通知を受け取る

概要

クラウド サービスのデータ所在地

このページでは、UiPath Automation Cloud™ とクラウド サービスをホストできる、リージョンのリストを確認できます。リージョンの情報はライセンス プランとリージョン別に示されており、ご自身のビジネス データがどこに保存されているかが分かります。

Automation CloudTM のデータの保存場所


Automation Cloud のサービスは世界中の複数の場所で利用可能で、世界のさまざまなリージョンに分散しており、世界中のお客様を対象としています。

このページでは、Automation Cloud でオートメーションの構築および実行に使用される、ビジネス関連の情報の保存場所に関する概要を説明します。

組織のデータとサービスのデータ

組織のデータ

Automation Cloud の組織のデータには、以下のような情報が含まれます。

  • ユーザー ID (名、姓、メール アドレス)
  • 組織やテナントのメタデータ (組織 URL、組織名、テナント名、テナントの場所)
  • ライセンス情報 (各組織で利用可能なライセンス数や各テナントで利用可能なライセンス数)

このデータがホストされるリージョンは、組織を作成したタイミングによって異なります。

  • For organizations created up to and including 11 May 2022, this data is always hosted in the European Union. You can contact Support to request to have your data moved to a different region.
  • 2022 年 5 月 12 日以降に作成された組織の場合、このデータは登録時に組織を作成するタイミングで選択したリージョンでホストされます。
    The DefaultTenant is created in the European Union by default. If you need it to be in a different region, you can create a new tenant in your preferred region, or reach out to Support to request to have it moved to another region.

サービスのデータ

一方、サービスのデータ (ビジネス データ) は、テナント内でユーザーが作成したデータを指し、Orchestrator サービスなどの Automation Cloud 製品 (サービス) におけるオートメーションの使用に関連しています。これは条件に応じて以下のリージョンでホストされます。

  • Community プランのユーザー: 常に欧州連合 (EU)
  • for enterprise and enterprise trial customers, in the selected tenant region, as described below in Tenant and service regions.

 

Community プランのお客様


Community プランのユーザーの場合、組織、テナント、およびサービスのビジネス データは欧州連合 (EU) でホストされます。

 

Enterprise プランおよび Enterprise 無料トライアルのユーザー


Enterprise プランのリージョンの情報は、Enterprise 無料トライアルにも適用されます。

UiPath では、最適なパフォーマンス、ネットワーク レイテンシの短縮、データ ローカリティが保証される最適なリージョンにユーザーの業務データを保存することを目指しています。ただし、データは以下の状況に応じ、異なるリージョンにわたってホスティングできます。

  • 組織のリージョン
  • the default or selected region of your tenants - see Tenant region
  • 組織およびテナントでアクティブなサービスと、使用中のリージョンにおけるそれらのサービスの可用性。詳しくは、以下の表をご覧ください。

組織のリージョン

Automation Cloud への初回登録時に、組織の所在国をお客様に指定していただき、UiPath が組織に最適なリージョンを設定します。

(クリックすると展開)
たとえばお住まいの国がルーマニアである場合、組織のリージョンは欧州連合 (EU) にマッピングされます。アカウントレベルのサービスのプロビジョニングや既定のテナントの作成は、このリージョンで行われます。また、組織全体のサービス (UiPath Apps など) もこのリージョンでホストされます。

Viewing your organization region
Changing your organization region

テナントおよびサービスのリージョン

リージョンとは、各サービスのビジネス データがホストされる場所のことです。
以下の表では、各クラウド サービスのリストと、利用可能な各テナント リージョンでそれらのサービスをホストできるかどうかを示します。

Legend: Available or Not available

Service

Europe (European Union)

United States

Japan

Canada

Australia

Singapore 1

Action Center
Actions and Processes

AI Center

AI Computer Vision5

Apps 2

Automation Cloud portal 3

Automation Hub

Automation Ops 2

Data Service

Document Understanding

Insights 4

Integration Service

Orchestrator

Process Mining

Task Mining

Test Manager

1 シンガポールのフォールバック リージョンは香港です。
\* 組織レベルのサービスです。テナントのリージョンではなくお使いの組織のリージョンでホストされます。
3 ポータルに含まれるのは、[ホーム] ページ、[管理] 下のすべてのページ、[リソース センター] (ヘルプ) ページです。
4 Insights では、カナダ リージョンでのデータ主権をサポートしていません。
5 Design-time data is centralized in our West Europe cloud storage, no matter the region of origin.

テナントのリージョン

お客様のサービスがホスティングされるリージョンはテナントのリージョンによって異なり、次のように設定されます。

  • 既定のテナントのリージョンは、前述の「組織のリージョン」のセクションで説明したように決定されます。お客様の業務データは、すべてのサービスが同じリージョンで利用可能であると想定してホスティングされます。
  • When you create a new tenant, you can choose the tenant region. Your data and resources for that tenant and the selected services are all hosted in the selected region if possible.

フォールバック リージョン

UiPath では、高可用性と迅速な障害回復を実現するため、フォールバック リージョンを使用してデータのバックアップ コピーを保存しています。また、メイン リージョンで問題が発生した場合は、メイン リージョンがバックアップされて実行されるまでの限られた時間の間、サービスが実際にはフォールバック リージョンで実行される可能性があります。

通常、バックアップは同じリージョンに保存されますが、場合によっては (上記のリストに明示的に記載されています)、フォールバック リージョンに保存されることがあります。つまり、1 つの特定のテナントのビジネス データが複数のリージョンでホストされることがあります。

 

デプロイ


UiPath では、Enterprise プランおよび Enterprise 無料トライアル プランのデータは有料の Enterprise のデプロイ環境に保存され、Community プランのデータは無料の Community のデプロイ環境に保存されます。

Community

ユーザーが Automation Cloud アカウントに Community プランで登録すると、コミュニティ デプロイ環境に組織が既定で 1 つ作成されます。Community プランのユーザーのデータは、欧州連合 (EU) の無料のコミュニティ サーバーでホストされます。

If you sign up for an enterprise trial directly, your organization is created in a paid enterprise deployment. In this case, business data is stored as described in Tenant and service regions.

Enterprise プランへの移行

Community プランから Enterprise プランにアップグレードすると、無料のコミュニティ デプロイ環境で作成された組織および既存のサービスは、有料のエンタープライズ デプロイ環境に経時的に移行されます。
Enterprise プランまたは Enterprise 無料トライアルへのアップグレード後は、新しいテナントにプロビジョニングされた新しいサービスは、選択したテナント リージョン内の有料のエンタープライズ デプロイ環境でホストされます。

デプロイ間のリリース方法の違い

UiPath では、1 か月に 2 回、クラウド サービスの新しいリリースをデプロイしています。新しいリリースは、まず Community プランのデプロイ環境で利用可能となり、その 1 週間後には Enterprise プランのデプロイ環境でも利用できるようになります。

 

高可用性


各リージョンでは、負荷分散と高可用性を実現するためにサービスごとに複数のデプロイを用意しています。

デプロイの高可用性を実現するため、各リージョンでは複数の Microsoft Azure Availability Zones を使用しています。そのため、フェールオーバーや障害回復のアクションが発生した場合でも、このページに明示的に記載されているケースを除いて、ビジネス データは同一リージョン内に留まります。

7 日前に更新


クラウド サービスのデータ所在地


このページでは、UiPath Automation Cloud™ とクラウド サービスをホストできる、リージョンのリストを確認できます。リージョンの情報はライセンス プランとリージョン別に示されており、ご自身のビジネス データがどこに保存されているかが分かります。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。