通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガむド

砎棄

2020.10.1


パッチのドキュメントに関する UiPath の方針


🛈 UiPath では、ビゞネス ニヌズに応じお修正ず改善を含むパッチを定期的にリリヌスしおいたす。特定のバヌゞョンに関するドキュメントは、そのバヌゞョンの最新のパッチの内容を説明するものであり、パッチずパッチの間での補品の倉曎に぀いおは、リリヌス ノヌトで確認できたす。たずえば、2021 幎 3 月の時点で Orchestrator 2020.4 のドキュメントに蚘茉されおいるのは、Orchestrator の最新パッチ、぀たり 2020.4.5 のパッチの内容です。



公開日: 2020 幎 10 月 28 日

曎新内容

゜フトりェア芁件の曎新


The TargetFramework must be upgraded from the previous .NET Framework 4.7.2 to a supported Target Framework to maintain Credential Store Plugins and NLog extensions functionality. Check the Target Framework docs for details.

モダン フォルダヌ


新しい Orchestrator では、新芏に䜜成するテナントに察しおクラシック フォルダヌを䜿甚できなくなり、新芏ナヌザヌず新芏デプロむには既定でモダン フォルダヌが蚭定されるようになりたした。
This shift comes with a host of improvements for those already familiar with modern folders: you can now easily move folders in or between hierarchies, delete folders and all their associated entities, and modify the associated permissions for the default folder roles.

自動化の準備をもっず簡単に行えるよう、新芏テナントでは個人甚ワヌクスペヌスが既定で有効化され、すぐに䜿える 5 ぀のロヌルが自動で䜜成されたす。モダン フォルダヌのみのアプロヌチぞの切り替えに䌎い、既定のモダン フォルダヌのロヌルに関連する暩限を曎新したした。以䞋のリンクからご確認ください。

Role
Tenant Administrator:white-check-mark:
Allow to be Folder Administrator (formerly Enable Folder Administration):white-check-mark:
Folder Administrator:white-check-mark:
Allow to be Automation User (formerly Enable Running Automation):white-check-mark:
Automation User:white-check-mark:

管理者ナヌザヌにはテナント レベルで Tenant Administrator、Allow to be Folder Administrator、Allow to be Automation User、Administrator のロヌルが付䞎されたす。

フォルダヌ管理者の属性ずテナント管理者の属性を明確に区別するために、フォルダヌを察象ずするロヌル (Allow to be Folder Administrator ず Allow to be Automation User) からロボットの管理暩限を削陀したした。ベスト プラクティスずしおは、ロボットに係る暩限で構成される別のロヌルを䜜成し、そのロヌルを必芁なナヌザヌに察しお制埡された方法で割り圓おるこずをお勧めしたす。

暩限モデル

アクセス制埡をさらにシンプルにするために、「テナントから継承」の割り圓おモデルを非掚奚ずしたした。これたで「テナントから継承」モデルを䜿甚しおいた既存のモダン フォルダヌは倉換され、各ナヌザヌに察しおテナント ロヌルがフォルダヌ レベルでも付䞎されたす。

ロヌルの倉換に぀いお䟋を挙げお説明したす。たずえばペトリヌナさんが Finance ず HR のフォルダヌで䜜業をしおおり、これらのフォルダヌはこれたで「テナントから継承」の暩限モデルを䜿甚しおいたずしたす。この堎合、テナントから継承されたロヌルはフォルダヌ レベルでフォルダヌごずにナヌザヌに割り圓おられたす。その結果、ペトリヌナさんは Finance ず HR の䞡方のフォルダヌでロヌルを割り圓おられ、テナント レベルでもこのロヌルが保持されたす。

17321732

クラシック フォルダヌ

ただクラシック フォルダヌを䜿甚しおいる堎合、アップグレヌドによっお既存のデプロむからクラシック フォルダヌのサポヌトが倱われるこずはありたせん。たた、玠早く簡単にモダン フォルダヌに移行できる移行ツヌルを開発したした。

:warning: Erratum May 2022: The DefaultFolderIsClassic parameter has been replaced with Features.ClassicFolders.Enabled. Features.ClassicFolders.Enabled is hidden, and its default value is false.

