通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ロボット

ロボットの種類

フローティング ロボットとは


Floating robots are robots that enable multiple users to use UiPath Robot on multiple workstations, as the robot is not tied to a specific machine. With one Named User license, one user can use UiPath Robot on a maximum of three machines at a time.
使用している 3 つのワークステーションのうち 1 つを変更する場合、ユーザーは前に使用していたマシンからログアウトして新しいマシンにログインする必要があります。

My name is John Smith, I am a call center operator in a team of 20 working on whatever laptop I find available when I get to work. In Orchestrator, my system administrator needs to define one machine template for the 20 laptops we have, and a floating robot using my username. This enables me to use each of the 20 laptops using my username and the key generated by the machine template.

📘

クラシック フォルダーでは、Attended ロボットのみをフローティングにすることができます。

標準ロボットとは


標準ロボットはフローティング ロボットの前身モデルであり、クラシック フォルダーを操作するときにのみ目にするロボットです。標準ロボットの場合、ユーザーは 1 台のワークステーションでのみ UiPath Robot を使用できます。ロボットが特定のマシン、つまり、Orchestrator で標準ロボットを作成するときに設定したマシンに固定されるからです。標準ロボットは、常に同じマシンで作業するユーザー、または毎回同じ名前でマシンに接続するユーザーにのみ適しています。
ワークステーションを変更するには、最初の標準ロボットを削除し、新しい標準マシンの名前を使用して再作成する必要があります。

My name is John Smith, I am a call center operator working daily on the same laptop whose name is LA4324. In Orchestrator, my system administrator needs to define for me a standard machine with the same exact name as my laptop, and a standard robot using my username, robot configured to connect to the standard machine named LA4324. If I ever change my laptop, the system administrator needs to delete this robot, and create a new one, for the new machine.
Click here for more sample scenarios and the recommended Orchestrator setup in classic folders.

ロボットの管理

ロボットは自動的にプロセスをダウンロードし、カスタム設定で実行できます。ロボットの設定時に、プロセスの自動ダウンロード、ログ レベル、フォント スムージング、および解像度を設定できます。
Orchestrator にはロボットが動作するフォルダーの種類に対応する、2 種類のロボットの管理方法があります。

クラシック フォルダー内のロボットの動作の説明に進む前に、いくつかの基本的な概念について理解しておくことをお勧めします。以下の資料をご覧ください。

ロボットを手動で管理します ([フォルダー] コンテキスト > [ロボット])。つまり、ロボットとマシンのエンティティを手動で設定する必要があります。次のような作業が必要になります。

Unattended robots must be created manually, one for each machine/user combination in your environment.
UiPath Robot can only have access to processes found in one folder at a time. If you want it to have access to processes found in a different classic folder, you are required to delete the corresponding robot entity from the first folder, and provision it in the new one.
In classic folders, you can use any type of standard robot (in conjunction with standard machines) and attended-only floating robots (in conjunction with machine templates).
Robots can automatically download processes, and execute them under custom settings. You can configure automatic process downloading, logging level, font smoothing, and resolution in the Settings tab while creating or editing a robot.
After being created, robots can be monitored on a per-folder basis the Monitoring Robots page (Monitoring > Robots)

ロボットのライセンス

クラシック フォルダーでは、Orchestrator でロボット エンティティを作成または編集するときにロボットのライセンスの種類が設定されます。ロボットの接続状態によっては、編集が一部制限される場合があります。ロボットの接続状態についての詳細は、こちらをご覧ください。

In classic folders, you can use any type of standard robot (in conjunction with standard machines) and attended floating robots (in conjunction with machine templates).
Click here for license types per robot.
Click here for details on the licensing concepts.

環境 (ロボット グループ)

クラシック フォルダーのロボットのグループ化をロボット グループといい、複数のロボットを 1 つのパッケージで同時に実行することができます。

🚧

重要

同じ端末上に複数のロボットが存在する場合は、同じ環境および Orchestrator テナント内でそれらをグループ化することをお勧めします。そうしない場合は、バージョンが異なる同じプロセスをデプロイするときにいくつかのエラーが発生する場合があります。

環境の詳細を確認するには、こちらをクリックしてください。

1 年前に更新



ロボット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。