UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

プッシュ通知について

Webhooks に基づくモバイルアプリ向けに構築された新機能のプッシュ通知を設定すると、特定の Orchestrator イベントが発生するごとに通知を受けられるようになります。これによって各種ロボットの監視が向上します。

📘

重要!

プッシュ通知を使用するには、次のことを念頭に置いてください。
オンプレミスの Orchestrator アカウントを使用すること。
対応する Webhook の権限 (表示、作成、編集、および削除の権限) を持っていること。いずれかの権限がない場合にはアラートが表示されます。

[通知 (Notifications)] ページに、この機能が有効かどうかが表示され、既存のイベントの種類が表示されます。各イベントの種類の横にあるトグルは、有効または無効にするのに役立ちます。

既存の Orchestrator Webhook に基づき、次の種類のイベントについて通知を選択できます。

通知ページにアクセスするには、[設定] メニュー > [通知 (Notifications)] オプションを選択します。

通知を有効にする

対応する Webhook の権限があれば、オンプレミスのアカウントでプッシュ通知機能を有効/無効に設定できます。

デバイスでプッシュ通知を有効にするには、次の手順に従います。

  1. 通知ページで、[通知を有効にする (Enable Notifications)] をオンに切り替えてプッシュ通知を有効にします。既定では、通知は無効です。
  2. モバイルデバイスの OS の権限に関するポップアップウィンドウで [許可 (Allow)] をクリックします。このポップアップは、このモバイルデバイスで初めて通知を有効にするときに一度だけ表示されます。
  1. 一覧内のイベントをオンに切り替えて選択します。モバイルデバイスでイベントのオン/オフを切り替えると、ローカルな Orchestrator インスタンスで Webhook が作成されます。この Webhook は、モバイルアプリに送信するプッシュ通知を生成するサーバーであるクラウドプッシュ通知サーバー (Cloud Push Notification Server) を指定します。

Orchestrator で選択した種類のイベントが発生するごとに、対応する Webhook がトリガーされ、クラウドプッシュ通知サーバーは POST 要求を介して Webhook のペイロードを受信します。このサーバーは送られてくるイベントを精査し、重複があれば破棄します。事前定義されたタイムスロットの間、特定デバイスの通知は、デバイスの UUID に基づいて一括されます。1 つのイベントの種類に関して複数の通知がある場合は、1 つの通知送信要求にグループ化されます。サーバーは、Android モバイルアプリの場合は Firebase Cloud Messaging サービスを、iOS モバイルアプリの場合は Apple Push Notification サービスを利用してプッシュ通知を送信します。

UiPath アプリケーションの一部の機能では、他社製のソフトウェアを使用する必要があります。そうしたソフトウェアについては別途利用規約が適用されます。この場合、UiPath モバイル用 Orchestrator のライセンス条件 (UiPath Mobile Orchestrator License Terms) に加えて、当該他社の利用規約 (または使用条件) に従う必要があります。Firebase Cloud Messaging サービスは、次の Google APIs Terms of Service (Google API サービス条件) および Firebase Data Processing and Security Terms (Firebase データ処理およびセキュリティに関する条件) に従って使用されることがあります。

📘

注:

Orchestrator からのプッシュ通知を受信するには、デバイス設定のレベルでアプリの通知を有効にしておく必要があります。

サーバーが送信するメッセージには、他の情報も含まれます。そうした情報は、Orchestrator モバイルアプリが通知タップ時にどのアプリのページを開くかを判断する際に使用されます。たとえば、単一またはグループ化されたジョブ失敗のプッシュ通知をタップすると、[ジョブ (Jobs)] ページが表示されます。このページには、[エラー (Faulted)] ステート フィルターが適用され、失敗したジョブが最新のものから順に表示されます。

同一のモバイル デバイス上で、2 つ以上の異なる Orchestrator テナント (たとえばテナント A とテナント B) に対して特定イベントの通知を有効にできます。このケースでは、テナント A の通知を受信中にテナント B にログインしている場合、この通知をクリックするとログアウトするかどうかを尋ねるポップアップ ウィンドウが表示されます。[はい] を選択すると、テナント Bからログアウトされ、[ログイン] ページが表示されてテナント A にログインできるようになります。

モバイルデバイスの UUID の確認

UUID (ユニバーサル固有識別子) は 128 ビットの数値で、インターネット上のオブジェクトやエンティティの一意に識別するために使われます。モバイルデバイスはこうした UUID を持っています。

Orchestrator モバイルアプリでこの UUID を確認するには、次の手順に従います。

  1. [通知 (Notifications)] ページで、ページの一番下の [デバイスの UUID を表示 (Show Device UUID)] のテキストをタップします。デバイスの UUID がポップアップウィンドウに表示されます。
  2. [コピー (Copy)] をクリックして、UUID をクリップボードにコピーするか、[キャンセル (Cancel)] をクリックしてポップアップウィンドウを閉じます。

通知を無効にする

[通知 (Notifications)] ページで、目的のイベントをオフに切り替えることで通知を 1 つずつ無効にすることができます。その結果、対応する Webhook が削除されます。

また、[通知を有効にする (Enable Notifications)] をオフに切り替えれば、すべての通知が無効になります。既存の Webhook は無効になりますが、削除はされません。

2 か月前に更新


プッシュ通知について


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。