通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Windows インストーラーを使用して更新する

更新プロセスは、次のように、ケースによって異なります。

📘

重要

1 つのマシンに UiPath スイート全体がインストールされており、v2018.2 およびそれ以前のバージョンから v2019 に更新する場合には、最初に Orchestrator 上で更新を行ってから、Studio と Robot を更新する必要があります。最初に Studio を更新すると、利用中の Orchestrator インスタンスが削除されます。これは、インストーラーのアップグレード コードの変更によるもので、v2018.3 以降から更新する場合は必要ありません。

パッケージ (アクティビティ/ワークフロー) が共有フォルダーに格納されている場合、UiPathOrchestrator.msi インストーラーには前述のディレクトリへの書き込みアクセス権が必要です。

SQL データベースに 200 万件を超えるログがある場合、更新プロセスはタイムアウトになります。Elasticsearch にログを保存すると、保存するログの数にかかわらず、更新がスムーズになります。

更新の場合は、ストレージの種類の設定はそのまま維持されます。v2018.4 またはそれ以前のバージョンの場合には、これは Legacy に設定されています。詳細については、このページを参照してください。

スクリプトでインストールされた以前のバージョン

v2016.2 からの更新を試みる前に、SQL データベースに重複エントリがある場合はそれらを削除しておきます。その場合には、次のような SQL スクリプトを使います。

WITH CTE AS
(
   SELECT Id,
       RN = ROW_NUMBER() OVER (PARTITION BY AssetId, [RobotId] ORDER BY [Id] DESC)
   FROM [dbo].[AssetValues]
)
DELETE FROM CTE WHERE RN > 1;

スクリプトを使用して以前にインストールされたバージョンから Orchestrator を更新するには、次のアクションを実行します。

  1. 古いバージョンの Orchestrator がインストールされているマシンで、IIS を開きます。
  2. Orchestrator Web サイトに移動して、[アクション] ペインの [Web サイトの管理] セクションで [停止] をクリックします。Orchestrator の Web サイトが停止します。
  1. オートメーション パッケージ、web.config ファイル、およびデータベースのバックアップを作成します。
  2. web.configファイルを開きます。
  3. EncryptionKey パラメーターの値をコピーします。
  4. UiPathOrchestrator.msi APP_ENCRYPTION_KEY=encryption_key_from_old_installation など、以前のインストール時に使用した暗号化キーを使って、コマンド ラインから UiPathOrchestrator.msi Windows インストーラーを実行します。インストール ウィザードが起動します。
  5. 以前のインストール時と同じ SQL データベースを指定し、こちらの説明に従って情報を入力します。Orchestrator v2019 がインストールされます。
  6. v2019 の web.config ファイルを開き、以前のインストールでカスタマイズした設定があればコピーします。
  7. 既定では、NuGet.Repository.Type パラメーターは Composite に設定されています。 Storage.TypeFileSystem です。
    a. この機能を維持したい場合は、ここで説明するように、すべてのパッケージを再アップロードする必要があります。IIS に設定されているサイズ制限を考慮してください。
    b. 以前の設定を使用する場合は、次のようにします。
    • NuGet.Repository.Type パラメーターを Legacy に設定します。
    • NuGet.Packages.Path パラメーターと NuGet.Activities.Path パラメーターの以前使用していた値をコピーします。
  8. 保存して web.config ファイルを閉じます。
  9. ワークフローがディスク上に残っている場合は、古いバージョンの NuGet パッケージとディレクトリ構造を v2019 の場所にコピーします。
    • 2016.2 から更新する場合は - それらを既定のテナント (C:\Program Files (x86)\UiPath\Orchestrator\NuGetPackages\Tenants\Default) 内に移動します。この手順は、テナント間でデータを分離するオプションがそのバージョン内で利用できないため必要となり、またパッケージをどのように分類するか決定する必要があります。
  10. キャッシュ管理に HAA を使用する場合は、redis-cli -h <hostname> -p <portnumber> -a <password> flushall コマンドを使用して、すべての HAA キャッシュ キーをフラッシュします。HAA では、既定でポート 10000 を使用することに注意してください。例:
redis-cli -h redis-12345.c24.us-east-mz-1.ec2.cloud.redislabs.com -p 10000 -a xyz flushall
  1. 古いバージョンから v2018.2 (新しいライセンス モデルがないバージョン) に更新する場合は、Orchestrator に接続したすべてのロボット端末で UiPath Robot サービスを再起動します。V2016.2 から更新する場合には、サービスを再起動する前にすべてのロボットのユーザー名とパスワードを追加する必要もあります。