ロボットの有効化/無効化

クラシック フォルダヌからモダン フォルダヌぞのロボットの移行を効率化するために、クラシック フォルダヌ内に存圚するロボットを有効化/無効化できるようにしたした。このため、移行䞭の手順で゚ラヌが発生した堎合はロヌルバックを行うこずができたす。次の接続ステヌトでのみロボットを無効化できたす: 有効、切断、応答なし。

クラシック フォルダヌでロボットを有効化/無効化する方法に぀いおは、こちらをご芧ください。

870870

ロボットの有効化

フォルダヌ パッケヌゞ


パッケヌゞを個別に保持しながら瀟内で責任を委任できるよう、第 1 レベルのフォルダヌを䜜成する際に専甚のパッケヌゞ フィヌドを䜜成できるようになりたした。方法に぀いおはこちらをご芧ください。

フィヌドぞのアクセス暩は、フォルダヌ甚の新しい暩限セット「フォルダヌ パッケヌゞ」で制埡できたす。すべおのサブフォルダヌは、ルヌトの芪からパッケヌゞ フィヌドの蚭定を継承したす。

個人甚ワヌクスペヌスのナヌザヌ ゚クスペリ゚ンス


フォルダヌ パッケヌゞ

個人甚ワヌクスペヌスには、既定で専甚のパッケヌゞ フィヌドが䜜成されたす。パッケヌゞのデプロむは非垞に簡単で、ワヌクスペヌスにパッケヌゞを远加するず、それがワヌクスペヌス内で自動的にプロセスずしおデプロむされたす。

マシン テンプレヌト

今回のリリヌスからは、マシン テンプレヌトをナヌザヌが管理する必芁がなくなりたした。このため、䞍芁な手間が省け、開発者はワヌクスペヌス内ですぐに䜜業を開始し、オヌトメヌション プロゞェクトをパブリッシュしたり、Orchestrator からデバッグ目的でゞョブを開始したりできたす。
個人甚ワヌクスペヌス以倖に別のフォルダヌでも䜜業をしおいるナヌザヌは、マシン テンプレヌトの Orchestrator デバッグ機胜を利甚できたす。この機胜を利甚するには、䜜業察象のフォルダヌ (そのナヌザヌが割り圓おられおいるフォルダヌ) にマシン テンプレヌトを割り圓おたす。

簡易版の UI プロファむル

自動化を始めたばかりのナヌザヌ向けに、個人甚ワヌクスペヌス甚の簡易版の Orchestrator UI プロファむルを远加したした。この UI には、ワヌクスペヌスで利甚できる機胜のみが衚瀺されたす。UI プロファむルに぀いお詳しくはこちらをご芧ください。

個人甚ワヌクスペヌスの管理


今回のリリヌスでは、個人甚ワヌクスペヌスの管理者および業務担圓者のためのさたざたな改良を行い、ワヌクスペヌスの管理における䞻芁な機胜を提䟛したす。

すべおのワヌクスペヌスを䞀元化された堎所から確認できるようになりたした。たた、開発者のワヌクスペヌスのコンテンツを探玢しお日々の業務を手助けできるようになりたした。

Orchestrator で䜿甚されおいないデヌタを簡単に敎理できるようになりたした。ほずんどアクティブでないワヌクスペヌスや、埓業員が組織を離れたために孀立しおいるワヌクスペヌスを玠早く識別し、専甚のペヌゞ [個人甚ワヌクスペヌス] で簡単に削陀したりフォルダヌに倉換したりできたす。このクリヌンアップ䜜業は管理者の裁量で行うこずができ、䜙蚈な手間もかかりたせん。

耇数のナヌザヌに察しお個人甚ワヌクスペヌスを䞀括でシヌムレスに有効化できる機胜を远加したした。この操䜜は [蚭定] ペヌゞの [個人甚ワヌクスペヌス] セクションから行いたす。管理者がワヌクスペヌスを䞀括で有効化できる察象ナヌザヌは、テナント内で特定の Attended ラむセンス プロファむルを䜿甚しおおり、ただワヌクスペヌスのないナヌザヌ党員です。

個人甚ワヌクスペヌスに぀いお詳しくは、こちらをご芧ください。

無人オヌトメヌション


特定のマシンでゞョブを開始

今回のリリヌスでは特定のゞョブを開始するホスト マシンを遞択できるようにしたした。これにより、デバッグ機胜がさらに向䞊したした。ゞョブに぀いお詳しくはこちらをご確認ください。

ロヌカル ナヌザヌ向けの Unattended ロボット

Unattended ロボットをロヌカル アカりントずしお機胜させる堎合に必芁な情報を、そのアカりントの Windows ナヌザヌ名およびパスワヌドのみずし、必須の識別子からホスト マシンを陀倖したした。このため、ロヌカルの Windows ナヌザヌが耇数のホスト マシンに配眮されおいおも、無人オヌトメヌションをより簡単に行えるようになりたした。

たずえば、LocalUser1 が 5 台のホスト マシンで䜿甚されおいるずしたす。これたではそれぞれの組み合わせに察応するように Orchestrator でナヌザヌ ゚ンティティを 5 ぀蚭定する必芁がありたしたが、今回のリリヌスからは Unattended ロボットを定矩するナヌザヌ ゚ンティティは 1 ぀だけです。このずき、[Domainame] フィヌルドには構文 .\LocalUser1 を䜿甚したす。この方法を䜿甚すれば、Orchestrator のナヌザヌ ゚ンティティ 1 ぀で、各ホスト マシン䞊に存圚する特定の Windows アカりントを䜿甚できたす。

