通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ライセンスについて

デプロイ時間をレベルし、アクティブ化を 1 か所から簡単に管理できるように、Orchestrator の[ライセンス] ページで、ロボットをホスト レベルとテナント レベルの両方でライセンスできます。ここで、1 回のクリックだけでライセンスのアクティベーション、更新、削除、割り当てを行うことができます。

1 つのテナントに対して個別ライセンスを取得することも、複数のテナントに対して集合的なライセンスを取得することもできます。

テナントあたり 1 ライセンス

この場合、各テナントについて 1 つのライセンスを取得します。この種類のライセンスは、[ライセンス] ページにおいて、テナント レベルでのみ追加できます。詳細については、「ライセンスの管理」ページをご覧ください。

📘

重要

ライセンス ファイルにすべての種類のロボットが含まれる場合、Concurrent ライセンスが Named User ライセンスに優先します。たとえば、ライセンス ファイルに Attended Concurrent ライセンスと Attended ライセンスの両方が含まれる場合は、Orchestrator には Attended Concurrent ライセンスが使用可能なものとして表示されます。

複数テナントあたり 1 ライセンス

1 つのライセンスを使用して、Orchestrator インスタンスで複数のテナントにライセンスできます。複数のライセンスを集約するので、Orchestrator インスタンス内の複数テナントに配布するのに最適です。

この種のライセンスは、ホスト レベルでシステム管理者だけが管理できます。ライセンスは [ライセンス] ページで追加できますが、ライセンスの割り当て[テナント] ページと [ライセンス] ページのどちらでも可能です。
ライセンスを配布するときには、ライセンス総数の制限内に収める必要があることを忘れないでください。さらに、Named User ライセンスを使用するテナントに対しては、そのテナント内に定義されているユーザー数以上のライセンスを割り当てる必要があります。

📘

重要

ライセンス ファイルにすべての種類のロボットが含まれる場合、Concurrent ライセンスが Named User ライセンスに優先します。たとえば、ライセンス ファイルに Attended Concurrent ライセンスと Attended ライセンスの両方が含まれる場合は、Orchestrator には Attended Concurrent ライセンスが使用可能なものとして表示されます。

テナント レベルで [ライセンス] ページを開くには、[ユーザー] メニュー > [ライセンス] を選択します。

ホスト レベルで [ライセンス] ページを開くには、[ライセンス] をクリックします。

ライセンスの手順

通常ライセンスプロセスは、こちらで説明するように、Orchestrator ライセンスをアクティベーションすることから始まります。ホスト レベルでライセンスを管理する場合、Orchestrator ライセンスをして、こちらの説明に従って割り当てます。

その後は、Robot を Orchestrator に接続するだけで、Robot のライセンスをアクティベーションできます。

Studio にライセンスを付与する方法は次の 2 つです。

ライセンスの使用状況

ライセンス付与の効率を最大限に高める余地が残っているかどうかを評価する場合は、[ライセンス] ページの [ライセンスの使用状況] セクションでライセンス履歴データを調べることができます。ここでは、並行して使用されているライセンスの最大数をロボットの種類別に確認できます。ロボットの種類ごとに非表示にしてフィルター処理したり、必要に応じて間隔を調整したりすることができます。

グラフに反映されるのは、使用済みライセンス(ロボットが実行したジョブ)のみであり、ここにロボットの使用状況に関する情報が表示されるまでにかかる時間は一日のみである点にご留意ください。ライセンスを更新または削除した場合でも、データはここに保持され表示されます。詳細についてはこちらをご確認ください。

ライセンスの権限

ライセンス関連のさまざまな操作を実行するには、いくつかの権限が必要となります。

  • ライセンスの編集または作成権限 - ライセンスをアップロードできます。
  • ライセンスの閲覧権限 - [ライセンス] ページの [詳細を確認] ボタンが有効化され、Attended/Studio/StudioX または Unattended/NonProduction のページで、ライセンス済みのロボットの詳細情報を参照できます。ロボットの閲覧権限がない場合は、これらのページの [ロボットを表示] ボタンは有効になりませんのでご注意ください。
  • ライセンスの削除権限 - ライセンスを削除できます。

ライセンスの概念

Named User

この種類のライセンスは Attended および Studio/StudioX ロボットで使用できます。

ユーザーに権限を付与する種類のライセンスです。任意のマシン上で任意の数のロボットを登録できます。ただし、それらすべてのロボットが同じ Active Directory ユーザー名を持つ必要があります。ユーザーは複数のロボットを同時に使用できません。

