通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Elasticsearchに接続するためのインデックス パターンを作成する

  1. Kibanaの [Management] タブで [Index Patterns] をクリックします。[Index Patterns] タブが表示されます。
  2. [Add New] をクリックします。[Configure an index pattern] セクションが表示されます。
  3. 1 つ以上の Elasticsearch indices の名前に一致する index pattern を指定します。既定では、Logstash により Elasticsearch に入力されたログデータを扱っていると考え、Kibana は「logstash-*」を提示します。
  4. テナント名を入力します。既定のテナント名は「default」なので、default* を入力してください。

📘

注:

緑色の [Create] ボタンが表示された場合は、インデックス名が適切です。

  1. 重要 お使いのインデックスに、タイムベースで比較を行う場合に使用する timestamp フィールドが含まれている場合は、(Index contains time-based events) オプションを選択してください。timestamp を含むインデックス フィールドを選択して続行します。Kibana はインデックス マッピングを読み込み、timestamp が含まれたすべてのフィールドを表示します。
  1. [Do not expand index pattern when searching] オプションが選択されていない ことを確認してください。既定では、現在選択されている時間内でデータをインデックス表示するため、Kibana はタイムベースのインデックスパターンのワイルドカード拡張子を制限します。
  2. @timeStamp時刻フィールドの名前 として設定します。
  3. [Create] をクリックしてインデックスパターンを追加します。

1 年前に更新



Elasticsearchに接続するためのインデックス パターンを作成する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。