通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

テスト ケース

概要


In this topic, you can learn how to manage your test cases across all the projects and application versions. The test cases are part of test sets that are up for execution. For more information, see Test Sets.

条件


  • The test cases are created automatically when you publish a test package through Studio. For more information, see Application Testing.
  • 既存のパッケージの変更後に、更新したバージョンをパブリッシュした場合、その新しいバージョンのテスト ケースが自動的に作成されます。この新しいテスト ケースは、前バージョンに対応した既存のテスト ケースとともに表示されます。
  • 新しいバージョンのテスト ケースをパブリッシュすると、対応するパッケージは自動的に最新バージョンに更新されます。
  • 既存のプロジェクトを複製して新しいアプリケーション バージョンを作成する場合 (例: v1.1.1 から v.1.2.0)、このパッケージを手動でパブリッシュして、新しいプロセスを作成する必要があります。

🚧

重要

ロボットがモダン フォルダーでテスト オートメーションのジョブを実行するには、既定のロールである Automation User が存在し、このロールが最新の状態であることを確認してください。

テスト セットを作成および実行する前に、パブリッシュされたテスト ケース パッケージからプロセスをデプロイしておく必要があります。

テスト セットを作成する


複数のテスト ケースをまとめて 1 つのテスト セットにグループ化できます。

  1. Orchestrator にログインします。
  2. フォルダーを開きます。
  3. [テスト] > [テスト ケース] に移動します。
  4. テスト ケースを個別に選択するにはチェックボックスを使用します。または、列ヘッダーの [すべて選択] を選択することも可能です。テスト ケースの選択は、後のテスト セットの設定手順で変更できます。
  5. [テスト セットを追加] をクリックします。
  6. テスト セットの [名前] および必要に応じて [説明] を入力してから [作成] をクリックして続行します。

📘

クラシック フォルダーの場合はロボット グループ を選択する必要があります。

  1. 実行ターゲットを設定します。
    クラシック フォルダーの場合、ドロップダウン メニューからロボットを選択できます。
    モダン フォルダーの場合、その特定のフォルダーに割り当てられているユーザーを選択できます。既定は [すべてのユーザー] に設定されます。
  2. Studio のプロジェクトを選択します。
  3. (任意) プロジェクトのバージョンを編集したり、[プレリリースを含める] に切り替えたりできます。
  1. テスト ケースのカスタム引数を定義して、テスト セット レベルで既定値を上書きします。
    この引数を使用して、実行時にテスト ケースをパラメーター化できます。

📘

引数を定義するには、引数を含むパッケージをパブリッシュしておく必要があります。

  1. [次へ] をクリックして続行します。
  2. 必要に応じて、テスト ケースの選択を変更します。
  3. [保存] をクリックします。テスト セットが作成され、[テスト セット] ページで使用できるようになります。

👍

追加のアクション

テスト ケースを実行する


[テスト ケース] ページでは、テスト ケースを個別に実行できます。

  1. Orchestrator にログインします。
  2. フォルダーを開きます。
  3. [テスト] > [テスト ケース] に移動します。
  4. テスト ケースを選択して [実行] をクリックします。
  5. 実行ターゲットを設定します。
    • ユーザー: その特定のフォルダーに割り当てられたユーザーをドロップダウン リストから選択します。既定では [すべてのユーザー] に設定されています。
    • マシン: ドロップダウン リストからマシン リソースを選択します。

📘

クラシック フォルダーの場合は、[ロボット グループ] を選択してから、実行を動的に割り当てるか、特定のロボットに割り当てるかを選択します。

  1. [実行] をクリックして確定します。

テスト ケースを削除する


  1. Orchestrator で目的のフォルダーを開きます。
  2. [テスト] > [テスト ケース] に移動します。
  3. テスト ケースを選択して [削除] をクリックします。
  4. [OK] をクリックして確定します。

10 か月前に更新


テスト ケース


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。