Concurrent User

この種類のライセンスは Attended および Studio/StudioX ロボットで使用できます。

この種類のライセンスはロボットを実際に使用するときにのみ消費されるため、シフトで勤務するユーザーに役立ちます。

Concurrent ライセンスは、次のような場合にその種類に応じて Orchestrator 内で消費されます。

  • そのロボットが Orchestrator に接続されている
  • UiPath ロボット トレイが実行中である (プロセス実行中のみに限らない)
  • Studio/StudioX が実行中である

これにより、複数のマシンで多数のロボットを定義することができますが、ロボットを Orchestrator に同時に接続するユーザーの最大数がたとえば 50 だとすると、ある特定の時点で使用するライセンスは 50 のみです。

Concurrent Runtime

この種類のライセンスは、Unattended、NonProduction、および Testing ライセンスが適用されるマシンでのみ使用されます。

マシンがオンラインで Orchestrator に接続されている時は、Orchestrator への接続に使用されるマシン テンプレートのランタイムの最大数に等しい数のライセンスが消費されます。このランタイムは、特定のマシンで同時に実行できるロボットの最大数を表し、手動でカスタマイズできます。

Windows ワークステーションで一度に実行できるバックグラウンド プロセスは 1 つのみであるため、割り当てるランタイムは 1 つに留めることをお勧めします。

Windows Server では、プロセスを同時に実行するロボットを複数設定できるため、より多くのランタイムを割り当てることができます。

📘

注:

マシンに定義するロボット数はそのマシンに割り当てられているランタイム数より多くてもかまいません。

ロボット ライセンスの種類

Attended

Attended Named User - ユーザーは、そのユーザーが定義されているマシンの台数に関係なく、Orchestrator 内で定義されている場合にライセンスを消費します。ただし、このユーザーは一度に複数のマシンから接続することはできません。これは Active Directory ユーザーの場合のみ可能です。ローカル ユーザーが存在する場合、それぞれのユーザーがカウントされ、ライセンスが消費されます。

たとえば、1 台のマシン上に 10 人のユーザーが存在しており、すべてのユーザーが Orchestrator 内で Attended ロボットとして定義されている場合は、 Attended ライセンスが 10 消費されます。10 台の異なるマシン上に同一のユーザーが定義されている場合は、1 ライセンスのみが消費されます。

[Attended] ページには、Orchestrator 内でロボットとして定義されているすべてのユーザー名が表示されます。また、最後のログイン日時、ユーザーが割り当てられているマシンの台数、およびユーザーが現在接続されているかどうかも表示されます。[ロボットを表示] ボタンをクリックすると、特定のユーザー名で定義されている全ロボットのリストを表示できます。

Studio / StudioX / Studio Pro

Studio、StudioX、または Studio Pro ライセンスは Attended ライセンスと同様に機能しますが、Studio、StudioX、または Studio Pro を Orchestrator に接続するアクセス権のみが付与されます。Studio、StudioX、Studio Pro を使用する権限は、ローカル ライセンスを使用するか、Orchestrator に接続することで付与されます。

Studio、StudioX、または Studio Pro がローカルでライセンスされている場合、Orchestrator でロボットを作成するときに [スタンドアロン ライセンス] チェック ボックスを選択している限り、Orchestrator のライセンス プールから追加のライセンスは消費されません。

Active Directory ユーザーの場合に対してのみ Studio、StudioX、または Studio Pro から Orchestrator への接続が機能します。ローカル ユーザーがいる場合、各ユーザーがカウントされ、ライセンスを消費します。

📘

重要

同じ Active Directory ユーザー名を持つ Studio/StudioX ロボットで複数のジョブを開始することはできませんが、異なる端末ではできます。その場合、1 台のロボットのみが指示されたジョブを実行します。

Unattended または NonProduction

このライセンス モデルでは、プロセスを同時に実行できる Unattended/NonProduction ロボットの最大数をカウントします。この数は、すべてのオンラインのマシンに割り当てられるランタイムの総数で指定されます。ライセンスは、すべてのマシンに分配できます。

テスト

Testing ライセンスは Unattended ライセンスと同様に機能しますが、テストを同時に実行できる Testing ロボットの最大数がカウントされます。この数は、すべてのオンラインのマシンに割り当てられるランタイムの総数で指定されます。ライセンスは、すべてのマシンに分配できます。

利用可能な数以上のランタイムを割り当てることはできません。たとえば、利用可能なランタイムが 4 残っていて、既に 2 ランタイムが 1 台のマシンに割り当てられている場合、そのマシンに割り当てられるランタイムは最大 6 です。

