通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

インストール

Identity Server と Orchestrator は、同じ IIS サーバー上に併せてインストールされます。Orchestrator のインストールを続行する方法については、こちらをお読みください。

既定では、インストーラーで Orchestrator と Identity Server に対して同じデータベースが使用されますが、インストール時に別のデータベースを指定することもできます。インストールされる Identity Server のアドレスは https://OrchestratorURL/identity です。

🚧

重要

大規模なデプロイの場合は、Identity Server 用に別のデータベースを使用することをお勧めします。

選択したインストール パスをダブルチェックします。インストール後に、ある場所から別の場所にインストールを移動することはできません。

クリーン インストールを実行する

Orchestrator をインストールすると次の処理が行われます。

更新を実行する

Orchestrator を更新すると次の処理が行われます。

  • ユーザー、テナント、ホスト、既定の設定などの既存の Orchestrator データが、Identity Server に伝達されます。
  • Orchestrator の UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルが、Identity Server 特有のキーで更新されます。
  • Identity Server の appsettings.json ファイルが、Orchestrator 特有の設定 (暗号化キー、キャッシュ、Redis 設定など) で更新されます。

🚧

重要

Orchestrator の更新時に、インストーラーは暗号化された SecureAppSettings セクションを読み込めません。Orchestrator の設定ファイルの EncryptionKey を読み込んで、Identity Server の appsettings.Production.json ファイルに移行するには、キーがプレーン テキストである必要があります。Orchestrator の更新前にこのセクションを手動で復号する必要があります。なお、Orchestrator の更新処理の完了後は UiPath.Orchestrator.dll.configSecureAppSettings セクションを忘れずに再暗号化してください。

UiPath.Orchestrator.dll.config に有効な外部プロバイダーがある場合は、外部プロバイダーの設定に必要な手動の変更についてプロンプトが表示されます。実行の必要な手動の変更について詳しくはこちらをご覧ください。

セキュリティ上の理由から、Identity Server によって生成されたアクセス トークンの署名に使用する証明書については、必ず 2048 ビットの公開キーを使用してください。証明書の場所は、appsettings.Production.json署名資格情報のセクションに設定する必要があります。

Orchestrator を v2020.4 以降に更新すると、[プロファイル] ページに更新前のログイン試行の記録が表示されなくなりますが、引き続きすべての詳細に Orchestrator のデータベースからアクセスできます。

10 か月前に更新



インストール


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。