通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

SAP WinGUI の操作の自動化について

SAP WinGUI について

SAP WinGUI は、SAP アプリケーションの SAP 機能にアクセスするために、最も広く使用されているインターフェイスです。SAP ERP、SAP ECC、SAP S/4HANA などのアプリケーション、および SAP BI/BW、SAP CRM、SAP SCM、SAP PLM、その他の SAP Business Suite アプリケーションに対応しています。

SAP WinGUI の API スクリプティングを有効化すると、信頼性の高い SAP WinGUI オートメーションを作成できます。Studio と Robot を使用するには、ローカル マシンとサーバー側の両方で SAP WinGUI スクリプティングを有効化する必要があります。SAP 用の最初のオートメーション プロジェクトを作成する前に、実行しなければならない設定手順があります。

SAP の UI 要素はコントロールと呼ばれ、それらを検出して使用するには、固有の手法やアクティビティが必要になる場合があります。詳細については、サポートされる SAP 要素をご覧ください。

サポートされる SAP WinGUI バージョン

以下に示す SAP WinGUI のバージョンは、Windows 7 と Windows 10 の 2 つのアーキテクチャの種類 (32 ビットと 64 ビット) の両方に対応しています。SAP ログオンおよび SAP ログオン パッドは、すべてのバージョンが対応しています。

  • SAP WinGUI 7.40
  • SAP WinGUI 7.50
  • SAP WinGUI 7.60
  • SAP WinGUI 7.70

提供中のすべてのテーマ (Quartz、Belize、Blue Crystal、Corbu など) を SAP のオートメーションに使用できます。

SAP WinGUI のアクティビティ

以下のアクティビティは、SAP のオートメーション向けに特別に調整されています。

上記の SAP WinGUI アクティビティはすべてサポートされており、オブジェクト リポジトリで操作できます。

SAP WinGUI のその他の情報

SAP WinGUI 要素に対して生成されるセレクター内では、ワイルドカード正規表現を使用できます。

SAP WinGUI セレクターは、識別のために technical ID 属性だけでなく TextTooltip、および Type of SAP control 属性もサポートしています。SAP テーブル、SAP グリッド、SAP ツリーなどの複雑な SAP コントロールでは、これらの属性は使用できません。異なる方法で識別が行われるためです。

In case SAP WinGUI API scripting is not activated or not allowed in your organization, you can interact with the SAP WinGUI interface with help of Computer Vision activities.

SAP WinGUI スクリプティングの通知

設定が間違っていたり不完全だったりするために、SAP WinGUI を SAP API スクリプティングで自動化できない場合には、以下のエラー メッセージが表示されます。

547

Please follow the configuration steps to verify and to correct the settings.

6 か月前に更新

SAP WinGUI の操作の自動化について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。