📘

重要

ホストと既定のテナント レベルのパスワードを入力したとしても、それらは考慮されません。以前のパスワードを使用してログインしてください。

Windows Installer でインストールされた以前のバージョン

Windows インストーラーを使用して以前に インストールされたバージョンから Orchestrator を更新するには、次のアクションを実行します。

📘

重要

Orchestrator の以前のインストール パスと現在のインストール パスが異なる場合は、IIS を停止したうえで UiPathOrchestrator.msi を実行し、前述の手順に従って web.config 設定をコピーする必要があります。たとえば、v2018.1 より前のバージョンを更新する場合や、Orchestrator を既定とは異なる場所にインストールしている場合に、この措置が必要になることが考えられます。

  1. オートメーション パッケージ、web.config ファイル、およびデータベースのバックアップを作成します。
  2. v2019 UiPathOrchestrator.msi インストーラーを実行します。Orchestrator v2019 は、UiPathOrchestrator の名前でインストールされます。これにより、データベースが更新され、すべてのデータが移行されます。
  3. キャッシュ管理に HAA を使用する場合は、redis-cli -h <hostname> -p <portnumber> -a <password> flushall コマンドを使用して、すべての HAA キャッシュ キーをフラッシュします。HAA では、既定でポート 10000 を使用することに注意してください。例:
redis-cli -h redis-12345.c24.us-east-mz-1.ec2.cloud.redislabs.com -p 10000 -a xyz flushall
  1. 古いバージョンから v2018.2 (新しいライセンス モデルがないバージョン) に更新する場合は、Orchestrator に接続したすべてのロボット端末で UiPath Robot サービスを再起動します。V2016.2 から更新する場合には、サービスを再起動する前にすべてのロボットのユーザー名とパスワードを追加する必要もあります。

マルチモード環境

Orchestrator に負荷分散環境がある場合、ノードをすべて更新するために次の手順を行う必要があります。

📘

注:

以前のマルチノードでインストールをスクリプトで行っていた場合も、前述の手順 1-11 に従います。

さらに、ホストと既定のテナント レベルで管理者パスワードを入力したとしても、それらは考慮されません。以前のパスワードを使用してログインしてください。

  1. オートメーション パッケージ、web.config ファイル、およびデータベースのバックアップを作成します。
  2. こちらのインストール ガイドの手順に従います。
  3. キャッシュ管理に HAA を使用する場合は、redis-cli -h <hostname> -p <portnumber> -a <password> flushall コマンドを使用して、すべての HAA キャッシュ キーをフラッシュします。HAA では、既定でポート 10000 を使用することに注意してください。例:
redis-cli -h redis-12345.c24.us-east-mz-1.ec2.cloud.redislabs.com -p 10000 -a xyz flushall
  1. 古いバージョンから v2018.2 (新しいライセンス モデルがないバージョン) に更新する場合は、Orchestrator に接続したすべてのロボット端末で UiPath Robot サービスを再起動します。V2016.2 から更新する場合には、サービスを再起動する前にすべてのロボットのユーザー名とパスワードを追加する必要もあります。

📘

重要

Concurrent Runtime ライセンスを使用する場合は、古いバージョンから v2019 に更新するとき、高密度ロボットがセットアップされていると、端末当たりのランタイム数は自動的に 1 に設定され、その端末のロボットの合計数にはなりません。

7 か月前に更新


Windows インストーラーを使用して更新する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。