通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

スマート カード認証

🚧

重要

この機能は、[コンソールへログイン]True に設定されている場合にのみ動作します。

スマートカード (Common Access Card や Personal Identity Verification カードなど) 認証は、基本認証資格情報以外で、Unattended ロボットを認証する場合の安全な方法です。スマートカードには一意の PIN があります。1 枚のカードに複数のユーザーを登録できます。その場合、すべてのユーザーが同じ PIN を持ちます。1 人のユーザーを複数のカードに登録することも可能です。その場合、同じユーザーが複数の PIN を使用します。

📘

UiPath では、同じユーザー名で登録されていても認証方法が異なるロボット上でのプロセスの同時実行はサポートしていません。

仮想カード、物理カードのいずれも、単一の Active Directory ドメインに存在するかぎり、認証に使用できます。対応するユーザーは、同じドメインに属している必要があります。仮想カード認証は、Windows 8.1 以降のバージョンでのみ使用できます。

スマート カードは、認証のたびに挿入する必要があります。スマート カードが挿入されている限り、関連付けられたロボットは対応するマシンで使用可能です。

It is highly recommended to consult your company’s password policy before using the SmartCard authentication method. Credentials for a Robot that authenticates with a SmartCard may be stored in either the SQL Server or CyberArk. Find out more about storing Robot credentials in CyberArk here.

スマートカード認証を有効にする


To enable SmartCard authentication, select Smart Card when configuring the credential type at the user level. This option is only available if the Features.SmartCardAuthentication.Enabled parameter is set to True.

6 か月前に更新


スマート カード認証


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。