通知を受け取る

UiPath Insights

The UiPath Insights Guide

ウィジェットについて

ウィジェット エディターを使用すると、ウィジェットの作成とデザインを微調整して、分析ニーズに最も効果的なビジュアリゼーションを実現することができます。

To reach the widget editor, select Advanced Configuration when creating a new widget or click the Edit Widget button of any existing widget.

インターフェイス

ウィジェット エディター インターフェイスには、次の機能が含まれています。

2274
  1. ビジュアリゼーション セレクター - ウィジェットの種類を変更できるドロップダウン メニューです。
  2. データパネル - ウィジェットに表示する値とデータをグループ化するための値を選択するために使用されます。使用可能なオプションは、選択したウィジェットの種類によって異なることに注意してください。
  3. 表示パネル - ウィジェットの現在のデザインとコンテンツのプレビュー。データパネルで [変更のたびに更新] に切り替えると、オプションが変更されるたびに更新されます。それ以外の場合は、[更新] を選択した場合にのみ更新されます。
  4. タイトル - ウィジェットのタイトルを編集し、オプションの説明を追加できます。
  5. その他のオプション - 次のオプションを含むメニューが開きます。
    • コピーを保存 - 現在のウィジェットをそのまま保存し、コピーを作成します。
    • 選択 - ウィジェットで行った選択がダッシュボード フィルターに影響するかどうかを選択できます。
    • ドリル - 任意の場所へのドリルダウンを可能にするかどうかを選択します。無効化すると、ビューアーは各値に対して事前定義された階層のみをドリルダウンできます。
  6. フィルター パネル - 新しいウィジェット フィルターを追加したり、既存のフィルターを編集したりできます。
  7. デザイン パネル - ウィジェットの外観を微調整できます。使用可能なオプションは、選択したウィジェットの種類によって異なることに注意してください。

予測

予測機能を使用して、ウィジェット データの線形傾向線、指数傾向線、および対数傾向線を表示し、履歴データに基づいて将来の値を予測することができます。

📘

注:

予測は、縦棒グラフ折れ線グラフ棒グラフ、および 面グラフのウィジェットの種類に対してのみ使用でき、以下をサポートしていません。
[Break by] の値
傾向線データの CSV へのエクスポート
[Stacked] および [Stack 100] ウィジェット

次のように、ウィジェット エディターから予測が追加されます。

  1. 予測を追加するための新しい [値] を追加するか、既存の値を選択します。
    : 傾向線が既存の値の上に表示されるよう、対象の値を複製することをお勧めします。
  2. 目的の値に対して、その他のオプション ボタンをクリックして [Regression] を選択します。この場合、希望の回帰の種類を選択することができます。
    • 線形
    • 指数
    • 対数

フィールドの説明

📘

注:

表示されるフィールドは、選択したウィジェットの種類によって異なります。

データ パネル

FieldDescription
CategoriesThe fields whose values will be placed on the X-Axis of the chart.
ValuesThe fields whose values determine the height of the Y-Axis.
Break byOptional. Select a field by which to break that data represented in the chart.
Please note that:
Only one Break by field can be added.
This option is only available when a single field has been added to Values.
SecondaryApplicable to Indicator widgets. The field whose name and value will appear as the secondary title and value in the widget.
RowsThe field(s) whose values will appear in the rows of the widget.
ColumnsThe field(s) whose values will appear in the columns of the widget.
SizeApplicable to Treemap widgets. The fields whose values determine the size of the rectangles.

フィルター パネル

FieldDescription
Dashboard FiltersToggle to determine if dashboard filters affect this widget. If enabled, all dashboard filters appear, enabling you to select individually which affect the widget or not.
Filter BehaviorThe available options to determine how a widget behaves when filtered:
Splice/Filter - only the selected categories remain visible, all non-selected are removed.
Highlight - All categories remain visible but the selected ones are highlighted.
Add

add
Opens the Filter a Field window to create a new filter.
Edit

edit_filter
Appears on all existing filters in the panel. Opens the filter for editing.

デザイン パネル

FieldDescripition
LegendToggle to determine if the legend is displayed and it's position.
Labels / Value LabelsSelect which widget features are labeled, if any, and the label direction.
Area Type / Column TypeSelect how areas/columns are represented in the widget. The available options are:
Classic - Columns are displayed side by side. Areas appear in an overlap, with smaller areas in front and on top of larger areas.
Stacked - Values appear on top of each other and do not overlap.
Stacked 100 - Values appear on top of each other and do not overlap, with the combined values stretched to represent 100%.
X-Axis / Y-AxisEnable or disable the following options:
Grid Lines - Select whether the grid lines appear or not. Enabled by default.
Labels - Select whether labels appear or not. Enabled by default.
Title - Select whether or not the axis title appears and edit its content.
Logarithmic - Display values using orders of magnitude.
Values on Axis - Enables you to edit the default minimum, interval, and maximum values of the axis.
Auto ZoomWhen enabled, automatically resizes the chart to include more data if the contents are more than can be displayed in one view.
Whisker valuesApplicable to Box & Whisker Plot widget. The available options are:
IQR - Interquartile Range, values are calculated within 1.5 times the difference between the first and third quartiles.
Extrema - The values include the maximum and minimum in the calculation.
Standard Deviation - The values are one standard deviation above and below the mean.

2 年前に更新


ウィジェットについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。