通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Azure Key Vault との連携

Azure Key Vault は、Orchestrator で資格情報ストアとして使用できるプラグインです。

次の 2 つのプラグインが含まれています。

  • Azure Key Vault – 読み取り/書き込みプラグイン (シークレットは Orchestrator によって作成されます)。
  • Azure Key Vault (読み取り専用) – 読み取り専用プラグイン (シークレットは Vault で直接プロビジョニングする必要があります)。

構成


Azure Portal の [アプリの登録] ペインで、以下の手順を実行します。

  1. 新しいアプリの登録を作成します。
  2. 後で使用するためにアプリケーション (クライアント) ID をコピーします。
  3. [管理] > [証明書とシークレット] > [新しいクライアント シークレット] に移動し、新しいクライアント シークレットを追加します。選択した有効期限をメモして、有効期限の前に新しいシークレットを作成します。
  4. 後で使用するため、シークレットの [値] をコピーします。

Azure Key Vault で、以下の手順を実行します。

  1. Key Vault の [概要] ページにアクセスし、後で使用するために [コンテナーの URI][ディレクトリ ID] をコピーします。
  2. 左側にあるメニューから [設定] > [アクセス ポリシー] を選択します。
  3. [アクセス ポリシーの追加] をクリックします。
  4. [テンプレートからの構成 (省略可能)] ドロップダウン メニューから、[シークレットの管理] を選択します。
  5. [認可されているアプリケーション] セクションで [選択されていません] をクリックし、[プリンシパルの選択] フィールドを有効化します。
  6. アプリ登録名を入力し、アプリケーション ID が正しいことを確認して、このプリンシパルを選択します。
  7. [追加] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。

これで、コンテナー URIディレクトリ IDアプリケーション (クライアント) ID、およびシークレットのを使用して、新しい資格情報ストアを設定する準備が整いました。

3 か月前に更新


Azure Key Vault との連携


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。