UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

更新と移行について

次に該当する場合には、Orchestrator を v2020 に直接更新できます。

  • 2018.4 バージョンを使用している場合
  • 2019.x バージョンを使用している場合
    提供されている最新バージョンを確認するには、[リリース ノート] ページを参照してください。

🚧

重要!

Orchestrator のアップグレードは、アプリケーションが停止状態で行う必要があります。アプリケーションの実行中に更新を実行すると、エラーが発生する可能性があり、これはサポートされていません。

また、新しい証明書の要件にもご注意ください。既存の証明書がこの要件を満たしていない場合、アップグレード前に有効な証明書を入手して既存の Orchestrator インスタンス内で古い証明書と置換してください。この手順についてはこちらをご覧ください。

次のとおり、直接更新する方法はいくつかあります。

  1. Windows インストーラー (UiPathOrchestrator.msi) を使用する - 設定をすべてコピーし、古いバージョンのバックアップ フォルダーを作成するインプレース更新です。単一ノードとマルチノード アーキテクチャーの両方に適しています。アップグレード元のバージョンが非推奨スクリプトを使用してインストールされた場合は、web.config 設定の一部がコピーされません。
    Windows インストーラーの修復機能はサポートされません。
  2. Azure スクリプトを使用する - Azure Portal で、1 つのノードまたはマルチ ノードで Orchestrator およびそのコンポーネントの複雑な更新を実行します。
  3. UiPathPlatform インストーラーを使用する - Orchestrator、ロボット、Studio の更新のための実行ファイルです。単一ノードのアーキテクチャに適しています。

これらのインストールアーチファクトは Orchestrator の初回購入時に提供されるか、カスタマー サクセス マネージャーまたは当社サポートチームから提供されます。

選択した更新方法に関係なく、指定したデータベースが存在しない場合は、更新の実行中に自動的に作成されます。既存のデータベースを指定した場合は、その処理中に更新されます。

インストール時に、Orchestrator SQL データベースは、大文字と小文字を区別しないように自動設定されます (「OrchDB」=「orchdb」)。

🚧

重要!

Orchestrator の更新時に web.config 内の SecureAppSettings セクションが暗号化されていると、インストーラーはそのセクションを読み込めません。Orchestrator の web.configEncryptionKey を読み取り、それを Identity Server の appsettings.Production.json に移行するには、キーはプレーン テキストである必要があります。Orchestrator の更新前にこのセクションを手動で暗号化解除する必要があります。なお、Orchestrator の更新処理完了後には web.configSecureAppSettings セクションを忘れずに再暗号化してください。

更新の実行中に web.config 内で有効な外部プロバイダーがある場合は確認メッセージが表示され、既存の外部プロバイダーに対して手動で変更を加える必要があります。実行の必要な手動の変更について詳しくはこちらをご覧ください。

セキュリティ上の理由から、Identity Server によって生成されたアクセス トークンの署名に使用する証明書については、必ず 2048 ビットの公開キーを使用してください。証明書の場所は、appsettings.Production.json署名資格情報のセクションに設定する必要があります。

Orchestrator を v2020.4 に更新すると、[プロファイル] ページには更新より前のログイン試行の記録が表示されません。

過去に Windows Active Directory ユーザーの自動ログインを設定した状態で Windows 認証を有効化している場合、Orchestrator を v2020.4 にアップグレードすると Identity Server の [外部プロバイダー] ページにアクセスできません。この問題を解決するには、シークレット モードでブラウザーを開いて「https://<OrchestratorURL>/identity/configuration」と入力します。詳しくはこちらをご覧ください。

UiPath Platform インストーラー

UiPathPlatformInstaller.exe は、弊社の全製品をバンドルしたインストールアプリケーションです。Orchestrator、ロボット、Studio を更新できます。これらのプロセスは、Windows インストーラー UiPathStudio.msi および UiPathOrchestrator.msi を使用した場合と同じです。

ただし、UiPathPlatformInstaller.exe ではコマンドライン引数を受け付けないことに注意してください。

4 か月前に更新


更新と移行について


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。