通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Azure App Service のインストール スクリプト

Azure インストール スクリプトを使用して Orchestrator を 1 つのノードまたはマルチノードでインストールできます。

シングル ノードでのインストール

Azure App Service 上に Orchestrator をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Azure Portal の [App Services] の下で、UiPathOrchestrator などのカスタム名で新しいアプリケーション サービスを作成します。詳細については、「Microsoft の公式ドキュメンテーション」を参照してください。
  2. Set the database connection string in the Configuration > Connection Strings of the web app, with the name "Default". For example, Server=13.13.13.13;Initial Catalog=UiPath;Persist Security Info=False;User ID=dbUser;Password=pass123; MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True; Connection Timeout=30;TrustServerCertificate=True.
  3. Orchestrator の App Service やリソース グループにアクセスできる、Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルを作成します。必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを信頼できる DevOps チームに問い合わせてください。
  4. Extract the content of the UiPathOrchestrator.zip archive into a folder on your machine.

📘

注:

The following step requires running a PowerShell script. To disable any prompts interrupting this task, run the Get-ChildItem *.ps1 -Recurse | Unblock-File command in the directory selected at Step 10.

  1. こちらに記載されたパラメーターを使用して PowerShell で Publish-Orchestrator.ps1 スクリプトを実行します。このを参照してください。

🚧

重要

  • Publish-Orchestrator.ps1 スクリプトを実行する前に、AzureRM PowerShell モジュールがアンインストールされていることを確認してください。替わりに Az PowerShell モジュールを使用することをお勧めします。AzureRM モジュールと Az モジュールの両方が同時にインストールされた状態はサポートされません。

  • スクリプトの実行時に、必要な Az バージョンが検出されず、AzureRM が存在する場合、無人インストールであっても、AzureRM の削除を確認するメッセージが表示されます。

  • 以前のバージョンの Az モジュールが使用されている状態で Az v6.0.0 にアップグレードすると、WARNING: The version 'x.x.x' of module 'Az.<Name>' is currently in use. Retry the operation after closing the applications (警告: バージョン 'x.x.x' のモジュール 'Az.<Name>' が現在使用されています。アプリケーションを閉じてから操作をもう一度お試しください。) というメッセージが表示されます。この問題を解決するには、新しい PowerShell セッションで Publish-Orchestrator.ps1 を実行してください。

  1. Orchestrator アプリケーション サービスを開始します。Azure Portal で Orchestrator を使用してください。

マルチノードでのインストール

Azure App Service 上に、Orchestrator をマルチノードでインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Azure Portal の [App Services] の下で、UiPathOrchestrator などのカスタム名で新しいアプリケーション サービスを作成します。詳細については、「Microsoft の公式ドキュメンテーション」を参照してください。
  2. Set the database connection string in the Configuration > Connection Strings of the web app, with the name "Default". For example, Server=13.13.13.13;Initial Catalog=UiPath;Persist Security Info=False;User ID=dbUser;Password=pass123; MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True; Connection Timeout=30;TrustServerCertificate=True.
  3. Orchestrator の App Service やリソース グループにアクセスできる、Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルを作成します。必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを信頼できる DevOps チームに問い合わせてください。
  4. [スケールアウト (App Service のプラン)] タブで、[特定のインスタンス数に調整] オプションを選択して目的のインスタンス数を指定します。
  5. Extract the content of the UiPathOrchestrator.zip archive into a folder on your machine.Extract the content of the UiPathOrchestrator.zip archive into a folder on your machine.

📘

注:

The following step requires running a PowerShell script. To disable any prompts interrupting this task, run the Get-ChildItem *.ps1 -Recurse | Unblock-File command in the directory selected at Step 10.

  1. こちらに記載されたパラメーターを使用して PowerShell で Publish-Orchestrator.ps1 スクリプトを実行します。このを参照してください。

🚧

重要

  • Publish-Orchestrator.ps1 スクリプトを実行する前に、AzureRM PowerShell モジュールがアンインストールされていることを確認してください。替わりに Az PowerShell モジュールを使用することをお勧めします。AzureRM モジュールと Az モジュールの両方が同時にインストールされた状態はサポートされません。

  • スクリプトの実行時に、必要な Az バージョンが検出されず、AzureRM が存在する場合、無人インストールであっても、AzureRM の削除を確認するメッセージが表示されます。

  • 以前のバージョンの Az モジュールが使用されている状態で Az v6.0.0 にアップグレードすると、WARNING: The version 'x.x.x' of module 'Az.<Name>' is currently in use. Retry the operation after closing the applications (警告: バージョン 'x.x.x' のモジュール 'Az.<Name>' が現在使用されています。アプリケーションを閉じてから操作をもう一度お試しください。) というメッセージが表示されます。この問題を解決するには、新しい PowerShell セッションで Publish-Orchestrator.ps1 を実行してください。

  1. Orchestrator アプリケーション サービスを開始します。Azure Portal で Orchestrator を使用してください。

約 1 か月前に更新



Azure App Service のインストール スクリプト


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。