ファイルの差異を表示できます。古いバージョンのファイルが左側に表示され、削除されたコンテンツは赤色に、変更されたコンテンツは黄色に、追加されたコンテンツは緑色に、それぞれ強調表示されます。パッケージのバージョンとワークフローを比較する方法については、こちらをクリックしてください。

21342134

フィードの考慮事項

Orchestrator にパブリッシュされたパッケージは、NuGet プロトコル (NuGet、MyGet) を使用する既定の Web アプリに送信されます。 Orchestrator マシン上で、web.config ファイルの NuGet.Packages.Path パラメーターからフォルダー パスを確認することができます。ロボット端末では、UiPath.settings ファイルの NuGetServerUrl パラメーターからこのフォルダー パスを確認することができます。ロボットが Orchestrator に接続していない場合は、パッケージの規定の場所は %ProgramData%\UiPath\Packages となります。

Orchestrator は、この NuGet アプリを使用してパッケージのバージョンを維持します。パッケージをロボット グループにデプロイすると、指定したロボット グループ (%USERPROFILE%\.nuget\Packages フォルダー内) の各ロボットにパッケージが配布されます。

詳細については、「アクティビティ フィードについて」、「ロボット上のオートメーション プロジェクトについて」、「テナント設定を構成する」をご覧ください。

パッケージ権限

[パッケージ] ページでさまざまな操作を行うには、パッケージ上で該当する権限を持っていなければなりません。

  • 表示 - すべてのパッケージ関連の詳細を表示し、アップグレード可能なプロセスを表示し、パッケージを探索およびダウンロードします (これら 2 つは内部フィードも必要です)。
  • 編集 - 現時点では追加の権利を付与しません。
  • 作成 - パッケージを Studio から手動でアップロードまたはパブリッシュします。
  • 削除 - 非アクティブなパッケージを削除します。
    詳細については「ロールについて」をご覧ください。

2 年前に更新



パッケージについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。