UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2019 年 12 月

December 18th 2019

Build number: 2019.12.2

注:

The name of the platform was changed from Connect Enterprise Hub to Automation Hub. This change was made on 26 February 2020. All the notes released before this date will display the old platform name.

機能

System Admins and Program Managers have the option to Re-send the Welcome email to invited users who have not signed up yet. This functionality is available in the Admin Console - People page for any user with the status “Pending”.

Automation Area is a new filtering option available in Explore Components.
All standard users have access to this new filtering option when accessing Explore Components.

改善点

Explorer Expert の実行可能ファイルのダウンロードを可能にする Explorer Expert カードが再設計されました。この Explorer Expert カードは、[ドキュメント] セクションにアクセスする際にすべてのオートメーション プロファイルで確認できます。または、従業員主導のアイデア提出後の成功画面で確認できます。

[管理コンソール] > [コストの設定] > [一時的コスト] に国の一覧内を検索するオプションが追加されました。

Workspace tables: when filtering by a certain Phase, the Status updates dynamically and lists only the corresponding statuses for that phase.

Automation Profile > Cost Benefit Analysis: tooltips and explanatory texts are available.

An NPS Survey is displayed after 30 days from the user’s sign update.

バグ修正

  • Automation Pipeline > CoE Driven ideas were missing the “Date Submitted” field.
  • User Profile > Automations tab: the counter was not updating correctly after deleting automations.
  • Admin Console > People page > Bulk Edit: during the search process the list of Managers did not include all the users.
  • Admin Console > People page > Add User modal: when adding a new user with an email address that already existed in the tenant, the existing user information was overwritten with the newly added information.
  • Admin Console > Platform Setup > Documentation: Explorer Expert card was displayed in this section.

December 4th 2019

Build number: 2019.12.1

注:

The name of the platform was changed from Connect Enterprise Hub to Automation Hub. This change was made on 26 February 2020. All the notes released before this date will display the old platform name.

機能

System Admins and Program Managers have the option to permanently Delete an automation idea. This functionality is available in several places: the action bar from the Automation Profile, the Action column from the Workspace tables, and the Quick View modal.

改善点

[オートメーション パイプライン]: テーブルに一覧表示されているすべてのオートメーションに対して、[提出日] フィールドを追加しました。

[管理コンソール] > [ユーザー] ページ: [未招待]、[保留中]、[アクティブ] のオプションを使用して、ステータスでフィルターする機能を追加しました。

[管理コンソール] > [ユーザー] ページ > [CSV をアップロード]:ファイルがアップロード中であることを示すローダー アイコンが追加されました。

[管理コンソール] > [アカウント] ページ: 料金プランの更新 (プランの変更、有料ライセンスの追加購入、更新のリクエスト) ができるのはアカウント オーナーのみです)。

Explorer Expert のダウンロード リンクは、従業員主導のアイデアの提出の成功画面にも掲載されます。

リーダーボード: 事業部門でフィルターし、同僚のスコアと自分のスコアとを比較する機能です。

バグ修正

  • [管理コンソール] > [ユーザー] ページ > [一覧をエクスポート]: ダウンロードした CSV ファイルにステータス列がありませんでした。
  • [管理コンソール] > [ユーザー] ページ > [一覧をエクスポート]: プラットフォームが、CSV からエクスポートされたファイル内のスカンジナビア文字を正常に取り扱っていませんでした
  • [管理コンソール] > [ユーザー] ページ > [権限]: システム管理者がいないままプラットフォームを離れることがないよう、テナントの最後のシステム管理ユーザーのシステム管理者権限を削除することはできません。
  • [オートメーション プロフィール] > 費用便益分析: 純利益が自動化後の費用と比較して小さすぎる場合、またはその逆の場合、棒グラフの数値が重なりあっていました。

約 1 か月前に更新


2019 年 12 月


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。