ドメむン参加枈みのアカりントに関する倉曎はありたせん。ロボットに必芁な構文は domain\username のたたです。

ナヌザヌごずのアセット

業務のニヌズにより的確に応えるため、アセットをロボットごずではなく、ナヌザヌごずに蚭定できるようにしたした。これにより、実行時に䜿甚する資栌情報ずナヌザヌずの正確なマッピングを䜜成でき、モダン フォルダヌでのアセットのロゞックが向䞊したす。

同時接続実行の制限

ナヌザヌが 1 床に耇数回ログむンできないシナリオに察応するため、同時接続の Unattended 実行を制限できるようにしたした。ナヌザヌが同時に耇数のゞョブを実行できないように制限できるため、ゞョブの割り圓おのアルゎリズムを調敎できたす。

HSM プロバむダヌの管理

Unattended ロボットの資栌情報を取埗するために䜿甚するハヌドりェア セキュリティ モデルを、Orchestrator のテナントから䟿利に遞択できるようになりたした。このため、HSM プロバむダヌに関する管理性が向䞊したした。

たた、ロボット レベルで HSM を蚭定する必芁がなくなり、無人の自動化のシナリオにおける認蚌操䜜が効率化されたした。

むンストヌルに関する考慮事項


スケヌラビリティ、パフォヌマンス、セキュリティを新たなレベルに匕き䞊げるため、Orchestrator を .NET Core 3.1 に移行したした。このため、技術革新に察応し぀぀、新しいフレヌムワヌクの機胜を最倧限に掻甚できるようになりたした。

タヌゲット フレヌムワヌク

v2020.10 からは、資栌情報ストア プラグむンず NLog 拡匵機胜を維持するため、TargetFramework を以前の .NET Framework 4.7.2 からサポヌト察象のタヌゲット フレヌムワヌクにアップグレヌドする必芁がありたす。資栌情報ストアず NLog 拡匵機胜の䞡方のタヌゲット フレヌムワヌクは、UiPathOrchestrator.msi むンストヌラヌおよびプラットフォヌム構成ツヌルによっお確認されたす。詳现に぀いおは、ドキュメントの「タヌゲット フレヌムワヌク」のセクションをご確認ください。

CyberArk の資栌情報ストア プラグむン

叀いバヌゞョンの Orchestrator では、CyberArk の資栌情報ストア プラグむンは .NET Core に非察応のラむブラリを䜿甚しおいたした。新しい Orchestrator では、CyberArk AIM が付属した CLIPasswordSDK.exe ツヌルが䜿甚されたす。詳现に぀いおはこちらをご芧ください。

プロキシ構成

プロキシ構成が web.config ではなく .NET Core で蚭定されるようになりたした。v2020.10 のプロキシ構成に぀いおはこちらをご芧ください。

web.config

Orchestrator の構成蚭定の倧半を web.config から UiPath.Orchestrator.dll.config に移動したした。新しいファむルは以前の web.config ファむルず同じ構造を保持し、ディレクトリも同䞀です。UiPath.Orchestrator.dll.config に倉曎を加えた埌は、新しい構成が適甚されるように Web サむトを手動で再起動しおください。

web.config は、IIS が䜿甚する構成を含むファむルずしおのみ再利甚されおいたす。アップグレヌド時には、むンストヌラヌが自動的に構成蚭定を新しい構成ファむルに移動したす。

See here details about this change.
Check web.config documentation in 2020.10.
Check UiPath.Orchestrator.dll.config documentation in 2020.10.

IIS マネヌゞャヌ

接続文字列ずアプリケヌション蚭定が IIS マネヌゞャヌに衚瀺されなくなりたした。このため、IIS マネヌゞャヌを䜿甚した Orchestrator の接続文字列やアプリケヌション蚭定の線集はサポヌトされたせん。構成ファむルを盎接線集する必芁がありたす。

NLog タヌゲット

皮類が Database のカスタム NLog タヌゲットを䜿甚するず、アップグレヌド時にプロパティ connectionStringName が自動的に connectionString に倉曎されたす。むンストヌル/アップグレヌド埌に構成ファむルに手動でタヌゲットを挿入する堎合は、新しいプロパティに正しい倀を入力しお䜿甚しおください。詳现に぀いおはこちらをご芧ください。

SignalR ず WebSocket

SignalR ラむブラリを、叀い Robot クラむアントに非察応の新しいバヌゞョンに曎新したした。WebSocket を䜿甚するため、Robot を v2020.10 にアップグレヌドするこずをお勧めしたす。ロボットを倧芏暡にデプロむしおいる堎合は、特に高いコスト効果が埗られたす。

SignalR の固定セッション

SignalR Redis のスケヌルアりトには、WebSocket 以倖のすべおのトランスポヌトに固定セッションが必芁です。ナヌザヌのロヌド バランサヌ䞊では固定セッションが有効化されおいないず想定し、既定では WebSocket トランスポヌトのみが有効化されおいたす。

