通知を受け取る

UiPath Marketplace

UiPath Marketplace ガイド

シルバー認定取得

コンポーネントは、次に示す各要件を満たす必要があります。いずれかの手順で問題があった場合、Marketplace パートナーはそれらの問題を修正し、いくつかの基準を満たしていない可能性があるときにはそのすべてについて理由を説明する必要があります。

3 つの要件のすべてを満たしたコンポーネントには、シルバー認定済みバッジが授与され、コンポーネントのページに表示されます。

このレベルの取得に必要な期間は、7 ~ 10 営業日です。

コンテンツのレビュー

The purpose of this step is to verify if the Upload Form is properly filled in as described in the Publishing Guidelines.

タイトルに沿って提示されたコンポーネントのトピックに関して、提出された情報が正確かつ有意義であるかどうかを確認します。フォームのフィールドはいずれも同じように重要です。オートメーションについて、内容、メリット、相互運用性、依存関係といったあらゆる側面から説明するものだからです。提出されたメディアも、オートメーションの内容を視覚的に共有する方法であることから、極めて重要です。

リソースのセクション - ユーザー ガイドやインストール ガイドは、ユーザーがコンポーネントの設定や使用方法について理解を深めるのに役立ちます。フォームのこのセクションも必ず記載してください。

📘

注:

  • 高品質コンテンツの基準が満たされていない場合、コンポーネントを Marketplace で公開することはできません。そう判断された場合は、その理由が通知されます。
  • アップロード フォームに記載された情報が正しくない場合や不十分な場合、コンポーネントは認定プロセスの次のステップに進めません。

セキュリティ チェック

このステップでは、開発/コーディングおよびセキュリティのベスト プラクティスに従っているかどうかを確認するためのスキャンを実行します。

ソフトウェアの分析、品質、セキュリティ対策、管理と、各ベンダーが準拠する必要があるベスト プラクティスや、UiPath のガイドラインに記載されたベスト プラクティスについても調べます。

プロセスの静的スキャンの段階では、発生する可能性がある広範にわたる問題に関して、ソース コードと実行可能ライブラリを確認します。UiPath のアプローチでは、開発のベスト プラクティスに準拠しているかどうかを調べ、悪意のある可能性のあるコードを検出することもできます。

確認するセキュリティ ベスト プラクティスの例として、次のようなものが考えられます。

  • プログラミング関係: コンポーネントの機能に影響を与える可能性があるエラー
  • 資格情報の処理と情報漏洩
  • 不十分または不適切な認可/認証およびデータ管理
  • 業界標準のセキュリティ チェック
  • 外部ライブラリの適切な使用

機能テスト

This step validates the intended use of the listings as specified in the Overview section in the Upload Form. Furthermore, here is where we validate the listing against the quality standards and developing best practices according to the previous stage reports and analysis.

UiPath の基準を満たすために、必ず「パブリッシング ガイドライン」を読んで、公開予定のコンポーネントの種類に応じた要件を満たすようにしてください。

必要に応じて、改善に関する提案や、サブミッションに加える必要がある変更点が通知されます。

11 か月前に更新


シルバー認定取得


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。