通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

プロセスを管理する

プロセスのデプロイ

プロセスを作成するには、パッケージの [表示] 権限、プロセスの [表示] 権限と [作成] 権限が必要です。クラシック フォルダーでのプロセスのデプロイの場合、ロボット グループの [表示] 権限も必要です。詳細については「ロールについて」をご覧ください。

  1. [追加] をクリックします。[プロセスをデプロイ] ウィンドウが表示されます。
602602
  1. [パッケージ名] リストからパッケージを選択します。パッケージの最新バージョンが自動的に選択されます。パッケージに入力パラメーターや出力パラメーターが存在する場合、それらが表示されます。
  2. [パッケージのバージョン] のリストから、使用するパッケージのバージョンを選択します。
  3. クラシック フォルダーのみです。[ロボット グループ] のリストから、使用するロボット グループを選択します。
  4. (任意) プロセスの [説明] を入力します。特に、Orchestrator に多数のプロセスをデプロイしている場合は、説明を追加することを推奨します。
  5. (任意) パッケージに入力パラメーターがある場合、[入力値] タブで入力できます。
  6. (任意) [記録機能を有効化] オプションをオンにします。これにより、ジョブが失敗した場合に、実行の最後の瞬間が記録され、実行メディアとしてダウンロード可能になります。[スケーリング][頻度][待機期間] のオプションを希望に従って設定します。

📘

実行メディアに関する [表示] 権限を持っている場合は、[プロセスをデプロイ] ウィンドウに [記録] オプションが表示されます。

  1. (任意) ロボット エージェントの起動時にこのプロセスを自動的に起動するように設定するには、[プロセスを自動的に開始] オプションをオンにします。
  2. [作成] をクリックします。[プロセスをデプロイ] ウィンドウが閉じ、プロセスが [プロセス] ページに表示されます。

パッケージ バージョンの管理

プロセスのパッケージ バージョンを管理するには、プロセスに関する [表示] 権限と [編集] 権限、そしてパッケージに関する [表示] 権限が必要です。

単一のプロセス

プロセスで使用できるバージョンが複数ある場合は、どのバージョンを使用するかを [プロセスを表示] ページで選択できます。

  1. [その他のアクション] > 複数のパッケージ バージョンが使用できるプロセスの [プロセスを表示] ボタンをクリックします。[プロセスを表示] ウィンドウが表示されます。
602602
  1. [バージョン管理] タブ:
    a. 使用するバージョンに対応する [使用] ボタンをクリックします。[プロセスを表示] ウィンドウが閉じ、設定が保存されます。プロセスの更新後のバージョンが最新でない場合は、引き続きプロセスの横に感嘆符のアイコンが表示されます。
    b. プロセスをパッケージの利用可能な最新バージョンに更新する場合は、[最新] ボタンをクリックします。[プロセスを表示] ウィンドウが閉じ、設定が保存されます。
    c. [ロールバック] ボタンをクリックします。これにより、以前使用されていたバージョンに戻すことができます。

複数のプロセス

複数のプロセスを利用可能な最新バージョンに更新するには、次の手順を行います。

  1. [プロセス] ページで最新のパッケージ バージョンに更新するプロセスを選択します。
  2. [Use Latest] をクリックします。

📘

[最新版を使用] ボタンは、選択したプロセスに利用可能なパッケージ バージョンを使用していないプロセスが 1 つ以上含まれている場合にのみ有効となります。選択に最新版のパッケージ バージョンを使用しているプロセスを含む場合には、このボタンは無効化されます。

  1. 表示された確認ウィンドウで [はい] をクリックします。選択したプロセスは最新バージョンに更新され、それにしたがってアイコンも更新されます。なんらかの理由でプロセスが更新されなかった場合には、エラー メッセージが表示されます。
18311831

入力パラメーター値の管理

プロセスに 1 つ以上の入力パラメーターがある場合、プロセス レベルでこれらの値を編集できます。

  1. [その他のアクション] > 複数のバージョンが使用できるプロセスの [プロセスを表示] ボタンをクリックします。[プロセスを表示] ウィンドウが表示されます。
  2. [パラメーター] タブで、値を追加する入力パラメーターの横にある [編集] ボタンをクリックします。
  3. 目的の値を追加し、[保存] をクリックします。入力パラメーターの値が保存されます。
  4. 手順 3 を必要に応じて繰り返します。
  5. [更新] をクリックします。すべての入力パラメーターの値が保存されます。これらの値の入力方法については、こちらをご覧ください。

入力パラメーターの値を削除するには、該当するパラメーターの [値を削除] ボタンをクリックします。

プロセス設定の管理

[プロセス設定] ウィンドウでは、次の操作が可能です。

  • ロボット エージェントの起動時にこのプロセスを自動的に起動するように設定するには、[プロセスを自動的に起動] オプションをオンにします。
  • プロセス レベルで実行メディアの設定を編集できます。
  1. 管理するプロセスについて、[その他のアクション] > [プロセスの設定] をクリックします。[プロセスの設定] ウィンドウが表示されます。
  2. 記録機能を有効化/無効化するには、[記録機能を有効化] オプションを切り替えます。
  3. 機能を有効化した場合は、[スケーリング][頻度][待機期間] のオプションを希望に従って編集します。
  4. [プロセスを自動的に開始] オプションを切り替えて、このプロセスを有効化または無効化します。
  5. [更新] をクリックして変更を保存するか、[キャンセル] を押して変更を保存せずに [プロセス] ページに戻ります。

プロセスの監視

目的のプロセスの [その他のアクション] > [プロセスを監視] ボタンをクリックして、そのプロセスに関連する [監視] ページを表示します。[プロセスを監視] ボタンは [プロセス] ページに表示されるため、ここから監視ページにアクセスするには、プロセスの表示権限も必要になります。
または、[プロセスの概要] ウィジェットから選択することもできます ([監視] > [ジョブ])。

ユーザーがプロセスを監視するには、ジョブおよび監視に関して [表示] 権限を持つ必要があります。さらに、[監視] > [ジョブ] ページの [エラー フィード] ウィジェットでエラーを無効化するには、監視に関する [編集] 権限が必要です。ページをロボット グループ別に絞り込むには、ロボット グループに関する [表示] 権限が必要です。

プロセスの削除

ユーザーがプロセスを削除するには、プロセスの表示権限と削除権限およびパッケージの表示権限がそのユーザーに割り当てられている必要があります。クラシック フォルダーでデプロイしているプロセスの場合、環境の表示権限も必要です。詳細については、こちらをご覧ください。

  1. [プロセス] ページで、目的のプロセスを選択します。
  2. [削除] ボタンをクリックします。プロセスが [プロセス] ページとデータベースから削除されます。プロセスを削除してもパッケージが Orchestrator から削除されるわけではなく、ロボット グループ/フォルダーとの関連付けが削除されるだけです。

または、1 つのプロセスのみを削除する場合は、対応する [削除] ボタンをクリックします。

関連付けられたトリガーのあるプロセスを削除する場合、有効か無効かに関係なく、これらも同様に削除されます。

📘

注:

アクティブなジョブと関連付けられている(ステータスが [保留中][実行中][停止中] または [終了中] のいずれかになっているジョブ)場合は、プロセスを削除することはできません。

2 年前に更新



プロセスを管理する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。