通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Studio のアクティベーション

オンラインでのアクティベーション

The first time you run Studio after installation, a wizard helps you activate and get started with your product. You can use one of the following activation options:

  1. UiPath へのサインイン - このオプションは、次のシナリオに適用できます。
    • UiPathStudioSetup.exe を使用して Studio Community Edition をインストールした場合
    • UiPathStudio.msi を使用して Studio Enterprise Edition をインストールし、ロボットを Windows サービスとして登録しなかった (ロボットをユーザー モードでインストールした) 場合
  2. Orchestrator に接続 - サインインしなかった場合、または UiPathStudio.msi インストーラーを使用し、ロボットを Windows サービスとして登録した場合に使用できます。
  3. ライセンス キーでアクティベーションする - サインインせず、Orchestrator にも接続しなかった場合に使用できます。

UiPath へのサインインによるアクティベーション

After installing Studio using UiPathStudioSetup.exe or using the UiPathStudio.msi installer with the Robot in user mode, you are prompted to sign in to your UiPath account.

  1. [サインイン] をクリックして、ご自分の UiPath アカウントにサインインします。サインインに関する詳細は、こちらをご覧ください。
    • カスタム URL を使用する場合は、[次にサインイン: https://cloud.uipath.com ] をクリックして、[サービス URL] フィールドに URL を入力します。
    • サインインを望まない場合は、[次にサインイン: https://cloud.uipath.com] をクリックして、[マシン キーを使用] を選択すると、Orchestrator に接続してアクティベーションすることができます。後で Studio からサインインするか Assistant からサインインすることもできます。
  2. 新しいブラウザー ウィンドウが開きます。まだログインしていない場合は、電子メール アドレスで、または使用可能なプロバイダーのいずれかを使用してログインします。
  1. ログインすると Web ブラウザーに UiPath を開くかどうかを確認するプロンプトが表示されます。[UiPath を開く] をクリックして、Studio に戻り、作業を続けます。
  1. ユーザーが複数のテナントにアクセスできる場合、接続先のテナントを選択して [続行] をクリックします。アクセス先のテナントが 1 つの場合は、そこに接続されるため、これ以上の入力は不要です。
  1. UiPath アカウントへのサインインが完了し、Studio と Assistant の両方で Orchestrator に接続されます。製品がアクティベーションされ、段階を踏んで簡単にオートメーションを作成できるようにするためのチュートリアルが表示されます。

Orchestrator への接続によるアクティベーション

If you chose not to sign in, or if you installed Studio using the UiPathStudio.msi installer with the Robot registered as a Windows service, you are prompted to connect to Orchestrator with your machine key.

  1. Orchestrator の URLマシン キーを入力して、[続行] をクリックします。UiPathStudio.msi では、Orchestrator Community Edition からライセンスを取得できないことにご注意ください。
  2. Studio と Assistant の両方で Orchestrator に接続され、Orchestrator からライセンス キーが取得されます。段階を踏んで簡単にオートメーションを作成できるようにするためのチュートリアルが表示されます。

After Studio is licensed via Orchestrator, the Help tab mentions License Provider: Orchestrator. For all other cases, the same text states Internal.

Please bare in mind that any license change is performed only after Studio is restarted.

ライセンス キーによるアクティベーション

If you chose not to sign in or connect to Orchestrator, you can activate locally using a license key. A local license can also be activated with the LicenseTool Command Line Utility.

To activate a license key:

  1. [ライセンス キーを追加] をクリックします。
  2. オンラインでライセンスを取得するには、[自動] オプションを選択します。
  3. [ライセンス キーを追加] フィールドに、受け取ったライセンス キーを入力します。
  4. [続行] ボタンをクリックします。これで、UiPath ライセンスがアクティベーションされ、自動化ワークフローの作成を開始できます。

📘

注:

コンピューターにウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合、ライセンス処理中にアクティベーション エラーが表示されることがあります。このエラー メッセージを回避するには、ウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールの両方で Studio をホワイトリストに登録する必要があります。

ローカルでライセンスされた Studio を Orchestrator に接続したい場合は、Orchestrator でロボットを作成する際に [外部ライセンス ] チェック ボックスにチェックを入れてください。これにより、Studio が既定でローカル ライセンスに設定されるため、Orchestrator がライセンス プールからライセンスを割り当てなくなります。

インストール中のライセンスのアクティベーション

The UiPath suite can be activated while running the UiPath Platform installer by providing your license code when prompted during the installation.