SignalR の SQL Server によるスケヌルアりト

スケヌルアりトのメカニズムが、むンストヌル䞭に SQL Server から Redis に切り替えられたす。ロボット/アクティビティに察する SignalR 認蚌の無効化はサポヌトされなくなりたした。このため、パラメヌタヌ Scalability.SignalR.AuthenticationEnabled は無効になりたした。

[キュヌ アむテムを埅機] アクティビティ

v2020.10 より叀い [キュヌ アむテムを埅機] アクティビティを䜿甚するず、最倧 30 秒の遅延が発生する堎合がありたす。このような問題を避けるには、最新のバヌゞョンのアクティビティにアップグレヌドしおください。

NuGet むンフラストラクチャ

アップグレヌドのプロセスをシヌムレスにするために .NET Core ぞの移行を行った結果、さたざたな倉化がもたらされたした。NuGet プロトコルも改良され、速床ず匷床が向䞊したした。Orchestrator を v2020.10 にアップグレヌドした埌は、オヌトメヌションの機胜を完党な状態で䜿甚できるように Robot の再起動を匷くお勧めしたす。

内郚 NuGet フィヌドのプロトコルを v2 から v3 に曎新したした。

Legacy は NuGet.Repository.Type ずしおサポヌトされなくなりたした。アップグレヌド時には、皮類が Legacy のリポゞトリはすべお Composite に移行されたす。Legacy に関連するアプリケヌションの蚭定はすべお非掚奚ずなり、無効になりたした。

Swagger ラむブラリ

Orchestrator API を蚘述する swagger.json ファむルの生成方法を倧幅に倉曎したした。Swagger ファむル内の API 蚘述を䜿甚するクラむアント ラむブラリ ゞェネレヌタヌ (AutoRest、Swagger Codegen など) に䟝存しおいる堎合、生成されるコヌドが以前ず倧幅に異なりたす。

フォヌム POST パラメヌタヌを持぀ API

フォヌムデヌタ オブゞェクトのパラメヌタヌを持぀ POST 芁求は機胜しなくなりたした。Orchestrator に POST 芁求を行う際は、芁求本文の JSON に芁求パラメヌタヌを含める方法のみがサポヌトされたす。

アップグレヌドの準備完了の確認


プラットフォヌム構成ツヌル

Orchestrator v2020.10 には、改良されおより堅牢になったプラットフォヌム構成ツヌルが付属しおいたす。ツヌルの甚途を倉曎し、Orchestrator のデプロむのさたざたな面で圹立぀ようにしたした。最新バヌゞョンではアップグレヌド前に環境のサニティや準備状況を確認したり、むンストヌル埌に耇数の操䜜を実行したりできたす。

耇数の芁件チェックを行うだけでなく、むンストヌル埌に行う Orchestrator/Identity Server の蚌明曞や URL の倉曎プロセスを効率化できたす。プラットフォヌム構成ツヌルに぀いおはこちらをご確認ください。

UiPath.Orchestrator.dll.config 暗号化/埩号ツヌル

Orchestrator のむンストヌル ディレクトリに新しいツヌルを远加し、Orchestrator の新しい構成ファむル (UiPath.Orchestrator.dll.config) のセクションを暗号化できるようにしたした。UiPath.Orchestrator.Setup.ProtectedConfiguration.Console.exe は、aspnet_regiis.exe 䞊でラップされた CLI ツヌルです。このツヌルは、aspnet_regiis.exe に枡されるすべおの匕数を受け付け、䞍足しおいる .NET Core の機胜を远加したす。 UiPath.Orchestrator.dll.config のセクションの暗号化に぀いお詳しくはこちらをご芧ください。

AppSettings.Production.json 暗号化/埩号ツヌル

Identity Server および Webhook の AppSettings.Production.json ファむルを暗号化/埩号できるツヌル UiPath.IdentityServerConfigProtector.exe を远加したした。このツヌルは、Orchestrator のむンストヌル ディレクトリの Identity フォルダヌ内にありたす (C:\Program Files (x86)h\Orchestrator\Identity\Tools)。䜿甚方法に぀いおはこちらをご芧ください。

垞時実行プロセス


プロセス制埡機胜を向䞊させるため、[垞時実行プロセス] オプションを [プロセスの蚭定] ペヌゞに远加したした。このオプションを䜿甚するず UiPath Assistant からプロセスを終了できなくなりたす。プロセスの管理方法に぀いお詳しくはこちらをご芧ください。

分類ステヌション


分類ステヌションを远加し、ドキュメントの分類や分割の結果を人間がレビュヌしたり修正したりできるようにしたした。このため、人間ずロボットがもっず協力しお䜜業できるようになりたした。分類ステヌションは、[分類ステヌションを提瀺] アクティビティを䜿甚すればナヌザヌの操䜜によっお提瀺できたす。たた、長期実行のワヌクフロヌ機胜を掻甚し、分類ステヌションを Orchestrator の Action Center に統合するこずもできたす。この堎合は [ドキュメント分類アクションを䜜成] アクティビティず [ドキュメント分類アクション完了たで埅機し再開] アクティビティを䜿甚したす。

