通知を受け取る

UiPath Insights

The UiPath Insights Guide

フィルターについて

ダッシュボードに表示されるデータを定義するために、フィルターが使用されます。フィルターを定義する際に使用できる 2 つのスコープが用意されています。

  • ダッシュボード フィルター - これらのフィルターは、独立したものとして明確に設定されたウィジェットを除き、ダッシュボード上のすべてのウィジェットとデータに影響します。これらは、すべての Insights ビューアーが Orchestrator で表示および編集できます。
  • ウィジェット フィルター - これらのフィルターは、それらが適用される特定のウィジェットにのみ影響します。Orchestrator ビューアーは、これらを表示しり操作することはできません。

Widget filters are created and managed from the widget editor and dashboard filters from the Filters pane appearing on the right of each dashboard.

使用可能なフィルターには次の 4 つの種類があります。

Filter TypeDescription
ListSelect whether or not specific field values are included.
CriteriaWill appear as Text or Values depending on the field type. Used for filter according to specified text or range of values.
CalendarOnly available for date and time fields. The available options are:
Calendar - Select a custom date range.
Time Frame - Select dynamic time frames (e.g. Last Quarter, Next Week, Last 2 Hours).
RankingEnables you to select only a specified number of the top or bottom values to be included.

📘

注:

使用可能なフィルターの種類は、選択したフィールドの種類 (日付、数値、説明など) に応じて変わります。

フィルターの作成

  1. [フィルターを追加] (+) ボタンをクリックします。[フィルターを追加] ウィンドウが表示されます。
  2. フィルターの基準となるフィールドを選択します。
  3. フィルターの種類を選択して、フィルターの詳細を入力します ([期間] および ** [過去 1 年間] など)。
  4. 任意です星印アイコンを選択して、将来使用するためにこのフィルターを星印付きお気に入りリストに保存します。
  5. [OK] をクリックします。選択したとおりにダッシュボードがフィルター処理され、[フィルター] ペインに新しいフィルターが表示されます。

依存フィルターの作成

依存フィルターを使用してフィルターの階層を作成します。各子フィルターのオプションは、親レベルでのフィルター処理の制限を受けます。たとえば、「総収益」 という親フィルターに、それに続く子フィルターとして「前四半期」および「リージョン」を追加できます。

依存フィルターを作成するには、次の操作を行います。

  1. 目的の親フィルターから、[その他のオプション] ボタンを選択します。オプション メニューが表示されます。
  2. [依存フィルターの追加] を選択します。
  3. 通常どおり、新しい子フィルターを定義します。

ウィジェット フィルターの作成

Widget filters are created it the same way as dashboard filters except that it must be done from the widget editor.

フィルターの編集

フィルターの選択は、Orchestrator または Insights ポータルの [フィルター] ペインから直接編集できます。

303

または、[Edit Filter (フィルターを編集)] ボタンを選択して、[Edit Filter (フィルターを編集)] ウィンドウを表示し完全なカスタマイズ機能を設定します。

既定のフィルターの設定

フィルターの現在のステートを保存して、何らかの変更を加えた後に、必要に応じて復元できるようにすることができます。[フィルター] パネルで、その他のアクション ボタンをクリックし、[マイ デフォルト フィルターに設定する] を選択します。何らかの変更を加えた後に、[元に戻す] ボタンをクリックして既定のフィルターを再度適用することができます。

フィルターの削除

フィルターを削除するには、[フィルター] パネルのフィルターのウィジェットから [項目の削除] ボタンを選択します。

2 年前に更新


フィルターについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。