通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

サーバーの構成

はじめに

UiPath Process Mining を新たにインストールするときには、以下の設定が必要です。

  • 関連するサーバーの設定を適用する
  • ODBC 接続を使用する
  • 設定を完了させる

このガイドでは、UiPath Process Mining 自体の設定のいくつかと、サード パーティーの依存関係の追加/使用について説明します。

サーバーの設定

既定では、サーバーは可能な限り厳密に構成されます。このセクションでは、サーバー管理者に関連する設定のいくつかについて説明します。これらの設定を使用するか、少なくともサーバー管理者レベルで検討することをお勧めします。

以下の表では、UiPath Process Mining の新規インストールで重要な設定について説明しています。

Server Setting

Description

AllowHTTPFor

By default, UiPath Process Mining is set to only use HTTPS. However, while setting up domain names, it might be necessary for your users to connect over HTTP. With this setting, you can define an IP-address range from which users can connect over HTTP.

MailSettings

This setting needs to be set for UiPath Process Mining to be able to send e-mail in certain cases. For instance, to send invitation or reset password e-mails to new users, or to send error reports.

SessionTimeout

The default timeout for end users is 20 minutes. If you expect your end users to have more idle time, you can increase the timeout with this setting.

SendMailReportTo

UiPath Process Mining will send e-mail to this address after generating data caches. By default, it will also send mails on successful cache generations.

サーバーの設定を変更するには、以下の手順に従います。

Step

Action

1

Go to the Superadmin Settings tab.

2

In the Server Settings field, you can make changes to the server configuration. These
settings are noted in JSON. Press the help button for more information on the settings.

3

Press CTRL+S to save the changes and reload the page to apply them.

See also The Superadmin Page: The Settings Tab.

変更が適用され、次のセッションでユーザーに通知されます。
サーバーの設定はグローバル設定です。つまり、バージョンに関係なく、インストール済みの UiPath Process Mining のすべてのビルドで同じサーバー設定が使用されます。

📘

UiPath Process Mining の新しいビルドをインストールし、Superadmin ビルドとして使用する場合、現在のアプリケーション リリースで新しいビルドが自動的には使用されません。

新しいビルドに新機能が導入され、Superadmin Server Settings で設定される場合、古いビルドを使用し続けているアプリケーション リリースではその新機能を利用できません。新機能を使用できるようにするには、アプリケーションを新しいビルドでリリースし、デプロイする必要があります。

アプリケーション リリースを新しい UiPath Process Mining リリースのそれぞれで更新することをお勧めします。

ODBC 接続

UiPath Process Mining は、ODBC によるデータベース アクセスをサポートしています。開発者が接続する必要のあるデータベースによっては、正しいドライバーをインストールする必要があります。UiPath Process Mining には 64 ビット版しかないため、ODBC ドライバーも 64 ビットである必要があります。

開発者は接続文字列に詳細をすべて入力するか DSN を設定することによって、ODBC ドライバーを使用できます。少なくともデータベースに接続できるかどうかをテストできるよう、後者をお勧めします。

必要な ODBC ドライバーをサーバーにインストールした後、開発者はそのドライバーを接続文字列で使用できます。UiPath Process Mining で接続文字列を作成するときのヘルプには、最も使用されている ODBC ドライバーの接続文字列の例が示されています。

UiPath Process Mining のインストールを完了する

インストールはもうすぐ終了です。UiPath Process Mining を使用できるようにするには、考慮しなければならないことがいくつかあります。

  • UiPath Process Mining には、ファイアウォールの設定に応じて、サーバー自体、またはローカル ネットワークでのみアクセスできます。UiPath Process Mining にアクセスするための URL を作成し、IIS でバインドを変更することをお勧めします。HTTPS バインドを作成することをお勧めします。

  • UiPath Process Mining へのアクセスには Google Chrome を使用することをお勧めします。それ以外に、Internet Explorer 11、Microsoft Edge、Firefox もサポートされています。いずれのブラウザーも、定期的に更新されていることが前提となります。

1 年前に更新


サーバーの構成


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。