通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

インストール

Action Center はオンプレミスでインストールできるため、対応する Orchestrator インスタンスの [アクション] タブ以外の専用のユーザー インターフェイスからアクションを管理できます。
Action Center は既存の Orchestrator インスタンスを必要としますが、そのインストール先は、Orchestrator と異なるサーバーでも同じサーバーでもかまいません。
認証や認可については、対応する Identity Server インスタンスと Orchestrator インスタンスを使用して管理します。これらのインスタンスは Action Center のインストール手順の中で入手できます。

対応率


Orchestrator

Orchestrator 内で Action Center を使用しているユーザーは、Action Center インスタンスが既存の Orchestrator 2021.10 インスタンスをポイントするように設定する必要がありますが、それ以外の追加手順を実行する必要はありません。既存のアクションはすべて、対応する Orchestrator テナントで定義したアクセス制御に基づき、新しい Action Center ポータルでエンド ユーザーに対して反映されます。

Learn more about the Backward and Forward Compatibility between Action Center and Orchestrator.

サポート対象のトポロジ


シングル ノードのシナリオ

  • Action Center が Orchestrator と同じサーバー (異なるポート) で動作する
  • Action Center がシングル ノードのサーバーで動作し、分離されたシングル ノードの Orchestrator インスタンスをポイントする

マルチノードのシナリオ

  • マルチノードの Orchestrator がロード バランサーの背後にある。
    • 単一の Action Center インスタンスが別のサーバーにインストールされていて、Orchestrator ロード バランサーの URL をポイントしている。
    • Action Center がすべての Orchestrator ノードにインストールされていて、それぞれが Orchestrator ロード バランサーの URL をポイントしている。
    • 負荷分散された Action Center URL がビジネス ユーザーに公開されている。
    • Action Center installed on multi-node systems, that are different from Orchestrator, where Action Center would be accessible with a load balancer URL. In this case, installation on every node should point to Orchestrator's load balanced URL.

インストールの手順


  1. Windows インストーラーを実行します。
  2. [ライセンス契約の条件に同意します。] チェック ボックスをオンにして契約条項に同意し、[次へ] をクリックします。[Action Center IIS Settings] 選択ウィンドウが表示されます。
885885
  1. IIS 設定に必要な変更を行います:
    • Installation Path - Change the default path as desired. Don't use a user-profile path (C:\Users) because the IIS AppPool{Apppoolname} doesn’t have adequate permissions on it. You need Read and Write permissions on the installation directory.
    • ホスト名 - ホスト名が自動入力されます。ネットワーク ドメイン下のサーバーの場合、検出可能なマシン名が HKM レジストリ キーから読み取られます。インストーラーがレジストリ値を見つけられない場合、ローカルのホスト名が表示されます。
    • ポート - サーバー上の未使用のポートです。Orchestrator と同じサーバーにインストールする場合は、Orchestrator とは異なるポートを使用します。
    • SSL 証明書 - 接続のセキュリティ保護に使用する SSL 証明書のサブジェクトまたは拇印です。既定では、フル コンピューター名が入力されています。使用できる SSL 証明書について詳しくは、Action Center の「インストールの前提条件」をご覧ください。
  2. [次へ] をクリックします。[Action Center Application Pool Settings] ウィンドウが表示されます。
880880
  1. 必要に応じて編集可能なオプションを設定します。
    • ID - UiPath Action Center の Web サイトを実行する ID を選択できます。利用可能なオプションは次のとおりです。
      • アプリケーション プール ID - アプリケーション プールの既定の ID で Action Center の Web サイトを実行します。
      • 特定のユーザー - 既存の Windows またはドメインの ID で Action Center の Web サイトを実行します。このオプションを選択すると、[ユーザー名] フィールドと [パスワード] フィールドが表示され、実行する ID を指定できます。

