通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

SSO を構成する: Azure Active Directory

このページでは、ホスト レベルで Azure Active Directory (Azure AD) 連携を有効化し、Orchestrator のすべてのユーザーが SSO のメリットを得られるようにする方法を説明します。

standalone These instructions only apply if you have a standalone installation of Orchestrator. If you are using Orchestrator in Automation Suite, follow the Automation Suite instructions instead.

📘

ホスト レベル連携と組織レベル連携

このページで説明しているように、Azure AD 連携をホスト レベルで有効化した場合、組織/テナント レベルでは有効化できなくなります。
ホスト レベルの連携では、SSO のみが有効化されます。これに対し、連携が組織/テナント レベルで有効化されている場合は、SSO だけでなくディレクトリ検索やユーザーの自動プロビジョニングも可能になります。

手順 1: Azure AD のアプリ登録を作成する


📘

次に示す手順は、設定例のおおまかな説明です。Azure AD を認証プロバイダーとして使用するための詳細な手順は、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

  1. Azure ポータルに管理者としてログインします。
  2. [アプリの登録] に移動し、[新規登録] をクリックします。
  3. [アプリケーションの登録] ページの [名前] フィールドに、Orchestrator インスタンスの名前を入力します。
  4. [サポートされているアカウントの種類] セクションで [この組織ディレクトリ内のアカウントのみ] を選択します。
  5. [リダイレクト URI] を設定します。ドロップダウン リストから [Web] を選択して、Orchestrator インスタンスの URL とサフィックス /identity/azure-signin-oidc を入力してください。たとえば、https://baseURL/identity/azure-signin-oidc とします。
  6. 下部の [ID トークン] チェック ボックスを選択します。
  7. [登録] をクリックして、Orchestrator のアプリ登録を作成します。
  8. 後で使用するためにアプリケーション (クライアント) ID を保存します。

手順 2: Azure AD の SSO を設定する


  1. 管理ポータルにシステム管理者としてログインします。
  2. [ユーザー] ページに移動して、[認証設定] タブを選択します。
  3. [外部プロバイダー] セクションで [Azure AD][設定] をクリックします。
    • [有効] チェック ボックスを選択します。
    • Orchestrator に Azure AD によってのみログインできるようにする場合は、[このプロバイダーを使用した自動ログインを強制] チェックボックスをオンにします。
    • [表示名] フィールドに、ログイン ページで Azure AD ボタンに使用するラベルを入力します。
    • [クライアント ID] フィールドに、Azure ポータルから取得した [アプリケーション (クライアント) ID] の値を貼り付けます。
    • (任意) [クライアント シークレット] フィールドに、Azure ポータルから取得した値を貼り付けます。
    • [機関] パラメーターに、以下のいずれかの値を設定します。
      • https://login.microsoftonline.com/<tenant>: <tenant> は、Azure AD テナントのテナント ID または Azure AD テナントに関連付けられたドメインです。特定の組織のユーザーのサインインにのみ使用します。
      • https://login.microsoftonline.com/common 職場または学校のアカウント、または個人の Microsoft アカウントを持つユーザーのサインインに使用します。
    • (任意) [ログアウト URL] に、Azure ポータルから取得した値を貼り付けます。
  4. [テストして保存] をクリックして、外部 ID プロバイダーの設定に加えた変更を保存します。
  5. IIS サイトを再起動します。外部プロバイダーに変更を加えたら必ず再起動する必要があります。

手順 3: 組織に対して Azure AD の SSO を許可する


以上で Orchestrator と Azure AD サインインの連携が設定されました。有効な Azure AD メール アドレスが指定されたユーザー アカウントは、[ログイン] ページで [Azure AD] の SSO オプションを使用して Orchestrator にサインインできます。
Azure AD SSO によるログインを許可するには、各管理者が以上の設定を自分の組織/テナントに対して実行する必要があります。

317
  1. Orchestrator に管理者としてログインします。
  2. 各ユーザーの有効な Azure AD メール アドレスを使用して、ローカル ユーザー アカウントを追加します。

1 年前に更新


SSO を構成する: Azure Active Directory


このページでは、ホスト レベルで Azure Active Directory (Azure AD) 連携を有効化し、Orchestrator のすべてのユーザーが SSO のメリットを得られるようにする方法を説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。