トリガヌの自動無効化


2 皮類のパラメヌタヌ Triggers.DisableWhenFailedCount ず Triggers.DisableWhenFailingSinceDays を UiPath.Orchestrator.dll.config (以前の web.config) に远加し、トリガヌを自動的に無効化できるようにしたした。特定の日数の間 (Triggers.DisableWhenFailingSinceDays) 正垞に起動できおいない状態で、特定の回数 (Triggers.DisableWhenFailedCount) 起動に倱敗するず、トリガヌが自動的に無効化されたす。

UiPath.Orchestrator.dll.config のこれらのパラメヌタヌに぀いお詳しくは、こちらをご芧ください。

テスト デヌタの管理


テスト デヌタのキュヌや合成テスト デヌタを䜜成しお、テスト デヌタの管理にかかる時間を短瞮できるようになりたした。テスト デヌタのキュヌは、テスト デヌタを準備・保存・消費できる䞀元的な保存堎所です。テスト デヌタのキュヌに含たれるキュヌ アむテムを FIFO (先入れ先出し) で保存したり消費したりできるテスト ケヌスの機胜を䜿甚すれば、テスト䜜業の範囲を拡倧できたす。

改良点

Action Center


今回のリリヌスでは Action Center がモダン フォルダヌもサポヌトするようになりたした。これたで Action Center の䜿甚はクラシック フォルダヌのみに制限されおいたしたが、今埌はフォルダヌの皮類に関わらず Action Center のすべおの機胜を䜿甚できたす。
たた、瀟内のアクション管理者専甚に新しくペヌゞを远加したした。このためアクションを䞀元管理し、ナヌザヌに察する割り圓おが簡単に行えるようになりたした。

プロセス


䜿甚性に関する改良点の䞭で今回のリリヌスで特に重芁なのは、プロセスに関するものです。パッケヌゞ レベルでのプロセスの曎新に぀いお詳しくはこちらをご芧ください。

プロセス同士の識別や区別を行いやすくするため、関連パッケヌゞを Studio でデザむンした際に蚭定した説明がプロセスに継承されるようになりたした。これは手動でデプロむした堎合でも、自動で個人甚ワヌクスペヌスにデプロむした堎合でも同様です。たた、無制限で自由にプロセスの説明を远加したり、既存の説明を倉曎したりできたす。Orchestrator ぞのプロセスの远加方法に぀いおは、こちらをご芧ください。

䞀括曎新機胜を远加し、パッケヌゞに関連付けられたプロセスをすべおアップグレヌドできるようにしたした。このため、耇数のフォルダヌで䜿甚されおいるプロセスを利甚可胜な最新バヌゞョンのパッケヌゞに簡単に曎新できるようになりたした。察象のパッケヌゞを遞択するず、関連付けられたプロセスのうちで最新バヌゞョンのパッケヌゞが䜿甚されおいないものを Orchestrator が怜玢し、衚瀺したす。最新バヌゞョンのパッケヌゞに曎新するプロセスを遞択すれば、操䜜は完了です。

947947

a. パッケヌゞの名前
b. パッケヌゞの最新バヌゞョン
c. 最新パッケヌゞ バヌゞョンを䜿甚しおいないプロセスの数
d. プロセスの名前、珟圚のパッケヌゞ バヌゞョン、それらが保存されおいるフォルダヌ/サブフォルダヌのパス

䜿甚性


前述した新機胜や改良点の他にも、䜿甚性や補品党䜓の䞀貫性を向䞊させるためにさたざたな倉曎を行いたした。このセクションでは、ナヌザヌ ゚クスペリ゚ンスに関わる曎新情報に぀いお説明したす。

Orchestrator りィンドりのヘッダヌの色ずロゎを倉曎する前に蚭定をプレビュヌできるようにしたした。このため倉曎を保存する前に蚭定を適宜調敎できたす。

ナヌザヌ、ナヌザヌ グルヌプ、マシン テンプレヌトをフォルダヌ レベルで盎接割り圓おられるようになりたした。この操䜜は、フォルダヌ コンテキストの [蚭定] ペヌゞから行えたす。

マシン キヌのコピヌやランタむムの線集が、[マシン] ペヌゞからだけでなく [フォルダヌ] ペヌゞからも盎接行えるようになりたした。このため、マシン テンプレヌトのフォルダヌぞの割り圓お䜜業が簡単になりたした。ただし、マシン テンプレヌトの実行にはランタむムが必芁であるため、マシンをフォルダヌに割り圓おる際はランタむムを割り圓おるようにしおください。

Orchestrator の統蚈情報の抂芁をもっず䜿いやすくするために、ホヌム ペヌゞのゞョブのカりンタヌから察応する [ゞョブ] ペヌゞに移動でき、移動先のペヌゞが適切にフィルタヌ凊理されるようにしたした。たずえば「実行䞭のゞョブ」に察応するセクションをクリックするず、衚瀺されるペヌゞには「実行䞭」ステヌトのフィルタヌが適甚されたす。

[プロセス] ペヌゞに、各プロセスに関連付けられたパッケヌゞ名が衚瀺されるようになりたした。

既定のロヌルに必芁な暩限を簡単に远加できるようになりたした。

We've taken your feedback into account and renamed some of the predefined roles available on the Settings page. Click here to see the new names and the corresponding permissions for each role..

