通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

高可用性

高可用性により、複数の Orchestrator および High Availability Add-on (HAA) ノードを使用でき、1 つのノードが故障した場合に、別のノードが負荷を肩代わりできることで耐障害性が高まるので、Orchestrator のマルチノード デプロイの冗長性と安定性が得られます。ロボットのニーズが高まったときに、いつでもノードを追加できるため、水平方向のスケーラビリティも得られます。

このモデルは、単純な Orchestrator のマルチノード デプロイに比べてリソースを多用することに注意してください。3 つ以上の HAA ノードを備え、付随するハードウェアおよびソフトウェア要件を満たす必要があります。

下図は、2 つの Orchestrator ノードと 3 つの HAA ノードを持つ、単純な高可用性デプロイを示したものです。

このモデルは、地域的冗長性を確保するためのアクティブ/パッシブおよびアクティブ/アクティブのディザスター リカバリー デプロイを含む、あらゆるニーズに合わせて、簡単に拡大縮小できます。

1 年前に更新



高可用性


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。