通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Azure Key Vault との連携

To be used as an Orchestrator credential store, Azure Key Vault must be enabled in web.config and then configured by the Host administrator.

前提条件

  • The Key Vault plugin is set in your Orchestrator web.config file as described here.
  • Azure アカウントで Orchestrator で使用する Key Vault を作成します。詳細については、Microsoft の公式ドキュメントをこちらでご覧ください。

構成


Azure Portal の [アプリの登録] ペインで、以下の手順を実行します。

  1. 新しいアプリの登録を作成します。
  2. 後で使用するためにアプリケーション (クライアント) ID をコピーします。
  3. [管理] > [証明書とシークレット] > [新しいクライアント シークレット] に移動し、新しいクライアント シークレットを追加します。選択した有効期限をメモして、有効期限の前に新しいシークレットを作成します。
  4. 後で使用するため、シークレットの [値] をコピーします。

Azure Key Vault で、以下の手順を実行します。

  1. Key Vault の [概要] ページにアクセスし、後で使用するために [コンテナーの URI][ディレクトリ ID] をコピーします。
  2. 左側にあるメニューから [設定] > [アクセス ポリシー] を選択します。
  3. [アクセス ポリシーの追加] をクリックします。
  4. [テンプレートからの構成 (省略可能)] ドロップダウン メニューから、[シークレットの管理] を選択します。
  5. [認可されているアプリケーション] セクションで [選択されていません] をクリックし、[プリンシパルの選択] フィールドを有効化します。
  6. アプリ登録名を入力し、アプリケーション ID が正しいことを確認して、このプリンシパルを選択します。
  7. [追加] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。

これで、コンテナー URIディレクトリ IDアプリケーション (クライアント) ID、およびシークレットのを使用して、新しい資格情報ストアを設定する準備が整いました。

6 か月前に更新



Azure Key Vault との連携


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。