通知を受け取る

UiPath Insights

The UiPath Insights Guide

トラブルシューティング

TLS 構成

Insights と Orchestrator がインストールされているマシンが、異なる TLS 構成を使用している場合、Insights のインストールは失敗します。両方のマシンが同じ TLS 構成を使用していることを確認してください。TLS 1.2 が推奨されます。

新しい SQL インスタンスを使用したインストールの修復

インストールされている Insights を変更または修復する場合に、元の状態と比較された非標準の SQL インスタンスを使用するには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. Insights のマシンで uipath_insights.properties ファイルを開きます。

📘

注:

このファイルは C:\Program Files\Sisense\DataConnectors\JVMContainer\Connectors\UiFrost\ ディレクトリに見つかります。

  1. JDBC 接続文字列のサーバーとインスタンスの間に 2 つ目のスラッシュ \ を追加します。例: insights.db.conn=jdbc:sqlserver://insightsval\\dev01;Database=insightsval;integratedSecurity=true;
  2. 変更を uipath_insights.properties ファイルに保存します。

非 ASCII 文字を含む言語を使用したデプロイ

Multiple issues have been linked to localization issues in languages containing non-ascii characters. For full localization support, please upgrade to the 20.10 Insights release.

コネクタのエラー

Could not start connector
Insights データベースがあるマシン上で、ホスト サーバー名のカスタム ポート番号をコンマを使用して指定すると (例: sql.uipath.com,1733)、コネクタが起動できなくなる可能性があります。

  • Insights マシンで次の操作を行います。
  1. C:\Program Files\Sisense\DataConnectors\JVMContainer\Connectors\UiFrost に移動し、'uipath_insights.properties' ファイルを開きます。
  2. プロパティ 'insights.db.conn' を検索し、ホスト名とポートがコロンで区切られていることを確認します。
    例:
insights.db.conn=jdbc:sqlserver://insightscore.database.windows.net:1433;Database=insights;user=uipath

コロンで区切られていない場合は、区切り文字を「:」に置換します。

2 年前に更新



トラブルシューティング


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。