通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

ハードウェア要件

Action Center can scale up to a high number of concurrent users if the connected Orchestrator can handle load as per the requirements documented here.

 

シングル ノード デプロイ


テストの設定とサンプル データ

シングル ノードの Orchestrator インスタンスに接続したシングル ノードの Action Center のパフォーマンスをテストするために、以下の設定とサンプル データを使用しています。

  • テスト時間は 3 時間
  • フォーム データのペイロードのサイズは 5,000 バイト
  • 28,000 個のアクションを作成
  • さまざまな 17 の API エンドポイントを実行
  • 同時接続ユーザーをシミュレート

推奨

以下の推奨事項は、上記のサンプル データを使用してサンドボックス環境で行った、社内のロード テストに基づいています。
ユーザーは、業務要件 (平均ペイロード サイズ、想定される負荷、同時接続ユーザーなど) に基づいてハードウェアのサイズを導き出す必要があります。

Max. Concurrent Users

CPU Cores (min 2GHz)

RAM (GB)

4,000

2

4

12,000

4

4

 

マルチノード デプロイ

テストの設定とサンプル データ

以下のサンプル データを使用し、Action Center と Orchestrator に対する大きな負荷を模擬して、パフォーマンス テストを実行しています。

  • 10,000 人の同時接続 Action Center ユーザー
  • 240,000 のアクション
    • 60% のドキュメント検証アクション
    • 40% のフォーム アクション
  • 1 つのフォーム アクションあたりのペイロード:
    • フォーム レイアウト—5 KB
    • フォーム データ—5 KB
    • 100 KB のストレージ ファイル 10 個
  • 1 つのドキュメント検証アクションあたりのペイロード:
    • 150 KB の PDF ファイル 1 つ

推奨

パフォーマンス テストに基づいて推奨される各種の最大値は以下のとおりです。

  • Orchestrator に接続してジョブを実行する 150,000 台の Attended ロボット
  • アクションを処理する 10,000 人の Action Center ユーザー
  • ジョブを実行する 3,000 台の Unattended ロボット (アクションを作成し、そのアクションが完了するとジョブを再開)

上記のシナリオでシームレスなパフォーマンスを実現するには、以下の環境構成をお勧めします。

環境の構成

Instance

No. of Deployment Nodes

Azure VM

vCPU Cores

Frequency (GHz)

RAM (GB)

Action Center

3

B2s

2

2.0

4

Orchestrator

10

F16

16

2.0

32

SQL Server

1

F32

32

2.0

64

ドライブ ストレージ

次の各コンテンツに 1 台のドライブを割り当てます。

Stored Content

Drive Capacity

Database

1TB

Temporary database

1TB

Transactional logs

1TB

データベースのセットアップ

Product

Configuration

Redis Enterprise HA

CentOS
8 CPU Cores
2.0 GHz minimum frequency
16GB RAM

Bucket storage VM

Standard L32s_v2
Ultra Disc 4TB 900MB/s throughput

6 か月前に更新


ハードウェア要件


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。