通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

パッケージの管理

Orchestrator へのパッケージの手動アップロード

この機能は、たとえば、プロセスの設計を行う Studio インスタンスが Orchestrator に接続されていない場合に役立ちます。

既定の最大パッケージサイズは 30MB です。この値は、IIS で変更できます (詳細については、こちらを参照)。

  1. [パッケージ] ページで、[アップロード] ボタンをクリックします。[パッケージをアップロード] ウィンドウが表示されます。
752752
  1. Click Browse and select the packages (with the .nupkg extension) you want to upload to Orchestrator (by default, when not connected to Orchestrator it is %ProgramData%\UiPath\Packages など)。
  2. (任意) アップロードされているパッケージの以前のバージョンを使用してすべてのプロセスを表示するために、どのプロセスがアップグレードできるかを確認したいと思います。
  3. [アップロード] をクリックします。パッケージが Orchestrator にアップロードされ、[パッケージ] ページに表示されます。アップグレード可能なプロセスを表示することを選択した場合、[複数のプロセスをアップグレード] が表示されます。
752752
  1. チェックボックスを使用して、アップグレードするプロセスを選択し、[アップグレード] をクリックします。選択したプロセスが新しいパッケージ バージョンに更新され、ウィンドウが閉じます。

パッケージ バージョンのダウンロード

  1. [パッケージ] ページで、[バージョンを表示] ボタンをクリックします。[パッケージのバージョン] ウィンドウが表示されます。
777777
  1. Click More Actions > Download package for the corresponding package version you want to download. The package is downloaded to the default location configured in your browser, in the .nupkg format. From here you can upload it to another Orchestrator instance.

📘

注:

ローカル フィードを使用し、パッケージに対する [表示] 権限を持っている場合のみ、[ダウンロード] ボタンが有効化されます。

パッケージのバージョンの削除

パッケージが [非アクティブ] ステータスの場合にのみ、Orchestrator からパッケージを削除することができます。パッケージがプロセスにデプロイされていない場合にのみ、このステータスとなります。

  1. [パッケージ] ページで、[バージョンを表示] ボタンをクリックします。[パッケージのバージョン] ウィンドウが表示されます。
752752
  1. 1 つ以上のバージョンを選択して、[削除] をクリックします。選択したパッケージのバージョンが削除されます。
  2. [すべての非アクティブを削除] をクリックすると、選択したプロセスの非アクティブなバージョンがすべて削除されます。パッケージ バージョンがプロセスの一部になっている (アクティブになっている) 場合には、そのバージョンは削除されません。すべてのバージョンが非アクティブの場合には、すべて削除されます。

1 つのパッケージ バージョンのリリース ノートの表示

  1. [ライブラリ] ページで、[バージョンを表示] をクリックします。[パッケージのバージョン] ウィンドウが表示されます。
  2. [バージョン] タブにライブラリのパッケージ バージョンがすべて表示されます。
752752
  1. 目的のバージョンで、[その他のアクション] > [リリース ノートを表示] をクリックします。[リリース ノート] ウィンドウが表示されます。該当するバージョンについて Studio に追加されたノートを確認できます。
752752

[リリース ノート] ウィンドウからパッケージ バージョンを手動でダウンロードすることもできます。このプロセスは、[バージョン] タブからのダウンロードに類似しています。

すべてのパッケージ バージョンのリリース ノートの表示

  1. [パッケージ] ページで、[バージョンを表示] ボタンをクリックします。[パッケージのバージョン] ウィンドウが表示されます。
  2. [変更ログ] タブをクリックします。ライブラリのすべてのパッケージ バージョンを確認できます。また各バージョンに対応するリリース ノートを表示して、バージョン間の変更内容を確認することもできます。
752752

[変更ログ] タブからパッケージ バージョンを手動でダウンロードすることもできます。このプロセスは、[バージョン] タブからのダウンロードに類似しています。

パッケージの引数の確認

  1. [パッケージ] ページで、[バージョンを表示] ボタンをクリックします。[パッケージのバージョン] ウィンドウが表示されます。
  2. 目的のパッケージのバージョンの [その他のアクション] > [引数を表示] をクリックします。選択したパッケージ バージョンの入力パラメーターと出力パラメーターが表示されます。このレベルでは、パラメーター値を編集できません。編集可能なのは、プロセスジョブトリガーのレベルのみです。

パッケージの確認

You can view and explore the graphical representation of any .xaml file that is part of a package version in a manner similar to that of Studio's Designer panel. This feature enables for a smoother cooperation between developers and Orchestrator managers.

  1. [パッケージ] ページでは、パッケージの横の [パッケージを確認] をクリックします。[パッケージを確認] ウィンドウが表示され、ここで選択したパッケージのすべてのバージョンにアクセスできます。
  2. Click a version you want to see more about. All .xaml files available in the project are displayed, along with the project author, description, and date at which it was uploaded to Orchestrator. The .xaml file that was set as Main in Studio is marked here accordingly, and the project dependencies are displayed under the Dependencies section.
  3. Click a .xaml file. The workflow is displayed.
  4. 選択したファイルで使用できるすべての変数、引数、またはインポートを表示するには、[変数][引数]、または [インポート] ボタンをクリックします。Studio で使用できるパネルに似た、対応するパネルが表示されます。
14691469
  1. 任意の範囲をダブルクリックして、ワークフローのフォーカスされたビューを表示します。
861861
  1. (任意) [すべて展開] をクリックして、ワークフロー セクションの表示を改善します。
  2. アクティビティをクリックして、そのプロパティを表示します。プロパティの値をコピーすることもできます。
14691469

詳細は、「フィールドの説明」ページの前述の各フィールド、ボタン、およびパネルで参照できます。

2 年前に更新



パッケージの管理


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。