通知を受け取る

UiPath Integration Service

UiPath Integrations Service ガイド

コネクタ

Integration Service は、UiPath Platform 上のすべての製品間 (UiPath 製品および他社製品間) での連携/接続を可能にし、連携するシステムの認可および認証を標準化します。

コネクタについて

コネクタは、UiPath と外部のアプリケーションとの間にセキュリティで保護されたコネクションを作成します。コネクタは構築済みの強力な API 連携機能で、連携プロセスを簡素化すると共に、一貫性のある開発エクスペリエンスを提供します。

📘

注:

コネクタのライフサイクルにおけるステージは、タグで表示されます。コネクタによっては、以下のいずれかのステージが表示されます。

  • プレビュー - コネクタはプレビュー モードで提供されており、一般提供は開始していません。
  • 非推奨 - コネクタは今後メンテナンスされません。

コネクタにアクセスする

利用可能なコネクタにアクセスするには、以下の手順に従います。

  1. Automation Cloud プラットフォームにアクセスします。

  2. 左のメニューから [Integration Service] をクリックします。ウィンドウには、次の 3 つのタブがあります。

  • コネクタ
  • コネクション
  • トリガー
  1. [コネクタ] タブで使用するコネクタをクリックして、新しいコネクションを作成するか、既存のコネクションを更新します。

または、画面の左上隅にある [検索] ボックスを使用して、目的のコネクタを簡単に検索できます。検索しやすくするために、コネクタの名前と説明の両方で検索できます。そのため、たとえば、「marketing」と入力すると、マーケティング向けのサービス用のコネクタのリストが表示されます。

コネクタ カタログ フィルターを使用して、画面に表示するコネクタを選択することもできます。利用可能なチェックボックスは、以下の種類のコネクタに対応しています。

  • Official - 一般提供されているコネクタ
  • Preview - パブリック プレビューとして利用可能なコネクタ
  • Custom - コネクタ ビルダーを使用して作成されたコネクタ

📘

注:

作成/更新されるコネクションは、ユーザーおよびプラットフォームに固有です。


プロセスはモダン フォルダーにデプロイされる必要があります。クラシック フォルダーはサポートされていません。

約 1 か月前に更新

コネクタ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。