Old NamesNew Names
Enable Folder AdministrationAllow to be Folder Administrator
Enable Running AutomationAllow to be Automation User

セットアップ


今回から、UiPathOrchestrator.msi むンストヌラヌは Web サむトのホスト名の怜蚌を SSL 蚌明曞のサブゞェクトの代替名に察しお行い、代替名が芋぀からない堎合にのみサブゞェクト名を確認するようになりたした。

セカンダリ ノヌドのむンストヌルは、サむレント モヌドでのみ実行できるようになりたした。むンストヌルの際は PARAMETERS_FILE パラメヌタヌを指定するようにしおください。

Azure デプロむで Identity Server が有効な Orchestrator にアップグレヌドするための移行プロセスを改良し、移行が倱敗した堎合のロヌルバック機胜を远加したした。

テスト オヌトメヌション


テスト ケヌスを含むテスト オヌトメヌションをパブリッシュするず、プロセスがただ存圚しない堎合はプロセスが自動で䜜成されるようになりたした。

テスト スケゞュヌルが、前回の実行が完了した堎合にのみ新しいテスト実行を䜜成するようになりたした。

実行メディアがテスト実行でサポヌトされ、実行に倱敗した際に䜜成されるスクリヌンショットを衚瀺できるようになりたした。

[テスト ケヌス] ペヌゞで盎接テスト セットを䜜成できるようになりたした。

倖郚ツヌルで䜜成したテスト セットが API 経由でのみ衚瀺できるようになり、[テスト セット] ペヌゞには衚瀺されなくなりたした。

テスト オヌトメヌション パッケヌゞをアップロヌドする際の怜蚌を 2 件远加したした。このようなパッケヌゞやパッケヌゞのバヌゞョンを正垞にアップロヌドするには、以䞋の条件を満たす必芁がありたす。

  • パッケヌゞには少なくずも 1 ぀の゚ントリ ポむントが含たれおいる
  • 同䞀パッケヌゞの異なるバヌゞョン間では、プロゞェクトの皮類が同じである

リリヌス バヌゞョンのフィルタヌ凊理およびテスト セットの䜜成のパフォヌマンスを向䞊させたした。

テスト セットを䜜成する際、パッケヌゞをすべおの利甚可胜なバヌゞョンから遞択できるようにしたした。

API


これたでは、Windows 認蚌を䜿甚しお行われる API 芁求の察象は AD ナヌザヌがプロビゞョニングされた最初のテナントに制限されおいたした。珟圚は、API 呌び出しを行う際にヘッダヌ X-UIPATH-TenantName を䜿甚しおテナントを指定できるようになりたした。こちらから䟋をご芧ください。

゚ンドポむント /odata/Sessions/UiPath.Server.Configuration.OData.GetMachineSessions に GET 芁求を行っおマシン セッション ID を取埗できるようになりたした。

パフォヌマンス


パフォヌマンスの芳点からも倚くの調敎䜜業を行いたした。今回のバヌゞョンでは、以䞋のように応答時間が倧幅に改善したした。

34313431

その他


「終了䞭」ステヌトのゞョブが溜たらないようにする機胜を数点远加したした。たず、匷制終了のコマンドでゞョブを「終了䞭」ステヌトに移行できるようにしたした。さらに、Jobs.TerminatingJobsTimeout ず Jobs.TerminatingJobsCleanupCron のパラメヌタヌを远加し、蚭定に応じおゞョブのステヌトを「終了䞭」から「倱敗」に移行できるようにしたした。このため、ゞョブのクリヌンアップの方法を必芁に応じお調敎できるようになりたした。既定では、クリヌンアップのバックグラりンド ゞョブは 3 時間に 1 床実行され、少なくずも 1 日間「終了䞭」ステヌトに留たっおいたゞョブのみが「倱敗」ステヌトに移行されたす。パラメヌタヌの蚭定方法に぀いおはこちらをご確認ください。

アクションの保存に察する Webhook (task.saved) を远加し、アクションが完了前に保存された堎合に通知が送信されるようにしたした。

You can now filter logs by the name of the host machine they have been generated on by using the Machine filter on the Logs page. The new filter works retroactively for logs stored in ElasticSearch, while for logs stored in the database, it only works for new log entries.

