通知を受け取る

UiPath Marketplace

UiPath Marketplace ガイド

概要

コネクタは、UiPath 製品プラットフォームの外側に存在する受信処理自動化ソリューションです。コネクタの処理で HTTP 要求が使用されることによって、テクノロジー プラットフォームからの UiPath リソースに関する情報 (ジョブの開始、キュー アイテムの追加、ロボット グループのステータスの取得など) の呼び出しまたは取得が可能となります。

32423242

コネクタを構築する理由

コネクタには、UiPath 製品以外の UiPath リソース フォームに接続し続ける柔軟性があります。したがって、UiPath Orchestrator のリソースに関する情報 (ジョブの開始、キュー アイテムの追加など) をアプリケーションから呼び出したり取得したりする場合に構築するのに最適な連携機能はコネクタです。

たとえば、使用しているアプリケーションが問題管理システムで、ユーザーまたはシステムのイベント (例: 新しいチケットが作成されるなど) の後に、ロボットによって特定の業務プロセスが実行されるようにするとします。その場合、コネクタを介して Orchestrator API と連携することにより、一般にイベント後に発生する業務プロセス (カテゴリやコンテンツに基づくチケットのエスカレーションなど) を実行するようロボットに指示する要求を送信できます。

はじめに

コネクタを構築するための第一段階は、以下のリソースを参照して Orchestrator API に精通することです。

  1. Orchestrator API ドキュメント
  2. Orchestrator API Swagger ドキュメント
  3. Orchestrator API Postman コレクション

If you're interested in jumping into using the Orchestrator API and for hands-on learning, start with the Orchestrator API Postman Collection. This collection handles the authentication/token refreshing and provides step-by-step information for the most common processes.

Orchestrator API に習熟したら、構築を開始します。スムーズに開始できるように、以下のチュートリアルと例を確認してください。

チュートリアル

チュートリアルは、コネクタに統合可能な一般的な操作についての詳細な情報を提供することを目的としています。より状況に即した情報を得られるよう、以下のページを確認した後に例を確認することをお勧めします。

以下に、コネクタ アプリケーションのモックアップへのリンクを示します。これらのモックアップには、ユーザー インターフェイスの例と、各入力フィールドに対応する Orchestrator API 要求が含まれます。

The purpose of these examples is to further conceptualize the topics discussed in the Tutorials section.

1 年前に更新


概要


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。