通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ロボットについて

ロボットは、UiPath Studio 内に構築されるプロセスの実行ホストです。

[ロボット] ページでは、ロボットの追加、ロボットの編集、そのステータスとライセンス ステートの表示、ロボットが割り当てられるロボット グループの変更、実行時の設定が行えます。また、1 つのロボットにより生成された実行ログを表示することもできます。

📘

注:

ロボットがビジー (プロセスの実行中) の場合、次の情報を編集することはできません
ユーザー名
マシン
種類

ロボットは自動的にプロセスをダウンロードし、カスタム設定で実行できます。ロボットの作成または編集時に、[設定] タブからプロセスの自動ダウンロード、ログ レベル、フォント スムージング、解像度を設定できます。

ロボットの認証

[標準ロボットを新規作成] ウィンドウまたは [フローティング ロボットを新規作成] ウィンドウでロボット作成時に指定したように、ロボットを認証するには,次の2つの方法があります。

  • Using Username/Password Credentials (ユーザー名/パスワードの資格情報を使用) - これが既定の方法です。
  • スマートカード認証を使用 - この認証メソッドを有効化するには、[このパスワードはスマート カード PIN を表します] オプションを選択します。このオプションは、web.configFeatures.SmartCardAuthentication.Enabled パラメーターが True に設定されている場合にのみ使用できます。

📘

Attended ロボットはスマート カード認証をサポートしていません。

ロボットのライセンス ステータス

[ユーザー名] 列に、Attended ロボットおよび Development ロボットのライセンス ステータスが表示されます (次のスクリーンショットを参照)。

  • ライセンス取得済みのロボットは、緑色のアイコンでマークされます。
  • ライセンスされていないロボットはオレンジ色でマークされます。
    UiPath Robot がインストールされているマシンがオフラインであるか、UiPath Robot サービスが停止している場合は、何も表示されません。
17941794

ライセンスについて詳しくは、こちらをクリックしてください。

環境 (ロボット グループ)

クラシック フォルダーのロボットのグループ化をロボット グループといい、複数のロボットを 1 つのパッケージで同時に実行することができます。

📘

重要

同じ端末上に複数のロボットが存在する場合は、同じ環境および Orchestrator テナント内でそれらをグループ化することをお勧めします。そうしない場合は、バージョンが異なる同じプロセスをデプロイするときにいくつかのエラーが発生する場合があります。

環境の詳細を確認するには、こちらをクリックしてください。

ロボットの種類

管理の種類に基づく

  • 手動管理 - ロボットの管理が手動で行われるクラシック フォルダー内のロボット。これは、プロセスの実行を制限するようにロボットの作成削除ロボット グループへの追加ロボット グループからの削除が含まれます。これらのアクションはすべて、1 つのクラシック フォルダーに固有です。ロボットが別のクラシック フォルダーにあるプロセスにアクセスできるようにする場合は、最初のフォルダーから削除し、新しいフォルダーにプロビジョニングする必要があります。
  • Automatically Managed - Robots in modern folders where Robot management is done automatically. In this scenario, the user entity is configured to have a Robot automatically provisioned. The license and execution settings of the Robot are configured at user definition as well. The moment the user opens his Robot Tray, the Robot gets automatically provisioned in Orchestrator according to those settings. The Robot has access to whatever processes exist in the folders the user has access to.
    ディレクトリ ユーザーまたはディレクトリ グループに対してもロボット管理を行うことができます。Orchestrator に追加されたディレクトリ グループの自動ロボット プロビジョニング設定は、その Active Directory グループのメンバーであるすべてのユーザーに継承されます。

ロボット/マシンの相互作用

  • 標準ロボット - マシン作成時に、標準マシンとして定義されたマシンのみで動作します。ユーザーが常に同一のマシンで作業する場合に適しています。
  • フローティング ロボット - Orchestrator 内で定義されているいずれのマシンでも、標準かテンプレートかを問わず動作します。これは、マシン名がロボットの作成時には関係ないためです。Attended ロボットと Development ロボットのみをフローティングにすることができます。フローティングにすると、ロボット トレイを開いたときに、ロボットは自動的にライセンスを受けます。こうした種類のロボットは、Non-Persistent VDI Active Directory ユーザーとのみ動作します。これは、Non-Persistent VDI など、ロボットを追加するマシンがスポーンされるたびに異なる名前になる場合には便利です。同様に、同一のコンピューターで複数のユーザーが交替で操作を行うホットシート環境にも適しています。

 

ノンパーシステントな仮想デスクトップを 8 人のユーザーが使用する環境を考えます。マシンの割り当てはランダムに行われるため、ユーザーは VDI 内の空いている任意のマシンに割り当てられる可能性があります。

  • 標準的なシナリオでは、ロボットを各ユーザー/マシンと組み合わせて定義する必要があります。VDI に 8 台のマシンがある場合、ロボットは 64 台になります。
  • フローティングのシナリオでは、1 台のマシン テンプレートと 8 台のフローティング ロボット (各ユーザーに 1 台ずつ) を定義するだけですみます。各ユーザーがマシン テンプレート キーという 1 つのキーを使用してロボットに接続できるように、このテンプレートは VDI 全体にわたって保持されます。

ユースケース

  • Attended - 実際のユーザーと同じワークステーション上で動作し、アクション (ユーザー イベント) によりユーザーが開始して動作します。この種別のロボットの場合は、Orchestrator からプロセスを開始することはできず、またロックした画面から作動させることもできません。ロボット トレイまたはコマンド プロンプトからのみ開始できます。Attended ロボットは、人間の監視下でのみ実行してください。
  • Unattended ‐ 仮想環境で無人で作動し、多数のプロセスを自動で行うことができます。Attended ロボットの機能に加え、リモートでの実行や監視、スケジューリング、ワーク キューのサポートも行うことができます。
  • NonProduction - Unattended ロボットのすべての機能を持ちますが、開発およびテスト目的でのみ使用してください。
  • Studio / StudioX - Unattended ロボットの機能を持ちますが、開発目的で Studio を Orchestrator に接続するときにのみ使用します。

すべての種類のロボットは、Studio でデバッグを実行できます。

詳細については、「UiPathロボット文書ポータル」をご覧ください。

高密度ロボットについて

複数のユーザーがマシンを共有している場合は、Windows のバージョンにかかわらず、ユーザーごとにロボットを登録できます。この機能は高密度ロボットと呼ばれ、これにより、各マシンを最大限に活用できるようになります。この機能は、すべての種類のロボット (Attended、Unattended、および NonProduction) に適用できます。

高密度環境には以下の利点があります。

  • Windows Server (2008 R2、2012 R2、または 2016) オペレーティング システムが搭載されたマシン:
    • すべてのロボットで、同時に同じプロセスを実行できます。
    • すべてのロボットで、同時に異なるプロセスを実行できます。

Windows Server を使用しているマシンで高密度ロボットをセットアップするには、「高密度ロボット用の Windows Server を設定する」の章をご覧ください。

📘

注:

同じマシン上では、すべてのユーザーをロボットとして Orchestrator に接続しなければならず、すべて、同一のマシン名キーを使用します。

UiPath Robot サービスを実行しているマシンで新しいロボットを Orchestrator に登録する場合は、サービスを再開する必要があります。

ロボットを Orchestrator に登録している際に入力したユーザー名やパスワードが、指定のユーザーの Windows 認証情報に対応していない場合、最初のジョブの実行は失敗し、[ジョブの詳細] ウィンドウに「ログオン失敗」というメッセージが表示されます。

1 年前に更新



ロボットについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。