アプリケーション プール ID の詳細については、 Microsoft の公式ドキュメントをご覧ください。

  1. [次へ] をクリックします。[Action Center UiPath Identity Server] ウィンドウが表示されます。
881881
  1. 必要に応じて編集可能なオプションを設定します。
    • Orchestrator URL - 既定のポート (443 または 80) ではない場合にのみ、URL にポート情報を指定します。
      1 つの Orchestrator に接続できるのは、運用環境であっても、非運用環境であっても、1 つの Action Center のみです。複数の Orchestrator 環境に接続するには、Orchestrator と同じ数の Action Center を個別にインストールする必要があります。
    • Identity URL - Specify the Identity Server URL. Automatically populated with the Orchestrator URL plus the suffix /identity です。
    • Action Center URL - 入力したホスト名とポート情報に基づいて自動的に入力されます。Action Center アプリケーションがリバース プロキシまたはロード バランサーの背後で構成されている場合は、ユーザーに表示される URL を指定します。
    • インストール トークン - インストールに使用するアクセス トークンです。

🚧

重要:

To prevent the The supplied identity JWT token is expired error:

  1. ID インストール トークンが有効であることを確認します (手順 7)。
  2. Action Center と対応する Orchestrator ホスト マシンの日付と時刻が互いに同期していることを確認します。
  1. [次へ] をクリックします。インストール プロセスが開始します。これで、Action Center を使用できます。

Action Center へのアクセス

Business users can access Action Center by using the https://{Action_Center_host}:{port_number}/ URL. They can use their credentials to log in to a particular tenant through the UiPath Identity Server.
Upon logging in, they are redirected to the Actions page (https://{Action_Center_host}:{port_number}/actions/) from where they can navigate to Processes (https://{Action_Center_host}:{port_number}/processes/) using the left -hand menu. The Processes page can also be accessed directly using the https://{Action_Center_host}:{port_number}/processes URL.

Get started with Action Center.

Action Center からのストレージ バケットの要求を受け入れるよう Orchestrator を設定する

Action Center 内の機能のうち、Orchestrator のストレージ バケットに依存する機能 (フォーム アクション、ドキュメント分類アクション、ドキュメント検証アクションにおける画像と PDF のレンダリング) が期待どおりに動作するためには、Orchestrator で次の設定を変更する必要があります。

  1. Action Center から Orchestrator への要求を受け入れる
    a. Orchestrator インストール フォルダーに移動します。
    b. Open the UiPath.Orchestrator.dll.config file with administrative permissions.
    c. Under the <appSettings> tag, add the following key: <add key="AcceptedRootUrls" value="http://{your_localhost_name}:{port_number}" /> です。
    d. Append the Action Center URL to the previously added key (e.g., "https://{Action_Center_host}:{port_number}" など)。
    括弧内の値を独自の値に置き換えます。例:
    <add key="AcceptedRootUrls" value="http://localhost:1234,https://laptop-batman:555" />

🚧

  1. Make sure the value of the AcceptedRootUrls key does not include space characters.
  2. ポートの値が 80 または 443 (既定のポート) 以外の場合にのみ、ポートの値を追加します。
  1. IIS で Orchestrator Web サイトに対する OPTIONS 動詞が許可されているかどうかを確認します。
    a. IIS に移動します。
    b. [サイト] のリストから [UiPath Orchestrator] を選択します。
    c. [要求フィルター] をダブルクリックして [要求フィルター] ウィンドウを開きます。
    d. [HTTP 動詞] タブに移動し、表示されるリストで OPTIONS 動詞を探します。
    リストに OPTIONS 動詞が存在しない場合:
    e. ウィンドウを右クリックして [動詞の許可] を選択します。
12301230

f. Enter OPTIONS and click OK.

363363
  1. IIS をリセットし、変更を反映させます。

For other storage buckets like Amazon S3 and Azure, see CORS/CSP Configuration for details on how to configure CORS and CSP settings.

23 日前に更新


インストール


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。