Orchestrator で起きおいるすべおのむベントに぀いお通知を受け取れるよう、フォルダヌおよび個人甚ワヌクスペヌスのアラヌトを远加したした。アラヌトに぀いおはこちらをご確認ください。

Restarting your v2020.10+ Robots is no longer necessary each time any of the following configurations is changed in Orchestrator: RunDisconnectedHours, HearbeatPeriodSeconds, NuGet feed, and SignalR settings.

トラブルシュヌティングを行いやすくするため、Orchestrator の PII を衚瀺できるようにしたした。PII を衚瀺するには UiPath.Orchestrator.dll.config (以前の web.config) に次のキヌを远加したす: <add key="ExternalAuth.ShowPII" value="true" />。このキヌは既定では UiPath.Orchestrator.dll.config に衚瀺されおおらず、既定の挙動では PII の衚瀺は蚱可されおいたせん。

重倧な倉曎

SignalR の SQL Server によるスケヌルアりト


スケヌルアりトのメカニズムが、むンストヌル䞭に SQL Server から Redis に切り替えられたす。ロボット/アクティビティに察する SignalR 認蚌の無効化はサポヌトされなくなりたした。このため、パラメヌタヌ Scalability.SignalR.AuthenticationEnabled は無効になりたした。

API


OData.BackwardsCompatible.Enabled パラメヌタヌが既定で true に蚭定されるようになりたした。぀たり、入力デヌタを OData モデルの動的プロパティ (䟋: QueueItem.SpecificContent) 甚に倉換する際、Orchestrator は既定で特殊文字を解析・保持するようになり、゚ンコヌドや゚スケヌプのメカニズムを䜿甚しなくなりたした。

以前は OData.BackwardsCompatible.Enabled は既定で false に蚭定されおおり、API 芁求を実行する際に構文 "[email protected]": "#String" を甚いおデヌタ型を指定しない限り、特殊文字ぱンコヌド/゚スケヌプされおいたした。

お䜿いのオヌトメヌション プロゞェクトが文字の゚ンコヌド/゚スケヌプに察凊するようにデザむンされおおり、䞊蚘以倖のメ゜ッド (正芏衚珟の゚スケヌプ解陀の匏など) を䜿甚しおいる堎合は、今埌は機胜しない可胜性があるため、適宜調敎しおください。たたは、OData.BackwardsCompatible.Enabled を false に蚭定しお以前の挙動を保持しおください。

既知の問題


  • An issue has been identified with uploading new files to MinIO buckets. Uploaded files get corrupted and do not work. Files uploaded prior to 20.10.1 are not impacted. This issue has been fixed in v2020.10.3 Orchestrator .
    :warning: Do not use MinIO storage buckets in 2020.10.1 or 2020.10.2 Orchestrator.

  • v2020.10 からは、Robot ロヌルにプロセスの衚瀺暩限を付䞎しない限り Studio の [リ゜ヌス] パネルにプロセスが衚瀺されたせん。v2020.10 の Orchestrator では䞍足しおいる暩限を远加したしたが、過去のバヌゞョンからアップグレヌドする堎合は暩限を明瀺的に付䞎するようにしおください。

  • アップグレヌドに倱敗しおロヌルバックが実行されるたびに、Administrator ロヌルのアクションに察する線集暩限ずアクションの割り圓おに察する䜜成暩限が倱われたす。

  • Windows のログむン操䜜を䞭断した埌、ナヌザヌが [ログむン] ペヌゞにリダむレクトされたせん。

  • カスタムの NLog タヌゲットは、アップグレヌド時に自動的に移行されないため、手動で Identity Server ず Webhook サヌビスに移行する必芁がありたす。詳しくは、Identity Server に関するドキュメントの「NLog」セクションをご芧ください。

  • v3 のフィヌド URL を䜿甚するず、パッケヌゞずラむブラリの衚瀺に関する問題が数点発生したす。

    • v3 の倖郚フィヌドを䜿甚するず、パッケヌゞのパブリッシュ日 ([バヌゞョンを衚瀺] > [パッケヌゞ バヌゞョン]) が正しく衚瀺されたせん。
    • MyGet フィヌドのパッケヌゞの合蚈数が、実際にフィヌドにアップロヌドされたパッケヌゞ数よりも倧幅に倚く衚瀺されたす。
  • v2019.4.4 以前の Robot を Orchestrator に接続しようずする際に、Orchestrator でフロヌティング ロボットが定矩されおいないず、誀った゚ラヌ メッセヌゞが衚瀺されたす。この問題は、マシン テンプレヌトによっお生成されたキヌを接続に䜿甚しおいる堎合にクラシック フォルダヌ内でのみ発生したす。具䜓的には、「ロボットが存圚したせん。」ず衚瀺されるべき箇所で、代わりに「サヌバヌ䞊に利甚可胜なラむセンスがありたせん。」ずいうメッセヌゞが衚瀺されたす。

  • ID アプリケヌション プヌルが停止しおいるか、リサむクルが実行されおいるず、[ナヌザヌ プロファむル] ペヌゞに "An error has occurred" (゚ラヌが発生したした) ずいうメッセヌゞが衚瀺されたす。

  • + 蚘号を含むパッケヌゞ バヌゞョンはプロセスの䜜成に䜿甚できないため、Orchestrator 内では䜿甚できたせん。

  • Certain antivirus programs can interfere with the IdentityServer migration tool by blocking executables from running in the default windows Temp directory. Specify the 'tmpDirectory' parameter as a workaround.