[ライセンス] ページには、すべてのオンライン マシンで利用できるランタイムの総数が表示されます。Robot サービスが開始するとすぐに、マシンはライセンスを消費します。ライセンスがすぐに消費されるのを防ぐには、該当する [ライセンス] ページでマシンを無効にします。無効になったマシンでは Studio も Robot も使用できないため、注意が必要です。
また、無効化されたマシンは、 [ロボット] ページに次のように表示されます。

マシンには任意の数のランタイムを割り当てることができます。これにより、UiPath Robot サービスがそのマシン上で実行中の場合に消費される Unattended/NonProduction ライセンスの数が決定されます。マシン上で定義されたロボットの数とランタイムの数に依存関係はまったくありません。

📘

重要

古いバージョンから v2018.2 に更新する際に高密度ロボットが設定されている場合、マシンごとのランタイム数はそのマシン上のロボットの合計数ではなく、自動的に 1 に設定されます。

たとえば、5 台のロボットが定義されているマシンにランタイムを 3 割り当てた場合、消費されるライセンス数は 3 です。そのマシンで 5 つのジョブを実行する場合、またはすべてのロボットをスケジュールする場合は、以下の事象が発生します。

  1. 3 つのジョブが最初の 3 台のライセンス済みロボットで実行されます。
  2. 残り 2 台のライセンスされていないロボットが保留中ステートになります。
  3. 最初の 3 台のロボットがそれぞれのライセンスを解放します。
  4. 残りの 2 台のロボットがライセンスされ、割り当てられたジョブを実行します。

マシン上に Unattended/NonProduction ロボットが 1 台のみ定義されており、そのマシンにランタイムを 30 割り当てた場合は、そのマシンがオンラインになると 30 ライセンスが消費されます。

Windows ワークステーション上に 10 人のユーザー (ロボット) が存在する場合、一度に実行できるプロセスは 1 つのみであり、ランタイム数は既定値である 1 のままにする必要があります。複数のランタイムを Windows ワークステーションに割り当てて、複数のジョブを同時に実行しようとすると、例外がスローされます。

UiPath Robot サービスが特定のマシンで実行中の場合、そのマシンはライセンス済みとして表示されます。利用できるライセンスがない場合は、そのマシンはライセンスされません。

[Unattended] または [NonProduction] ページには、ロボットが Unattended として定義されているすべてのマシンが表示されます。また、割り当てられたランタイムの数、定義されたロボット数と実行中のロボット数、およびマシンのライセンス ステータスも表示されます。さらに、マシンに割り当てられたランタイムの数を編集したり、そのマシンで定義されているロボットのリストを表示したりすることもできます。

📘

重要

マシンがオンラインであってもライセンスされていない場合は、マシンは各ハートビートでランタイムを取得しようとします。

対応機能に関する考慮事項

v2018.3 の Orchestrator における v2016.2 のロボットによるライセンスの取得はサポートされていません。

v2018.4 Orchestrator と v2017.1 Robot を使用している場合、Attended ロボットには以下の制限が適用されます。

  • 各ロボットは [ロボット] ページでライセンス済みとしてマークされません。これは表示のみの問題です。
  • 複数のマシンに同一の Active Directory ユーザーが存在する場合、複数の Attended ロボットを同時に実行することはできません。

ライセンスの有効期限

有効期限アラート

既定では、ライセンスの有効期限日の 180 日、90 日、30 日、14 日、7 日、および 1 日前に受信します。これらの値は、web.configSystemJobs.LicenseExpirationAlert.DaysBefore パラメーターで設定します。詳細についてはこちらをご覧ください。

ホスト レベルでは、複数テナントにわたって 1 つのライセンスを配布している場合、このメール アラートが送信されるのはシステム管理者のみです。テナント レベルでは、ライセンスの閲覧権限を持つすべてのアクティブ ユーザーに通知が送られます。メールはユーザーごとにローカライズされます。

猶予期間

ライセンスの有効期限が切れると、猶予期間が与えられます。この期間中に、操作を中断することなくライセンスを更新できます。ログオン時に、ライセンスの有効期限が切れたことと、猶予期間の長さを知らせる通知が表示されます。

[OK] をクリックして通知を閉じて、通常どおり作業を続けることができます。所定の猶予期間が終了すると、Orchestrator のライセンスは期限が切れ、動作しなくなります。

🚧

重要:

2019.10 よりも古いバージョンからアップグレードまたは移行した後に、「ライセンスをアクティベーションする」に記載された手順でライセンス情報を更新しなかった場合、猶予期間は適用されません。

8 か月前に更新



ライセンスについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。