When using the UiPathStudio.msi installer, activation can also be done using the Command Prompt. To perform this action you must run it with the CODE argument, followed by the license code. For example:
C:\UiPathStudio.msi CODE=1234567890

Also, for an unattended installation, there are some silent parameters that you can use:

  • /quiet - Quiet mode, no user interaction
  • /passive- Unattended mode - progress bar only
  • /q[n|b|r] - Sets user interface level
    • n - No UI
    • b - Basic UI
    • r - Reduced UI

For example:
C:\UiPathStudio.msi CODE=1234567890 /passive - installs all the default features and activates your license, showing a progress bar.

プロキシを使用したライセンスのアクティベーション

Activating your Studio license through a proxy is done the same way as for the Robot. See here the detailed procedure.

オフラインでのアクティベーション

📘

重要!

オフラインでの (手動) アクティベーションは、Community Edition では使用できません。
ライセンスを更新する場合は、最初に %ProgramData%/UiPath から [ライセンス] フォルダーを削除し、以下に説明している手順に従ってください。

When UiPath Studio is installed on a machine that is not connected to the internet or when your network security software/firewall prevents access to our license validation server, you can manually activate it with the LicenseTool Command Line Utility, or by following the steps below:

  1. [ライセンス キーを追加] ボタンをクリックします。登録ウィンドウが表示されます。
  2. [ライセンス キーを追加] フィールドに、受け取ったライセンス キーを入力します。
  3. 手動アクティベーション オプションをクリックします。
  4. [続行] ボタンをクリックします。手動によるアクティベーションの最初の手順が表示され、アクティベーション要求コードが生成され、クリップボードにコピーされます。
  1. アクティベーション リクエスト コードをメール メッセージまたはテキスト ファイルにコピーし、[続行] ボタンをクリックします。

📘

注:

アクティベーション ウィザードは、プロセスが完了するまで開いたままにしておきます。

  1. アクティベーション要求コードを、インターネットにアクセスできるコンピューターに送信します。
  2. インターネットにアクセスできるコンピューターで、https://activate.uipath.com/ に移動します。
  1. [ライセンスのアクティベーションまたは更新] タブが Web ページ上で選択されていることを確認し、[アクティベーション要求証明書 (テキスト)] フィールドにアクティベーション要求コードを貼り付けて、[ライセンス ファイルを生成] をクリックします。ライセンス コードが生成されます。
  1. ライセンス ファイルをダウンロードして、コンピューター上の .txt ファイルにライセンス コードを保存するか、クリップボードにライセンス コードをコピーするかを選択します。
  2. ダウンロードした .txt ファイルを添付するか、ライセンスをメールに貼り付けて、インターネット アクセスやファイアウォールの制限がないコンピューターに送信します。
  1. ライセンスをアクティベーションしたいコンピューターで、手動アクティベーションウィザードの手順 2 の [続行] ボタンをクリックします。手動アクティベーションウィザードの最後のステップである手順 3 が表示されます。
  1. [アクティベーション] フィールドに、手順 10 で取得したライセンス コードを貼り付けます。
  2. [続行] ボタンを押します。これでライセンスがアクティベーションされました。

ライセンス キーの更新

You can change a local license key from Studio by going to Home (Backstage view) > Settings > License and Profile.

Click Change Local License, enter the new license key, and click Continue. Subsequently, you can click View or Change Profile to switch to another user profile, either Studio, StudioX, or Studio Pro.

📘

注:

The Studio Pro profile is available only with a Studio Pro license. If you activated a StudioX license, you can only use the StudioX profile.

Switching between profiles can also be done using the following command-line parameters:

  • -p Development: to switch to Studio profile;
  • -p Business: to switch to StudioX profile;
  • -p StudioPro: to switch to Studio Pro profile.

To do so, open cmd in the directory where Studio is installed, and type in the following command: UiPath\Studio\UiPath.Studio.exe -p Business, then press Enter. Studio opens in the StudioX profile.

The commands are case-sensitive. If an incorrect argument is inputted, the default profile Studio is opened. The list of Recent projects is persisted per profile.

約 1 か月前に更新


Studio のアクティベーション


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。