通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ユーザーを管理する

📘

重要

ディレクトリ ユーザーまたはグループを追加するには、Orchestrator インスタンスで有効な Windows 認証が必要です。

種類別にユーザーを追加

注: グループ構成 (ロール、Web ログイン、ロボットの設定) は、そのグループに属する任意のディレクトリ ユーザーに渡され、後で追加または自動プロビジョニングされます。

  1. [ユーザー] ページで [追加] ボタンをクリックし、[ディレクトリ ユーザーまたはグループを追加] を選択します。[ディレクトリ ユーザーまたはグループを追加] ウィンドウが表示されます。
  2. [ドメイン名] ドロップダウンを使用して、追加するユーザーまたはグループの選択元とする Active Directory ドメインを選択します。ディレクトリ ユーザーまたはディレクトリ グループを追加するとき、WindowsAuth.Domain パラメーターで指定されているドメインと双方向の信頼関係にあるフォレストのすべてのドメインとサブドメインを使用できます。双方向の信頼関係にあるドメインを新たに追加すると、ドメインのリストの更新に最長で 1 時間ほどを要することがあります。
  3. [グループまたはユーザー名] フィールドで、追加する Active Directory グループまたはユーザーを入力します。大規模なデプロイの場合、検索結果を絞り込んで検索パフォーマンスを改善するには、[ユーザーの種類] ドロップダウンからユーザーの種類を選択することをお勧めます。
  4. [ロール] ドロップダウンから、このグループまたはユーザーのロールを選択します。
  5. [Web ログインを許可] トグルを使用して、このユーザーまたはグループが Orchestrator にログインできるようにするかどうかを選択します。このトグルは、[モダン フォルダー] オプションが有効化されているテナントに対してのみ表示されます。
  6. [追加] をクリックしてユーザー プロビジョニングを終了するか、[ロボットの設定] タブを開いて、この後の残りの手順に従ってユーザーまたはグループのロボット作成を設定します。
  7. トグルを使用して、ディレクトリ ユーザーまたはディレクトリ グループのロボットを自動的に作成するかどうかを選択します。
  8. 自動ロボット プロビジョニングを有効化している場合は、[ライセンスの種類] ラジオ ボタンを使用して、ロボットのライセンス方法を選択します。ライセンスの種類については、こちらをご覧ください。
  9. Studio ライセンスおよび StudioX ライセンスの場合、Orchestrator からではなく、外部から Robot をライセンスするには、[スタンドアロン ライセンス] チェック ボックスを選択します。
  10. [実行の設定] セクションで、ロボットを実行するための設定を構成します。
  11. 注: 実行の設定は、ユーザーを個別に追加する場合にのみ構成できます。グループは、既定の実行の設定で追加されています。詳細については、こちらをご覧ください。ディレクトリ ユーザーの実行の設定をカスタマイズするには、そのユーザーを自動プロビジョニングした後または個別に追加した後、そのユーザーについて明示的に設定を調整する必要があります。

  12. [追加] をクリックします。ユーザーまたはユーザー グループが作成され、[ユーザー] ページに表示されます。
  1. [ユーザー] ページで、[追加] ボタンをクリックして [ローカル ユーザーを追加] を選択します。[ローカル ユーザーを追加] ウィンドウが表示されます。
  2. [ユーザー名] フィールドに、ユーザー名を入力します。
  3. (任意) [名] フィールドにユーザーの名を入力します。
  4. (任意) [姓] フィールドにユーザーの姓を入力します。
  5. (任意) [メール アドレス] フィールドにユーザーのメール アドレスを入力します。
  6. (任意) [パスワード] フィールドと [パスワードを確認] フィールドに、このユーザーのパスワードを入力します。パスワードは、長さが 8 文字以上で、1 つ以上の小文字と 1 つ以上の数字を使用する必要があります。
  7. [ロール] ドロップダウンから、このユーザーに割り当てるロールを選択します。
  8. [Web ログインを許可] トグルを使用して、このユーザーが Orchestrator にログインできるようにするかどうかを選択します。このトグルは、[モダン フォルダー] オプションが有効化されているテナントに対してのみ表示されます。
  9. [基本認証を許可] トグルを使用して、このユーザーを基本認証で Orchestrator に対して認証できるようにするかどうかを選択します。このトグルは、web.config ファイルの Auth.RestrictBasicAuthentication 設定を true に設定している場合にのみ使用可能です。詳細についてはこちらをご覧ください。
  10. [作成] をクリックしてユーザーの作成を終了するか、[ロボットの設定] タブを開き、この後の残りの手順に従ってこのユーザーのロボット作成を構成します。
  11. トグルを使用して、このユーザーのロボットを自動的に作成するかどうかを選択します。
  12. [ライセンスの種類] を使用して、ロボットのライセンス方法を選択します。ライセンスの種類については、こちらをご覧ください。
  13. Studio ライセンスおよび StudioX ライセンスの場合、Orchestrator からではなく、外部から Robot をライセンスするには、[スタンドアロン ライセンス] チェック ボックスを選択します。
  14. [ドメイン\ユーザー名] に、目的のローカル ユーザーに関連付けるロボットのドメイン名とユーザー名を入力します。
  15. (任意) [実行の設定] でロボットの実行の設定を構成します。これらの設定の詳細については、こちらをご覧ください。
  16. [作成] をクリックします。ユーザーが作成され、[ユーザー] ページに表示されます。

ユーザーの編集

ユーザー エンティティ (ローカル ユーザー、ディレクトリ ユーザー、またはディレクトリ グループ) を編集するには、[ユーザー] ページで対応する [その他のアクション] ボタンをクリックしてから、[編集] をクリックします。必要な変更を行い、[更新] をクリックします。

ユーザー権限の確認

ユーザー エンティティ (ローカル ユーザー、ディレクトリ ユーザー、またはディレクトリ グループ) の権限を確認するには、次の手順を実行します。

  1. [ユーザー] ページで、目的のユーザー エンティティに該当する [その他のアクション] ボタンをクリックします。
  2. [権限を確認] をクリックします。
  3. [ユーザーの権限] ウィンドウが表示されます。各権限がフォルダーごとに表示されます。各権限の横に、明示的に割り当てられたものか、テナントから継承されたものかが表示されます。
602602

🚧

Azure AD のゲスト ユーザー アカウントを使用している場合、表示されるロールの情報が正確ではないことがあります。

 

ユーザーの削除

ユーザー エンティティ (ローカル ユーザー、ディレクトリ ユーザー、またはディレクトリ グループ) を削除するには、[ユーザー] ページで対応する [その他のアクション] ボタンをクリックしてから、[削除] をクリックします。

または、1 人または複数のユーザーを選択して [削除] ボタンをクリックします。

📘

重要

Administrator ロールを持つユーザーは削除できません。

3 か月前に更新



ユーザーを管理する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。