UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

インストール

Orchestrator インスタンスに対して High Availability Add-on (HAA) をインストールするには、提供されているスクリプトをダウンロードして実行します。

HAA のインストールを進める前に、ハードウェアおよびソフトウェア要件が満たされていることを確認してください。

📘

注:

HAA には、Orchestrator とは別のライセンスが必要です。詳細については、UiPath までお問い合わせください。

インストール

前提条件

HAA のインストールを開始する前に、次の点を確認してください。

  • root ユーザーであるか、sudo で root ユーザーへのアクセス権がある。
  • ユーザー作成権限がある。
  • enabled firewall service.

📘

注:

Root permissions are required only for installation and upgrade, the HAA admin user does not need escalated permissions to administer the cluster services.
On the following daemons run by the HAA admin user, capability bits have been set to allow the executable the minimal privileges required to operate:

/opt/redislabs/bin/dmcproxy = cap_sys_resource+ep
/opt/redislabs/bin/redis-server-4.0 = cap_sys_resource+ep
/opt/redislabs/bin/redis-server-4.0-big = cap_sys_resource+ep
/opt/redislabs/bin/redis-server-5.0 = cap_sys_resource+ep
/opt/redislabs/bin/redis-server-5.0-big = cap_sys_resource+ep
/opt/redislabs/bin/sentinel_service = cap_sys_resource+ep
/opt/redislabs/sbin/pdns_server = cap_net_bind_service+ep
/opt/redislabs/sbin/smaps = cap_sys_ptrace+ep

These allow the HAA admin user to run these services with privilege without requiring the user to have the privileges assigned."

  • 次の手順でスワップを無効にする。
  1. コマンド sudo swapoff -a により swap を無効にします。
  2. リブート時もこの変更を保持するために、sudo sed -i.bak '/ swap / s/^(.*)$/#1/g' /etc/fstab を実行することで、etc/fstab ファイルの swap エントリをコメント アウトします。
  3. HAA をインストールするすべてのノードで、このプロセスを繰り返します。

また、使用言語と文字セット (エンコード) によっては、インストール スクリプトの実行中に問題が発生する可能性があります。英語が言語一覧に追加されているかどうかをまず確認してください。

  1. 現在インストールされ、使用されている locale について情報を表示するには、locale -a または localectl を実行します。
  2. 現在のセッションの言語とエンコードを英語に設定するには、$ export LANG="en_US.utf8" を実行します。

マスター ノード

  1. wget http://download.uipath.com/haa/2020/2.0/get-haa.sh を実行してインストール スクリプトをダウンロードします。
  2. chmod a+x get-haa.sh を実行することでスクリプトを実行可能にします。
  3. Install the master node with the following command: sudo ./get-haa.sh -u <email> -p <password>.
    Provide the email and desired password for the account administrator, and the installation directories.

🚧

重要!

To install HAA in a custom location run the install.sh script for advanced configuration (this does not create any cluster), keeping in mind that all locations must be different. For example:
sudo ./install.sh --install-dir /opt/haa-uipath --config-dir /etc/opt/haa-uipath --var-dir /var/opt/haa-uipath.

セカンダリ ノード

プライマリ (マスター) ノードのインストール後、その他のノードのそれぞれから以下を実行します。

  1. HAA をダウンロードして抽出するディレクトリを作成します (例: mkdir haa)。
  2. コマンド cd /<path-to>/haa/ を使用して、新しく作成したディレクトリに移動します。
  3. wget http://download.uipath.com/haa/2020/2.0/get-haa.sh を実行してインストール スクリプトをダウンロードします。
  4. chmod a+x get-haa.sh を実行することでスクリプトを実行可能にします。
  5. 次のコマンドによりノードをインストールします: sudo ./get-haa.sh -u <email> -p <password> -j <IP_address_of_the_master_node>
    マスター ノードの作成時に設定したメール アドレスとパスワード、およびプライマリ ノードの IP アドレスを入力します。

スクリプトのパラメーター

HAA のインストール スクリプトを実行するときは、以下のパラメーターを使用できます。

Parameter

Decription

-u

The username of the HAA cluster administrator.

For example -u documentation@uipath.com.

-p

The password for the administration user, set when installing the primary node.

For example -p SuperSecret_Password.

-j

The IP address of the primary node. When provided, a secondary (slave) node is installed.

For example -j 10.10.22.10.

--install-dir

Indicate the path to the HAA installation directory (only when running the install.sh script for advanced installation).

--config-dir

Indicate the path to the HAA configuration directory (only when running the install.sh script for advanced installation).

--var-dir

Indicate the path to the HAA variables directory (only when running the install.sh script for advanced installation).

-h

Used to display the installation help guide.

-l

The license code for your HAA cluster.

Web.config の設定

HAA を使用できるように Orchestrator を設定し、パラメーター LoadBalancer.UseRedisLoadBalancer.Redis.ConnectionString により、Orchestrator の web.config ファイルにすべての HAA ノードを追加する必要があります。例えば、次のようになります。

<add key="LoadBalancer.UseRedis" value="true" />
<add key="LoadBalancer.Redis.ConnectionString" value="10.10.20.184:10000,10.10.24.148:10000,10.10.22.114:10000,password=SuperSecret_Password" />

クラスター インストールの検証

HAA クラスターの全ノードのインストールが完了したら、以下の手順に従い、設定が適切に行われていることを確認します。

  1. ブラウザーで、任意の HAA ノードの IP アドレスのポート 8443 に移動します (例 : https://10.10.20.196:8443/)。HAA のログイン ページが表示されます。
  1. インストール中に指定したユーザー名とパスワードを入力してログインします。
  2. [ノード (Nodes)] タブを選択し、そこに表示されるすべてのインストール済みノードのステータスが OK であることを確認します。
  1. [データベース (Databases)] タブを選択し、そこに表示される uipath-orchestrator データベースのステータスが OK であることを確認します。

📘

注:

既定では、データベースは、インストール時に指定したパスワードで、ポート 10000 上に作成されます。

HAA Licensing

To add or update your High Availability Add-on license, follow these steps:

  1. ブラウザーで、任意の HAA ノードの IP アドレスのポート 8443 に移動します (例 : https://10.10.20.196:8443/)。HAA のログイン ページが表示されます。
  2. インストール中に指定したユーザー名とパスワードを入力してログインします。
  3. Select the settings > general tab.
  4. In the Cluster key field enter your license key.
  5. [保存] をクリックします。

これで、HAA クラスターの準備ができたので、Orchestrator インストールを続行します (こちらを参照)。

4 日前に更新


インストール


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。