通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Azure App Service のインストール スクリプト

Azure インストール スクリプトを使用して Orchestrator を 1 つのノードまたはマルチノードでインストールできます。

🚧

重要

以下のインストール手順では、すべての手順が必須です。Orchestrator は Identity Server をインストールしなければ動作しません。

シングル ノードでのインストール

Azure App Service 上に Orchestrator をインストールするには、次の手順を実行します。

Orchestrator 特有の手順

  1. In the Azure Portal, under App Services, create a new app service with a custom name such as UiPathOrchestrator. For more information, see Microsoft's official documentation.
  2. Set the database connection string in the Application Settings of the web app, with the name Default. For example, Server=13.13.13.13;Initial Catalog=UiPath;Persist Security Info=False;User ID=dbUser;Password=pass123; MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True; Connection Timeout=30;TrustServerCertificate=True です。
  3. [設定] > [構成] > [全般設定] タブに移動します。[プラットフォーム] から [64 ビット] を選択します。
  4. Orchestrator の App Service やリソース グループにアクセスできる、Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルを作成します。必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを信頼できる DevOps チームに問い合わせてください。

Identity Server 特有の手順

  1. In the Azure Portal, under App Services, create a new app service with a custom name such as UiPathIdentity. For more information, see Microsoft's official documentation.
  2. Set the database connection string in the Application Settings of the web app, with the name DefaultConnection. For example, Server=13.13.13.13;Initial Catalog=UiPath;Persist Security Info=False;User ID=dbUser;Password=pass123; MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True; Connection Timeout=30;TrustServerCertificate=True です。
  3. [設定] > [構成] > [全般設定] タブに移動します。[プラットフォーム] から [64 ビット] を選択します。
  4. Identity の App Service やリソース グループにアクセスできる、Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルを作成します。必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを DevOps チームに問い合わせてください。

共通の手順

  1. Download the UiPathOrchestrator.zip archive to your local machine. This contains all the scripts necessary to install Orchestrator, Identity Server, and Webhooks Service. UiPath provides the UiPathOrchestrator.zip archive on request. Contact us for details.
  2. Extract the content of the zip file into a folder on your machine.
  3. Run the Publish-Orchestrator.ps1 script, in PowerShell, using the parameters described here. Check out this example.
  4. Run the Publish-IdentityServer.ps1 script, in PowerShell, using the parameters described here and complete the process as described here.
  5. Run the MigrateTo-IdentityServer.ps1 script, in PowerShell, using the parameters described here. Check out this example.
  6. Webhook サービスをインストールします
  7. Orchestrator および Identity のアプリ サービスを開始します。Azure Portal で Orchestrator を使用してください。

マルチノードでのインストール

Azure App Service 上に、Orchestrator をマルチノードでインストールするには、次の手順を実行します。

Orchestrator 特有の手順

  1. In the Azure Portal, under App Services, create a new app service with a custom name such as UiPathOrchestrator. For more information, see Microsoft's official documentation.
  2. Set the database connection string in the Application Settings of the web app, with the name "Default". For example, Server=13.13.13.13;Initial Catalog=UiPath;Persist Security Info=False;User ID=dbUser;Password=pass123; MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True; Connection Timeout=30;TrustServerCertificate=True です。
  3. [設定] > [構成] > [全般設定] タブに移動します。[プラットフォーム] から [64 ビット] を選択します。
  4. Orchestrator の App Service やリソース グループにアクセスできる、Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルを作成します。必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを信頼できる DevOps チームに問い合わせてください。
  5. [スケールアウト (App Service のプラン)] タブで、[特定のインスタンス数に調整] オプションを選択して目的のインスタンス数を指定します。

Identity Server 特有の手順

  1. In the Azure Portal, under App Services, create a new app service with a custom name such as UiPathIdentity. For more information, see Microsoft's official documentation.
  2. Set the database connection string in the Application Settings of the web app, with the name DefaultConnection. For example, Server=13.13.13.13;Initial Catalog=UiPath;Persist Security Info=False;User ID=dbUser;Password=pass123; MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True; Connection Timeout=30;TrustServerCertificate=True です。
  3. [設定] > [構成] > [全般設定] タブに移動します。[プラットフォーム] から [64 ビット] を選択します。
  4. Identity の App Service やリソース グループにアクセスできる、Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルを作成します。必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを DevOps チームに問い合わせてください。

共通の手順

  1. Download the UiPathOrchestrator.zip archive to your local machine. This contains all the scripts necessary to install Orchestrator, Identity Server, and Webhooks Service. UiPath provides the UiPathOrchestrator.zip archive on request. Contact us for details.
  2. Extract the content of the zip file into a folder on your machine.
  3. Run the Publish-Orchestrator.ps1 script, in PowerShell, using the parameters described here. Check out this example.
  4. Run the Publish-IdentityServer.ps1 script, in PowerShell, using the parameters described here and complete the process as described here.
  5. Run the MigrateTo-IdentityServer.ps1 script, in PowerShell, using the parameters described here. Check out this example.
  6. Webhook サービスをインストールします
  7. Orchestrator および Identity のアプリ サービスを開始します。Azure Portal で Orchestrator を使用してください。

1 年前に更新


Azure App Service のインストール スクリプト


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。