Document Understanding
2022.4
Document Understanding ガイド
Last updated 2024年6月27日

マシン ラーニング抽出器

マシン ラーニング抽出器とは

マシン ラーニング抽出器は、データ抽出の対象データを識別および報告するためにマシン ラーニング モデルを使用するデータ抽出ツールです。

このアクティビティは UiPath Document Understanding モデルのコンパニオンであり、ワークフロー内でそのようなモデルを使用する手段です。

マシン ラーニングを使用するアプローチは、さまざまなドキュメント プロバイダーによってレイアウトが大きく異なる構造化または半構造化ドキュメントからデータを抽出する場合に強く推奨されます。このアプローチでは、抽出器はトレーニングされたマシン ラーニング モデルを使用します。このモデルは学習することができ、今まで処理したことのないドキュメントやレイアウトでも対象フィールドの値を推測できます。つまり、ドキュメントがテキスト パターンやレイアウト パターンに従っていないユース ケースにおいて、マシン ラーニング抽出器はよい選択肢です。

マシン ラーニング モデルは、複数の方法で使用できます。

  • 特定のドキュメントの種類を対象にした一般的なモデルを使用する場合、UiPath Document Understanding のいずれかのパブリック エンドポイントで使用できます。
  • UiPath Document Understanding の利用可能モデルから始まる、カスタムでトレーニングされたマシン ラーニング モデルで使用できます。

この抽出器はトレーニング/再トレーニングできます。詳細については、「トレーニング方法」セクションをご覧ください。

重要: 50 x 50 ピクセルよりも解像度が低い画像は処理できず、エラーを生成します。

特別な要件

以下を使用する必要があります。

  • データ抽出用の UiPath Document Understanding のいずれかのパブリック エンドポイント
  • Automation Cloud の AI Center でホストされるマシン ラーニング モデル
  • オンプレミスの AI Center でホストされているが、Automation Cloud でライセンスされており、Automation Cloud Document Understanding の API キーを使用する必要のあるマシン ラーニング モデル

オンプレミスのライセンスでマシン ラーニング抽出器を使用するには、オンプレミスの AI Center (エアギャップ インストール) インスタンスで Document Understanding モデルをホストする必要があります。

設定方法

アクティビティの設定

使用しているエンドポイントが Automation Cloud でライセンスされている場合は、Automation Cloud Document Understanding の API キーを指定する必要があります。

UiPath Document Understanding のパブリック エンドポイントまたは AI Center のパブリック ML スキルでマシン ラーニング抽出器を使用している場合は、対応する URL でアクティビティの [エンドポイント] 引数を設定する必要があります。

デプロイした ML スキルでマシン ラーニング抽出器を使用している場合は、アクティビティの [ML スキル] 引数を、AI Center でホストされている ML スキル リストから正しく選択して設定する必要があります。

両方のオプションを設定しようとすると、設定ウィザードまたはワークフロー内に直接エラーが表示されます。



詳しく読む

マシン ラーニング抽出器について詳しくは、こちらをご覧ください。

  • マシン ラーニング抽出器とは
  • 特別な要件
  • 設定方法
  • アクティビティの設定
  • 詳しく読む

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.