UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

キューを使用する Studio アクティビティ

これらのアクティビティは UiPath.System.Activities アクティビティ パッケージに含まれ、[アクティビティ] パネルの [Orchestrator] > [キュー] から確認できます。

  • キュー アイテムを追加 - キューにアイテムを設定し、それらのアイテムが処理される期間を定義して、独自の参照を各アイテムに追加します。既定では、アイテムがキューに追加されると、そのステータスは [新規] となります。
  • トランザクション アイテムを追加 - キューにアイテムを追加し、トランザクションを開始して、ステータスを [進行中] に設定します。各トランザクションへの独自の参照を追加するよう設定することもできます。
  • キュー アイテムを一括追加 - 指定した DataTable から、指定したキューにアイテムのコレクションを追加し、アイテムのステータスを [新規] に設定します。
  • キュー アイテムを削除 - 指定したキューから [新規] ステータスのアイテムを削除します。Studio でこのアクティビティを実行するためには、ロボットが Orchestrator と接続し、ロボットのロールに、キューの編集作成削除の権限、およびトランザクションの削除の権限が必要です。このアクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。
  • キュー アイテムを取得 - 指定したキューから、作成日、優先度、ステート、参照などの複数のフィルターに従って、100 件までのトランザクションの一覧を取得します。
  • キュー アイテムを待つ - 指定したキューからキュー アイテムを取得し、QueueItem 変数に格納します。実行時に、指定したキューが空になっている場合にキュー受け入れ準備完了のメッセージを Orchestrator に送信し、指定したキューに新しいアイテムが追加されるのを待ちます。アイテムを取得すると、そのアイテムのステータスは [進行中] に設定されます。
  • トランザクション アイテムを取得 - アイテムを処理 (トランザクションを開始) できるようにキューからアイテムを取得します。アイテムのステータスが [進行中] に設定されます。
  • トランザクション アイテムを延期 - トランザクションが処理される期間 ([延期] 以降、[処理期限] 以前) を示す時間パラメーターを追加します。
  • トランザクションの進行状況を設定 - [進行中] のトランザクションに関する独自の進捗ステータスを作成できます。自動化プロジェクトの特定の場所に設定し、たとえばクラッシュが発生した場合などに、進捗を通知するように設定することができます。このオプションは、トラブルシューティングのプロセスで役立ちます。
  • トランザクションのステータスを設定 - トランザクション アイテムのステータスを [失敗] (アプリケーションまたはビジネス例外の状態) または [成功] に変更します。アプリケーション例外は自動化しているアプリケーションが失敗したときまたは応答しないときに使用し、ビジネス例外は特定のトランザクション値がビジネス要件を満たさないときに使用します。この選択の詳細については、「ビジネス例外とアプリケーション例外」を参照してください。

📘

注:

アプリケーション例外で失敗したアイテムは、Orchestrator でキューの [自動リトライ (Auto Retry)] オプションを構成した場合、リトライされます。

Orchestrator の機能の一部として、キューとともに使用するアクティビティが他にも開発されています。たとえば、長時間実行のワークフローは、UiPath.Persistence.Activities アクティビティ パッケージに含まれる以下のキュー アクティビティを使用します。

  • キュー アイテムを追加し参照を取得 - パラメーターを使用してキュー アイテムを追加し、QueueItemData に格納された対応するキュー アイテム オブジェクトを取得して、ワークフローの実行中に常にトランザクションの完了を待機します。
  • キュー アイテム完了まで待機し再開 - 指定されたトランザクションが完了するまで、現在のワークフローの実行を一時停止します。トランザクションを指定するには、[キュー アイテムを追加し参照を取得] アクティビティから取得する QueueItemData オブジェクトを指定する必要があります。トランザクションが完了すると、ワークフローの実行が再開されます。

これらのアクティビティをキューで使用する方法の詳細については、「Studio でのキューの管理」ページを参照してください。

5 か月前に更新



キューを使用する Studio アクティビティ


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。