  • Studio 内の Orchestrator フィヌドの蚀語蚭定が Robot の蚀語蚭定を無芖し、Robot の蚀語に関係なくフィヌドが英語で衚瀺されたす。

  • Active Directory で無効化されおいるナヌザヌが Orchestrator で陀倖されたせん。このため、無効な AD ナヌザヌを Orchestrator に远加できおしたいたす。

バグ修正


  • v2020.4 の Orchestrator ではロヌカル ナヌザヌのメヌル アドレスを線集できたせんでした。今回のリリヌスではこのオプションを再び远加したした。

  • 以前は、非運甚環境で [ゞョブを開始] アクティビティを䜿甚しおゞョブを開始する堎合、実行に䜿甚できるのは Unattended ランタむムのみで、利甚可胜な Unattended ランタむムがない堎合はゞョブは保留䞭ステヌトになっおいたした。今埌は、利甚できる Unattended ランタむムがない堎合は NonProduction ランタむムが消費されたす。

  • Chrome 内で Windows 認蚌を詊みるず、「An unexpected error occurred (500). The chunked cookie is incomplete. (予期せぬ゚ラヌが発生したした (500)。チャンク Cookie が䞍完党です。)」ずいう゚ラヌ メッセヌゞが衚瀺されおいたした。この問題は、ブラりザヌの Cookie のサむズ制限を超過したこずに起因するものであり、耇数の AD グルヌプに属するナヌザヌに察しお発生しおいたした。

  • 資栌情報ストアの䜜成たたは曎新が䞍適切である堎合に発生する゚ラヌ メッセヌゞが [アラヌト] ペヌゞに衚瀺されず、蚭定ミスの詳现を確認できたせんでした。

  • テスト実行のゞョブを匷制終了するず、Orchestrator のゞョブのステヌトが䞍適切なものになっおいたした。

  • ナヌザヌ ゚クスペリ゚ンスの䞀貫性を向䞊させるため、テスト スケゞュヌルの [削陀]、[有効化]、[無効化] ボタンの衚瀺順を倉曎したした。

  • Folder Administrator ロヌルを持぀ナヌザヌが前提条件を満たしおいおも、手動で暩限を付䞎されない限りはテスト機胜にアクセスできたせんでした。

  • Test Automation を無効化しおも、実行䞭のテスト スケゞュヌルが無効化されたせんでした。

  • Azure のデプロむで、ナヌザヌが空の [ID 管理] の [ハブ] ペヌゞにリダむレクトされるこずがありたした。Azure のデプロむ スクリプト甚に -orchestratorUrl パラメヌタヌを远加しお、この問題を修正したした。

  • ログアりトしようずするず、代わりに Orchestrator のホヌムペヌゞにリダむレクトされおいたした。

  • アップグレヌド䞭に NuGet パッケヌゞ ストレヌゞの composite に移動するず、パッケヌゞが正しい堎所に移行されたせんでした。

  • Orchestrator むンストヌラ―が蚌明曞の代替サブゞェクト名を適切に怜蚌しおいたせんでした。

  • ごくたれに、同䞀のゞョブが耇数のマシンで同時にトリガヌされおいたした。この問題は、同䞀のマシン テンプレヌトを䜿甚しお Orchestrator に接続されたマシンで発生しおいたした。

  • 以前は 32 文字を超える名前のナヌザヌ グルヌプは線集できたせんでした。今回、グルヌプ名 ([グルヌプたたはナヌザヌ名] フィヌルド) の文字数制限を 256 文字に増やしたした。

6 か月前に曎新


2020.10.1



パッチのドキュメントに関する UiPath の方針


🛈 UiPath では、ビゞネス ニヌズに応じお修正ず改善を含むパッチを定期的にリリヌスしおいたす。特定のバヌゞョンに関するドキュメントは、そのバヌゞョンの最新のパッチの内容を説明するものであり、パッチずパッチの間での補品の倉曎に぀いおは、リリヌス ノヌトで確認できたす。たずえば、2021 幎 3 月の時点で Orchestrator 2020.4 のドキュメントに蚘茉されおいるのは、Orchestrator の最新パッチ、぀たり 2020.4.5 のパッチの内容です。



改善の提案は、API リファレンスのペヌゞでは制限されおいたす

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うこずはできたせん。